君田の向日葵 【2017】

夏の定番の一つは向日葵。今年は他県には出かけず広島で済ませることにしました。
手始めは数年前に行ったことのある君田へ。今回は祭り初日に合わせました。



01

会場まではざっと70km弱。途中で朝飯を食べるために寄り道します。
ドライブイン田園にて。ここ入るの初めてでした。
走り始めは曇りだったのですが、三次に入ってからは徐々に晴れ間が広がってきました。

朝飯を食べて小一時間ほど走って到着。会場の壁に自転車を立てかけて撮影に入ります。

01

01

01

適当に望遠使って。
他の構図を覚えないとどうもマンネリになるのが困りモノです。これはこれで良いのですが。

01

せっかく三次まで来たので帰りは高谷山経由で帰ります。雲多め。快晴の時に訪れたいものです。

01

高谷山から普段走らない道経由で帰路へ。向かい風と暑さでへろへろになりながらの進行となりました。こんな気温の時に走るものではありませぬ。寄り道せず変えるつもりでしたが一度休憩取らないとヤバイと感じたのでとある喫茶店に入ります。

01 01

アイスコーヒーとデザート。こんな暑い日には最高に美味しい。
満足して帰路につきます。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

伊豆・修善寺|日本サイクルスポーツセンター(CSC) 【弱虫ペダル】

前項より。道の駅天城原峠の後は後はサイクルスポーツセンターへ行きました。場所はこちら。修繕寺駅まで下ってそこから10km程登って到着となります。

01

総北高校が合宿で1000km走った舞台はこちらになります。実際に走ることも可能です。ページから引用するとこんな感じになります。



大人気自転車漫画にも登場する本格的ロードコース!
全長5,150m・高低差約100m、各種自転車競技大会やバイクや自動車等の試乗会も開催される本格的なロードコースです。
コースは、左回りの一方通行で周回し、きついアップダウンとタイトなコーナーからなる本格的な山岳ロードコースです。
出来るだけ景観を損ねないように配慮がなされており、電線は地中に埋設しガードレールの代わりに樹木が植えられていますので
自然環境の中、思いっきり自転車を満喫頂けます。また、本コースで1番きつい『心臓破りの坂』の最大勾配は12%
あり、サイクリストの脚力が試されます。ただし、夏の間は熱中症にご注意を!!

コースを1周するのにかかる時間は、健脚の方でおよそ20分。のんびり行っても30分程度で帰って来られます。
ロードタイプのレンタサイクルや自分の自転車を持ち込んで、5キロサーキットに一度チャレンジしてみませんか?



大人気自転車漫画、なるほど。まずサイクルスポーツセンターの入場料が820円。各々の施設の利用料が別に有り、5kmコース利用料は1時間520円で、更に別に自転車の使用量が。持ち込みなら520円。レンタル自転車(1時間毎に)もあります。

重要な事はこの施設弱虫ペダル本編同様にで施設を貸しきることが有り、走行可能がどうかを施設稼動カレンダーを見てから行かないと辛いことになるということです。

はい、良く見てなくて入れなかったのが私です\(^o^)/オワタ
せめて入れる所だけでも回収と凹みながら入場料(820円)を払います。辛い。

01 01

入り口。

01 01

展望所?から撮りたかったのですが、この日は入場出来なかったのでおみやげ屋さん付近から。この日は車の試乗会でした。このお土産やさんには

01 01

01 01

01

こんなものが展示してありました。
出来ることが無くなったので真っ直ぐに帰路につきました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

箱根学園 最後の走行会 【弱虫ペダル】

弱虫ペダル新世代。箱根学園の追い出しレースで走行された場所の一部は確認できていました。都合がついたのでようやく行ってきました。



「コースは国道に出て海沿いを南下。河津を右折して天城原峠を越える市営駐車場までの120kmだッ」
コースの説明文はこんな感じです。スタート地点の水面が芦ノ湖だとするとこんなコースかなと思われます。

が、いきなり。最初のコンビニが全然違います。こんなコンビニありません。場所としてはセブンイレブンと思われますが、この前は駐車場で湖の視界はかなり悪いです。離れたローソンは右に進むと登りです。架空の店と思われるのでパスです。

1号線を延々と下って湯河原方面へ。その交差点の描写も明らかに違います。現地は鉄橋の下を曲がるのですが、そんなものは描写されていません。ここもパスです。

01 01

泉田さんと新開さんのスプリント勝負のゴール地点は存在。原交差点という名称です。道路の描写とか色々違いますが、案内標識があっているのでここで良いと思われます。

01 01

標識ズーム。

01 01

反対から。

01 01

この交差点を右折して行きます。原作は海側からでしたが、アニメでは逆方向からでした。

01 01

河津ループ橋。

01 01

細かい所を上げたらキリがありませんが

01 01

大体合っているということで。ここから天城原峠まではかなりの距離がありますが、このお二方あっさり到着してます。

01 01

色々端折られて描かれてます。
問題はこの後で「いのわさランド」は明らかに架空の施設で何某かの施設だと思われますが

01 01

この道の駅でもまだ下りの途中です。下りきった先がゴールと言ってますが、この道の駅トンネルから4kmは離れてます。そして下りが終わると思われる場所は10km位先になります。架空の場所なのでしょうが、雰囲気的に道の駅ということにしておきました。

色々突っ込みどころのあるレースですが「細かい所はいいんだよ」というのりと勢いで進むアニメに突っ込むのは野暮というものです。実際に走るとなると小田原から河津までの伊豆半島東海岸沿いの道はアップダウンがきついので覚悟が必要です。巡るだけなら川津駅まで輪行してそこから北上するくらいでも良いかもしれません。

この項はこれでお終いです。

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

ご注文はアイスですか。【ご注文はうさぎですか??】

もうだいぶ前のことになりますが、株式会社すかいらーくが展開する中華レストラン「バーミヤン」と、ステーキ・ハンバーグ専門店「ステーキガスト」にて、6月8日(木)より『ご注文はうさぎですか??』コラボレーションキャンペーンが開催されていました。

「ご注文は麺類ですか??」
「ご注文はステーキですか??」
コラボキャンペーン開催!
News

この手のコラボイベントを楽しむためには近くに店舗があることが条件です。そして地方には店舗が無くてそんなイベントなんて無かったと悔し涙を流す事は良くあることです。このイベントは幸いにして近くにステーキガストの方があったためせっかくなので一度行ってみることにしました。

01

01

まず基本の料理を頼み、オプションのアイスを頼んでその数に応じて缶バッジを貰うという仕様です。なんとアイスは売り切れ。店員さんに聞いてみるとここまで反響があるとは思っていなかったとの事でした。そして注文するのが子供ではなく大きな男の人だらけだったと。このコラボ売り上げUPには貢献したようですが、店員さんはこのコラボが良く分かって居なかったようでした。その日はアイスではないデザートを頼んでそれで缶バッジを一つ貰いました。

日を改めてもう一度。最初にアイスがあるかどうかを確認するとあるとの事。それではと注文。

01

胃袋に入るだけ頼むのが基本です。この手のイベントは

・景品が残っているうちに
・注ぎこめるだけ金を注ぎこむ

のが基本です。ちなみに今回の5種類の場合はコンプリートするための、試行回数の期待値は11.41です。
計算式は今はNETで公開されていてすぐに探せますね。ちなみにその一つが

コンプリートの確率

こんな感じです。

日を改めて9つ頼んだときの状況がこちらです。

01

一つ足りない。期待値通りだと後3つ頼めばいけるか。

01

基本の料理を頼んでアイスを三つ頼むと一つをドリンクバーにしてくれました。ここ数日通ってアイスを頼み続けたのでお得意様扱いになっていたようです。ファミレスに通い続けるとこうなるのですね。貴重な体験でした。

01

コンプできました\(^o^)/
お得意様になったばかりですが、この後は行かなくなりました。コラボイベントの終わりはそういうものですね。

せっかく揃えたのでどう飾るかを少し調べてコルクボードと袋をダイソーで購入します。

01

こんな感じで飾りました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

匹見峡へ (僻地は道路復旧が進まない)

広島から日本海への往復ライド。その内浜田と江津は制覇。次は益田辺りが狙い目かと考えるもののやや遠い。ならその前に下調べということで191号線を道の駅匹見峡まで走ることにします。その後は南下して488号線から戻るというおおざっぱな計画を立てて出発します。



01

まずは恒例となった棚田経由のショートカット。めっちゃ天気良くていい感じに撮れました。

01

戸河内に来て一休み。本日はコンビにで軽く。店内に有ったポスター。背景撮る人は上手いですなあ。ここから気合を入れて県境までのアップダウンに挑みます。

01

ざっと二つの山を越えて県境到着。日本海まではまだありますが、既に益田市だったとは。益田市はかなり広いのですな。ここからはずっと下りというわけではなく、後いくつかの山越えが待ち構えています。

01

道の駅匹見到着。本当に辺境なのでコンビニなんてものは近くにありません。休めるところで休めということで昼飯にします。しかもメニューがこのカレーしかないというわびさび万歳の世界です。

01

時間帯のせいか他の自転車乗りもここで休憩となったようです。こんな辺鄙な所に自転車乗りが3人。ちょっと楽しくなりました。で、ここから488号線へ向かうつもりだったのですが、なんと通行止め。確か通行止めになったのは数年前で既に復旧していると思ったらそんなことはなく。僻地の道路はこういうこともあるのだ、と身をもって知りました。予定を変更し着た道を戻ります。私は来た道を引き返すパターンはあまり好きではなく、違う道を辿って一周するパターンが好みなのですが、無事に帰ることが最優先。道路事情には逆らえません。

01

県境を島根県側から。

01

深入山登山口付近から。まだまだ良い天気。

01

とある道沿いのお店にて。そこまで冷たくは無いのですが、こういうのは風情が有っていいですね。

01

戸河内に戻ってきて休憩。全く同じ道を戻るのも癪なのでここから加計経由で。それでも191号線に戻れば同じ道になるのですが。いつもの道、行きと同じ道を通って無事帰宅です。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる