高い宿に泊まろう 下部ホテル


GOTOキャンペーン開催中。この時期にやりたい事の一つが普段使わないお高い宿に泊まる事でした。高い宿を満喫するために必要なことは何か。それは早めにチェックインし、遅めにチェックアウトする事です。ここで問題が一つ。当方は自転車乗りであり、日が出ている間は可能な限り走る時間に当てたい生き物です。なのでその工程を一度見直す必要が出てきました。つまり普段より走行時間短めでの遠征計画。自宅から高級なお宿への自走往復となると日没後の到着でも良しなら200km位でも可能。なれど宿でがっつり夕飯朝飯を食べるとなるとその距離は削らざるをえません。なので片道の自走は断念。行き帰りのどちらが都合が良いかを勤務表と睨めっこ。早番勤務の日に移動。次の日に遅めの出発という形がベストと判断します。

行き先のホテルの候補。色々ありましたが、当方は舞台探訪者。何某かの展示が見れるホテルを調べます。そんな中で候補に上がったのが下部ホテル。ホテル内にゆるキャン△コーナーがあると聞いていたのでそれを目当てに遠征計画を立てます。仕事上がりに最寄駅から下部駅まで行くのも十分に可能。なれど地図を眺めて。河口湖駅まで輪行し、そこから下部ホテルまで自走でも十分可能である事が判明します。自転車乗りならばそうするのが自然と判断しホテルを予約。天候が良いことを祈ります。



01

河口湖駅到着。雲が少しありましたが、富士山が見えるので良し。早速走り出します。

01

走る傍らで富士山が見える。気分良く進みます。

01

本栖湖湖畔にて。出発時より雲が少なくなりました。ここには幾度か訪れたことがありますが、ここまで綺麗に富士山が見えるのは初めてでした。

01

望遠にて。山の筋が見えます。

01

愛車と合わせて。

01

大勢の方が同じ方向を見ていました。満喫して本栖道を下ります。既にかなり暗くなっていましたが、iPhoneならこんな感じで撮れました。技術の進歩って凄い。

01

下部ホテル到着。これは次の日の朝に撮っています。尚、二日後の土曜日からレストランにてゆるキャン△に合わせた特別メニューが登場しています。



01

宿の方に部屋まで案内されます。今日は富士山が良く見えました、等の話をしつつ。

01

クーポンは3枚。参考に10月の四国遠征では2泊とも1枚でした。部屋で少し寛いだ後に夕飯のバイキングへ。

01

地産地消バイキング。多数の料理を小皿に収めてひたすら食べていきます。

01

01

ほうとうも当たり前のように有りました。

01

こちらは天丼。他にも丼がありました。全種類性はは無理でした。

01

せっかくなのでお酒を。食べ過ぎて部屋に戻ります。その途中売店に寄り道。その横にゆるキャン△展示がありました。

01

01

このビーノは道の駅しもべから移動してきたのだそうです。

01

01

高級宿に探訪コーナーがある例は珍しいので興味深く見て回りました。
この後は風呂を満喫。流石に早番の後には無理があったので早々に眠ってしまいました。
いい飯を食べて風呂を嗜みたくさん寝る。理想でしたね。

せっかくなので次の日の朝飯を。自転車旅は大体7時前には出発するのですが、今回はゆっくり食べます。

01

01

どう見ても食べすぎでした。お高い宿はお腹をすかせてから来るのが正しい有り方。という事を身をもって知りました。コロナ禍で楽しみを削られていましたが、今まで泊まった宿の最高値を更新出来たのは良かった、と思う事にします。

この項はこれでお終いです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

まつやま@旅人

東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ

AIR (3)
痕 (1)

月別アーカイブ