近所の河津桜を求めて

今回はGoogleってやっぱり凄い、という事を対認識したライドになりました。Googleマップで欲しい情報を入力。すると候補の地点が出てくる。求めていたのはこれだったのだ、と。使っている人は既に使っていたのでしょうが、今回は見事に良い結果を得られて満足しています。ツールは使いこなせると頼もしいものですね。

最近NETを眺めていると旅人たちから桜の画像が上げられてきます。その大半は河津桜。伊豆半島河津町は言うに及ばず。そんも周辺の地域もまた河津桜の名所として整備されつつあります。私は出遅れてしまいました。今から撮れる場所は無いものかとGoogleで検索します。

01

どうやらある模様です。現地に上げられている写真を見るも今一ぴんとこない。なら実際に行って確かめるしかない。写真は足で撮る、でしたか。情報収集の為の遠征。微妙でも仕方ないと覚悟を決めて挑みます。まずは「境川の河津桜とミカイドウ」という所に行きます。こちらはかつて訪れたことのある場所の近くでした。




現地まで30km。それまでに梅はあれど桜は見当たらない。本当にこんな所にあるのだろうか、と不安になりながら進みます。そして目的地が見えると桃色の木々が見えてきました。河津桜は本当に有ったのだ。咲き具合もほぼ満開。そして晴天。テンション上げて撮りにかかります。

01

01

10本程。これでもGoogle検索で出てくる。登録する現地の方が居るからこそなのだなと。満足してこの日は帰宅します。
そして別の日。こちらの西側にあるスポット。名称は「河津桜・あじさいライン」。こちらにも足を延ばします。

01

これは凄い。先日の境川CR沿いより遥かに多い。100本程有ったと思われます。こんな場所を知らずに過ごしていたとは。探そうとしないと目にすることが出来ないのが人生というものなのですかな。惜しむらくは曇りがちであった事。それでもどうにか駆使して撮ります。

01

両側に植えてあると絵にしやすいのです。現地の方が多く訪れていました。その合間を縫って撮影。そして見てみると鳥が居るのを確認。望遠構えて何枚も撮ります。

01

01

こんなものですか。鳥の全体図を捉える事とが出来て、鳥にピントが合い、それでいて桜も多数画面に収めることが出来る。辺りが勝利条件だと思われますが難しい。動きのあるものを撮るのは圧倒的に経験値不足でした。

これで満足して帰路に着きました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

まつやま@旅人

東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ

AIR (3)
痕 (1)

月別アーカイブ