奈良ホテル〜伊勢湾クルーズ〜浜松 【宇治サミットからの帰路】

本日は浜松まで向かいます。色々分からない事だらけですが、踏み出してしまえばなんとかなるのが自転車です。難しく考えずにまずは鳥羽港を目指します。



01

朝方は良い天気でした。ですが既に問題発生。道が分かりません。幹線道路が無い為いくつかの道路を継ぎ足して進むイメージなのですが、分岐地点が難しくて困りました。標識が無い、見えづらい道で分岐するのは地元民以外には難しい。何度も通り過ぎてはルートを変更するを繰り返します。

01

ようやく三重県です。が、ここがどの辺りなのか感覚すら分かりません。おそらく名張市に入るのは初めて。名張市から165号線に入ってようやく安定します。この後は23号線を目指します。

01

23号線に入って道路も広くなり進行速度も上がります。太平洋も見えてきました。立ち止まって次のフェリーの時刻を確認した所このペースで行けば良い感じで乗れそうなことが判明。漕ぐ足に力が入ります。

01

そんな中でもせっかくこの付近に来たのだからと観光を一か所。夫婦岩です。滞在時間5分。撮っただけで戻ります。

01

鳥羽港フェリー乗り場へ。チケット売り場が二階にあるので買いに行くのが手間でした。ここではまず自転車を船に乗せてそれからチケットを買いに行くスタイルでした。気になる値段ですが、鳥羽伊良湖は1400円で自転車が1100円でした。

1100円。

瀬戸内のフェリーに乗り慣れている身としては堪えました。広島-松山フェリーはサイクルパスを発行すれば自転車は無料。有料でも400円程です。強気の値段設定に驚きでした。このルートは名古屋市街地をスルー出来る事が最大の利点でそれがあるからこの値段設定なのかな、と。試しに乗るのは一回で良いかと思いつつ出発を待ちます。

01

小一時間で伊良湖港到着。ここから浜松まで70km強で夜戦確定です。奈良ホテルで朝飯を食べたこと、県境付近で道に迷ったことが響きました。

01

渥美半島を走り始めます。この手のフェリーで繋がっている道の利点は交通量が少ないことです。そして残念な点はアップダウンがあることです。名古屋市街地をスルー出来る事にどれだけの価値を持てるかがこのルートを選ぶ判断の分かれ目になります。

01

ほどなくして日没。雲多めでしたが、切れ目から見える夕焼けが良い感じだったので足を止めて撮ってみました。雲無かったら更にいい感じだったのでしょうなあ。

01

そして静岡県突入。ずっと交通量少ないまま到着でした。静岡県の西端の街は湖西市。浜松市はその東隣になります。

01

せっかくここまで来たのだからと弁天島へ。この時間帯に来るの初めて。

01

鳥居以外が真っ暗です。道路もここまで暗いとは。

01

ここには立て看板が置いてあるのですが、夜間では微妙に映えませんね。

01

せっかく浜松に一泊するのだからと静岡県のソウルフードであるさわやかに寄ります。待ち時間15分でしたが待ちました。

01

そして食べます。連休中で混雑していました。なのてお替りのコーヒーを頼むことなく撤収。ホテルに向かいました。
この項はこれでお終いです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

まつやま@旅人

東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ

AIR (3)
痕 (1)

月別アーカイブ