イベントのススメ【2019緑のAACR】

2019緑のAACRに参加しました。ざっくりとした感想を述べると

・エイドの食事は超美味しい
・今年は暑かった
・エイドに入って食べるまでに渋滞
・信号区間は大体渋滞
・信号が無い道路を横断する所が厳しい
・写真を撮られ慣れてない奴はイメトレしておこう

位になります。もう少し詳しく記述していきます。

まずは前日。ホテルに向かう途中で他の参加者と出会い少しだけお話しました。すると

・東京から自走してきた
・明日終わってから乗鞍まで向かう

という人でした。凄すぎて意味が分かりません。このAACRそこまで厳しいイベントではないのですが、160km。せっかくここまで遠征するならその前後も自転車で楽しもう。と考えると私と似たものと言えなくもないのですが、極めるとここまで凄くなるという事を目の当たりにすることが出来ました。上には上がいる、という事ですかな。他にも幾人かの参加者と話をした結果公共交通機関で来た人。自家用車で来た人、友人とグループで車で来た人等多種多様。そして付近の宿は軒並み満室でこの付近にとってかなり大きなイベントであることが伺えました。



私は6:00発のグループ。エントリーは早い方から先に埋まっていきましたが、何故それが人気だったのか参加して理解出来ました。そしてSクラス(5:00出発)が特別料金だったことも。フォロワーが5:40出発ということで早めに追いつければ良い、この時はそんな事を考えていました。

01

6時で既にこの明るさ。皆がどのくらいの速度で走るのか、等と不安に思いながら出発します。
そこまで皆さん速くはない。けれど一人飛び出て行くには早すぎる。第一エイドまでは流れに沿って進行します。

第1エイドに到着。補給食を得るのに手間取ります。序盤は混雑しているからかと思ったのですが、時間ギリギリで進んでいた組は最後まで混雑のままだったそうです。

01

こちらは第2エイド。一つ頂いて先に進みます。漬物食べ放題なんてのもあったのですが並ぶのがだるかったので。

01

第2エイドを程なく過ぎて適当な撮影地点で一枚。無駄にカメラ装備して走るのがイベントの嗜みです、多分。こう言うことをしないと宝の持ち腐れ。

01

第3エイド。この手の補給職は全部iPhoneで撮っています。カメラ出すのが面倒。本当に何のためのカメラ所持だったのか。

01

青木湖の湖畔で止まっている人多数だったので便乗。成程これは撮らないとアカンですね、と一枚。

01

青木湖を過ぎてしばらく進むと信号峠。一人で進むとなると大した停止時間ではないのですが、これだけの数となるとどうしても停止回数が長くなるのが難儀な点でした。
つまり、前の方はさくさく進むが途中から混みだす。故に先頭と最後尾の差がどんどん広がる。そして最後尾は完走出来ずに回収の憂き目に。これがSクラスが特別料金で、早い方から埋まる理由なのだと理解しました。完走できる可能性を上げておく、というより快適に進めるようにするのだ、と。

01

更に進んで某橋の上。皆が止まっていたので私も一枚。流行には乗っていくのがイベントの嗜みなのです。

01

更に進んでまたもや信号峠。止まるたびに前後の自転車乗りの方と話をして情報を収集します。

01

ようやく第4エイド。昼休憩相当。ですが、これ早めに切り上げて少しでも前を走った方が効率的なのではと行動に移します。そしてフォロワーさんに未だ合流出来ていない事実に愕然とします。20分の差が大きすぎる。まあ、途中写真撮るために寄り道してる事が原因ではあるのですが。ここから気合入れればなんとななるだろう、まだ楽観しています。

01

昼休憩を切り上げた結果渋滞は目に見えて少なくなりました。イベント開始からこの位の間隔に出来たら良いのにと思うものの、それが出来る環境ではないのだろうな、と。前半捨ててひたすら走り、後半ゆっくり走るのがこのイベントの比較的楽しめる走り方なのだろう、と分かった風に記述します。

01

こちらはエイドではないのですが、休憩所。終盤に理解したのですが、コンビニに立ち寄るのは氷を補給するためだったのだと。エイドの水は時間がたつにつれて温くなっていき、それを補う方法としてコンビニで氷を購入したのだ、と。イベントに慣れた方々の走りを体で理解出来ました。

01

こちらはエイドではないのでお金を出して食事。その傍らで一枚。近所の親子連れ?が良い味を出しています。

01

第5エイド。補給車があるものの既に温い。第1エイドの水は凄く冷たかっただけに辛い仕様です。ここから残りも僅かという事で全力で漕ぎます。
下り基調で河川敷。飛ばせる区間だったので頑張ります。普通だったら余力を残して進むのですが無理気味に。体力を削りましたが、どうにかフォロワーさんとの距離を縮めたようです。

第6エイド。到着してすぐに補給食を頂いて即出発。体力はほぼ底。気力だけで漕ぎます。このエイドでは野戦病院のようにぐったりと倒れている方々を多数見かけました。余裕あったら撮ったのですが。早め早めに移動を続けた結果前に参加者がほとんどいない状態に。一人に追いつき追い越してを繰り返し。3人程の一行が見えてあれがフォロワーさんだったら良いなと思いつつ進行。追いついたらフォロワーさんでした。ゴール数キロ手前の出来事でした。

ここからは安全運転、既に足は攣りかけ。どうにか騙し騙し漕いでゴール。

01

この写真が撮りたかった!
この手のイベントで知り合いと走るのは長年の夢でした。もう少し早く合流出来て居れば良かったのですが、風景撮るのは私の信条なので仕方なし。

01

ゴール後なのでお金出してかき氷。暑い中だったので美味しゅうございました。
このイベントの話を少し語らって後松本駅へ。輪行して駅に入り列車を早めに待ちます。

01

この自転車を積めるかどうかが勝負の分かれ目。どうにか勝利出来て一安心。最後の峠を越えました。
これイベントをゆっくり走っていたら敗北する可能性が高くなるのが困りものです。イベントは単に走るだけでなく、その前後もしっかりと考えていないとアカンのだなと思わされた一日でした。

尚、他の参加者の話を精査した結果。渋滞は結構酷かったようで。ゴール時間が延長される事態になったそうです。信号無しの道路を渡る地点辺り車の交通量が増えてきたら酷い事になったのだろう、と想像されました。信号に左右されないコースというのは難しいものなのですな。

この項はこれでお終いです。

#追いついたフォロワーさんのブログもあります。そちらの方がイベントの紹介を記述しているのでお勧めなのです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

まつやま@旅人

東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
東京の辺境在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ

AIR (3)
痕 (1)