鹿児島-佐多岬 Road to Cape Sata

本日は佐多岬アタック。距離は100kmちょっとなのだけれど、辺境故に余裕が大事。午後から晴れ間のマークが出ていたから午前中を頑張れば、そう思って居たのだけれど。まずは鹿児島中央駅に。

01 01

咲より鹿児島駅の物件でした。お次は港へ。桜島行きのフェリーは本数多くて良い。早速上陸したら黒い砂。これは灰だ!

01

テンション上がって島を進む。

01

01

生きている火山の島。大変面白い場所だった。満喫して大隈半島を進行。しばらく行くと晴れ間が。向こうから自転車乗りが来た。彼の行き先も佐多岬だったのだろうか。先に進んでいい感じの神社発見。

01

気分上がって進んでいたのは此処まで。この後は小雨連発。天気予報では午後から晴れだったじゃないですか○| ̄|_

大根占港にて交通情報確認。公共の交通機関はこれより南には無い。佐多岬まではまだ40km以上もある。岬に到達した後時間までに戻ってこれれば遠くまでいける。無理なら南大隅町一泊、の体力勝負。フェリーの最終が16:30でバスが17:16。メモして先に。日本最南端の道の駅。根占。

01

大したものは無くて無視して進む。この辺りからアップダウンがきつくなる。人は住んでいるけれどかなり厳しい。どうにかロードパーク入り口に到着。

01

ここで小雨が降り出すとか。もう勘弁してください。見も心もぼろぼろになって進む。前は見ずに下だけを見て。一漕ぎすれば前に進む。ギアを低速にして速度が出なくてもひたすら漕ぐ。岬入り口の料金場に到着。これは帰り漕いで帰ることは無理と判断。ここで帰りのタクシーを召還しておく。更に2km進んで駐車場到着。後は歩いて岬まで。丁度晴れ間も出てきた。

01

01

01

01

01

満喫したと言うより派手に疲れた、という記憶が残った。本当に辺境の中の辺境。物好きにも程がある。駐車場に戻ってタクシーを待つ。ほどなく到着。早々に積み込み帰りの行程に。とりあえず今回の自転車の旅はお終い。後は九州の舞台訪問を少々やって帰る。途中、あのネタ看板を探す。地元の方だからと思ったら知らないとの答え。注意深く見て発見。ロードパーク入り口のかなり手前だった。

01

道中ここには自転車乗りが来るのか尋ねて見た。結構来るのだと。私のようにリタイアしてタクシーを呼ぶ人が多く、お得意様なのだと。佐多岬から志布志港まで運んだこともあったのだと。その一行は志布志から大阪に帰るのだとか。そういうルートもあるのか。タクシーで進んでいて心底、自分が良くこんな所を進んだものだと感心した。佐多岬に行って自転車で戻ってくるのは難易度高すぎだった。進んでいたら猿一行を見かけた。撮れなかったのが心残り。途中行きに寄った道の駅根占に寄る。丁度夕陽の時間帯ということで撮ってみた。

01

01

雲が多かったけれどいい感じ。これで雲が無かったら確かにかなりいいものが撮れるだろう。大根占港に着いたのは17時過ぎ。フェリーは無理なのでバスで北上。これがなかなか面倒。直通が無いのでいくつか経由することに。

大根占港-鹿屋-垂水港-鹿児島港-鹿児島中央駅-隼人駅

と乗り換え。大隈半島は交通機関が不便で参った。列車が無い時点で察するべき。ホテルに着いたのは10時前だった。



距離:111.4km
時間:6h08m
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる