スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆半島一周初挑戦(そして失敗へ…)

3連休のうちの二日は箱根の調査。どうせなら調査は一日で終わらせて後一日は伊豆一周に挑戦しようと考えたのは前日でした。なかなかの行き当たりばったりです。こういう勢いだけで物事を成し遂げるのも休日の醍醐味ですね。

念入りに調査は出来る時間は無かったのですが、それでも調べて眺めたのがこちらのサイト。

[Cycling Courses] 伊豆半島一周

もうこれだけで充分じゃないかな、と大体の感覚だけ掴んで挑みます。



当方はそれほど脚力は無いのでなるべく朝早く530に熱海を出発します。もっと早くても良かったと思うのは終わってからでした。

01

熱海から伊東へ行く途中のコンビニ。この季節のこの付近は水着が大々的に売られています。チェーン店のコンビニがこうして地域によって販売物を変えている様を見るのは旅人としての楽しみの一つです。

01

道の駅伊東マリンタウン。伊豆半島では一番大きい道の駅らしいです。まだ開いている時間帯ではないのですが、温泉の方は開いています。そこに寄り道します。

01 01

ろんぐらいだあす!第11話から。鎌倉~伊東までのナイトライドでゴールがここに設定されています。熱海から伊東までの間も特定出来る背景はあると思うのですが、今回はこれを抑えるだけに留めます。尚、このカットを撮るために入場料を払うのはちょっと痛い出費でした。ここに入るなら温泉に入るべきですね。普通の人は写真撮るためだけに入ったりはしませんな。

01

立ち去ろうと思ったらこのポスター。何故この作品のポスターが、と思ったらここの南の方にある熱川ばななワニ園がコラボをするということでその宣伝の意味だったそうです。いや、吃驚しました。

ここから南下して海岸の方へ。

01 01

あまんちゅ!から城ヶ崎海岸の吊橋です。曇りなのが辛いです。このまま曇りだったら途中で打ち切ろうかな、と思いつつ進みます。

01

川津のコンビニにて。先のコンビニより水着関係が多い。

01

海のほうを見てみると出島の様な風景が。見知らぬ土地を走るのはこういった風景を目にするのが楽しいのです。

01

下田市に入ってとある展望所から。晴天が広がってきました。尾ヶ崎ウイングという所です。

01

白浜海岸。晴天になって交通量も増えてきました。

01

昼食と言う事で下田バーガー。

01

下田の町を抜けて南伊豆町へ。136号線から分岐して石廊崎に向かいます。交通量がほとんどなくなって辺境感が漂ってきました。この雰囲気まさに旅!という感じでテンション高まってきました。

01

石廊崎へ。この風景見れたので今回は大成功、もうそれでいいんじゃないかなと思える景色でした。大満足。大勝利。左の方に見えるのが大島だと思われます。

01

そこから急な階段を下った先がこちら。今度は右の方に写ってるのが式根島だと思われます。

01

ここから西方面を。

01

石廊崎最南端。この空模様でも7島全部は見えないです。

01

01

最南端の後ろはこうして絵馬が奉じてあります。

01

ここから東北方面を。半島特有のリアス式海岸って奴です。満足して後半戦。伊豆半島西海岸を進みます。

01

ユウスゲ公園。天気が良くてテンション高いまま進みます。ただ、予想はしていたのですが暑さが襲ってきています。

01

交通量の少ない辺境の道をひたすら進みますが、この辺りアップダウンがきつくて速度ダウンです。あまり進めずに数少ない自販機を見つけては買って一休みみたいな感じで進みます。

01

夕陽丘休憩所。石廊崎から既に2時間も経ってまだここです。これはヤバイ、と気を引き締めて少し無理気味にペダルを回します。

01

恋人岬。途中松崎のサークルKに寄りはしましたが写真撮る余裕はありませんでした。体より脳が。ここで写真を撮ろうとしましたが、中国人だらけで人が居なくなるのに数分かかりました。休憩しているから良しと思ってゆっくり待てたので良しです。ただ、雲が多くなってきて、残りの距離と時間を見てやばさが解消されてないのが困りモノでした。

01

それでも夏場だからまだ日はこれだけ残ってはいるのですが。

01

とにかくひたすらアップダウン。交通量が少ないのが救いです。

01

戸田、沼津市突入。伊豆一周も終盤戦です。コンビニの裏の漁港というのが素敵です。補給して先へ。

01

ここも恋人岬。先の違いはここから富士山が見えることですね。雲の隙間からてっぺんが見えてテンションが再び上がってきました。

01

大瀬崎富士山ビューポイント。沼津は富士山見える町として素晴らしい町ですね。

01

もうちょっと走って自転車と富士山を。

01

沼津市内浦に入って観光案内所へ。閉店前にどうにか着きました。

01

その前から。感慨に更ける間もなくゴールを目指します。

ここから鷹巣トンネルを越えて自走するつもりだったのですが、最終の新幹線の出発時間が思っていたより早かったため自走は無理と判断。三島駅から輪行することになりました。新幹線の時間の調査不足とは。朝早く出ていれば完遂出来ていたであろうと思うと悔しい結果となりました。

今回思い立っての伊豆半島一周でしたが、西伊豆の最果て感は胸に来るものがありました。見知らぬ土地を旅するのはこの感じを味わうためだ、と新鮮な感動がありました。ただ、アップダウンがきつくて行程はかなり辛いものがありますが脚力自慢にはお勧めの行程です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (3)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。