300km 広島〜益田〜江津〜広島

本日も大遠征の為に長距離ライドの試走。前回は4時前出発でした。今回は0時過ぎに出発し日暮れ前までにどれだけ走れるかの限界テストを実行します。コースは山陰まで出て残り時間を見ながらコースを決めるというアバウトな案です。まずは191号線に沿って益田を目指します。



夜戦の中県境まで進みます。何時もなら棚田の坂を越えて行くのですが、この時間帯だと野生動物の遭遇等のアクシデントを恐れて大通り沿いに進みます。それでも暗い道を走ることになりました。県境を越え下り基調になると既に寒くて思うように速度を出せずに参りました。島根県に入り道の駅に到着する頃にようやく明るくなってきました。

01

月がまだ見えてます。缶コーヒー(HOT)を買って小休憩です。

01

更に進んで次の道の駅付近にて。雲大目でしたが朝焼けです。益田駅到着は7時頃。朝飯を食べてとりあえず東に進みます。道の駅ゆうひパーク浜田に寄り道。何時もの海岸線を撮ろうとすると先客。これは撮り鉄の方だろうと話しかけます。

「次の列車は何分後ですか」
「後3分後ですね」
「どうもです。ではここで待っても良いですか」
「どうぞ、どうぞ」

みたいな感じで列車が来るのを待ちます。

01

こんなものですかな。山陰線本数少ないので待ち時間が少なくて幸いでした。満足して次へ。

01

とある駅にて。9号線から撮っただけです。

01

更に進んでとある海岸にて。

01

恒例の風車の見える場所にて。この後186号線沿いに帰路につくか判断。道の駅サンピコ江津まで足を伸ばします。

01

サンピコ江津のとなりの食堂にて食べられる大蛇丼。カツが8枚入り。なかなかのボリュームでした。1000円未満にしては大満足の部類に入ります。ここから帰路へ。脇道を辿って186号線に入ります。

01

その途中にて。稲穂が程良く揃っていて絵になりそうな場所が無いかと脇を見ながら進んできましたがとりあえず一枚の場所でした。この後は小休憩を挟みつつ帰路に着きます。到着したと思ったら走行距離は290kmでした。せっかくなので後10km走って300kmにしようと近所を俳諧します。

01

その途中にて。夕暮れ時で一番映える背景は電信柱だったかなあ、と。近所だとこんなものですね。どうにか300km越えて終了しました。

今回の走行で得た教訓は
・防寒用具(ウインドブレーカー他)はあった方が良い
・300km位なら充分走れる。後数十kmまでは行ける。
・深夜はやはり車が少なくて走りやすい。

位でした。数日後の大遠征に向けて自信を付けることが出来た、そう思えたことにした一日でした。
この項はこれでお終いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる