新緑を見に山に登ろう(陀峯山、灰が峰)

音戸大橋に出かけることになったのでせっかくだから付近の山に登ろう。
自転車乗りがそこそこの距離を走ってしまうとこういう思考になるのは極自然なことです。
それに従って二つの山を攻めることにしました。



01

江田島に行くには呉方面から自走する方法と広島港からフェリーで移動する方法があります。
音戸に行くだけなら自走でも問題ない距離なのですが、偶にはフェリーに乗って上陸するのもいいか、と広島港へ移動します。船の移動は時間厳守なのが面倒くさい所ですが、その反面少しの休憩時間と旅の醍醐味を味わえるので一長一短。
今回は日曜日ということもあってそこそこの数の自転車乗りが乗り込んできました。

切串(江田島の港)に上陸し、他の自転車乗りがどういったルートに進むのか小観察。どうやら左手に進む模様。こちらは江田島一周(半周?)ルートか。私はそちらには進まず右で南下開始。陀峯山を目指します。その手前にコンビニ発見。確か数年前は無かったはずと、江田島自転車乗りに便利な島になっていってます。補給を整えいざヒルクライム開始。調子良く登っていたら途中で他の自転車乗りの方が居て追い抜きました。

01

陀峯山展望所。天気は良いのですが、この時期は黄砂があってこれ以上の眺望が望めないのが辛いです。

01

降りると先ほど追い抜いた方と合流。この後砲台山に登るのだとか。他他愛ない話をして分かれました。

01

上ってくる途中の風景。島のヒルクライムは車がほとんど来ないのが良しです。ただ、路面は少し荒れている事があるのが難ですが。

01

下り終えて島を走っているといい感じに棚引いている鯉のぼりが有ったので撮りました。この後音戸大橋周辺のお仕事を終えて呉市街地へ。

01

アレイからすこ島。古いクレーンと絶賛稼働中のクレーン。

01

田舎洋食いせ屋にてオムライス。最近呉ではここばかりです。休憩を終えてここから灰が峰に挑みます。

01

到着。ここでも途中で自転車乗りの方を一人追い抜きました。ヒルクライムで他人を追い抜くのは快感ですね。満足して帰路につきます。

01

途中マツダスタジアムにて。赤いユニフォーム来た方々が多数居て今日は試合だったんだなあ、と思いつつ帰宅しました。
この項はこれでお終いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる