山口-博多 Road to Cape Sata

本日は晴れ。昨日の雨が嘘のように。新山口駅はこじんまりとしていて撮るのを忘れてしまった。西へ進むとすぐに峠。一つ峠を越えたところで一休み。昨日の午後は余裕が無かったけれど、調べて見るとこれがあった。

01

山口のどの辺りまで販売されていたか調べて見たかった。峠が続いたけれどそこまで起伏は大きくなかったので順調に進み下関市突入。向こうから荷物を積んだ自転車が見えたので手を振って見た。2号線を進んできたのだけれど海底トンネルへの道は9号線。海沿いの道を進む。対岸に見えるのは九州。本州の旅もいよいよ終わり。海底トンネルの前には砲台のモニュメントが。

01

なかなか勇壮に飾ってあるのだけれど史実ではバカ正直に海沿いに配置したため4国連合にあっさり無力化されたそうな。山の上に配置しておければより大きな損害を与えただろう、と。トンネルに入る前にもう一度水族館へ。

01 01

夜明け前より瑠璃色なより王立月博物館です。ペンギン館が増設されて右側は違うものになっていますが。来る途中に気にかかった唐戸市場へ。鯨の文字に目を引かれたため。缶詰は売ってあったけれど食堂のメニューには無かった。せっかくだからとフライ定食を食べてみた。

01

01

食堂は満員御礼で賑わっていた。隣の婆さんがここは初めてか、と聞いてきたので、そうですと答えた。婆さんはここは美味しいので頻繁に来ると言っていた。考えて見ると旅先らしい昼飯というパターンは珍しいなあ。

その後気になる鳥居があったので撮って見た。

01

そしていよいよ海底トンネル突入。入り口で料金20円を投入して地下へ。県境を越えて九州上陸。

01

01

九州を進んでいて残念だったことはあまり面白みの無い風景が続いたこと。3号線をひた走ったせいでもあるのだけれど、延々とバイパスで上り下りと走行する車の注意との戦いだった。

01

やや大きな川を越えて道路の左側を走っていると嫌な感触が。後輪が見事に工事用のアンカーボルトのようなものを踏んでいてパンクした。今回は換えのチューブを持ってこなかったため自転車屋を探す。近くにあったのだけれど2件とも主人が何処かに行っていた。人々に話を聞いて橋を戻って別の自転車やへ。これで1時間ほどロスしてしまった。

01

今日は19時過ぎ到着を目指して居たのだけれど20時過ぎになりそう。夜はマイミクさんと会う約束をしていただけに辛かった。明日は無いつもりで全力で漕ぎ続けどうにか20時前にホテルに到着。マイミクさんに連絡を取って合流する場所と時間を決める。その時間までに軽くシャワーを浴びて荷物をおいて夜の街へ。

夏が来た。夏に来た。
面白い言い回しだと思うので使って見る。福岡の街並みを歩き回った。予想より人が多くて驚いた。特にお店のお姉ちゃんと思しき人を多数見かけた。バニーさんも見た。

01

01

屋台に入って色々と頼む。屋台というとラーメンという印象だったけれど、ここの屋台のラーメンは高いそうな。ラーメン以外を食べた後、別の店でラーメンを食べる。

01

01

明日が晴れると良いな、と言ってホテルまで送ってもらってから分かれた。今回は本当にありがとうございました。



距離:147.9km
時間:9h4m
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる