京都-名古屋 Road to Cape Sata

休暇は本日でお終い。去年東京から名古屋に行った時は最終日を京都巡礼に当てたのだけれど今回は名古屋までの打通を目指す。1号線を通ったとしても150km弱。ならばそのルートで行こうと思ったのだけれど、せっかくここまで来たのだからと豊郷に寄って行くルートを模索する。やや遠回りになる中山道ルート、関が原超えで行くことに。名古屋で新幹線に最低20時には乗込むことを考えて朝何時もより早く7時前に出発した。

朝早い時間帯は京都の道もがらがら。ちょっとだけ京都の街並みを堪能してさっそく峠に突入。当面はここを超えると峠は無いと気合を入れて進む。後ろからロード乗りが凄い勢いで越していった。一峠越えてすき屋にて朝飯。京都と滋賀の県境の看板を探しながら進むも見当たらなかった。

しばらくは1号線に沿って進み、途中から8号線に沿って。平坦な道が続いて走りやすかった。撮るべきモノを見つけきれずにどんどん進み豊郷まで行ってしまった。寄り道でも琵琶湖まで行くべきだったか。礼の看板娘を探してゆっくり進む。

01

01 01

01 01

豊郷駅は静まり返っていた。

01

01


学校到着。入り口付近にロードが一台止っていた。校舎の中に入り部室へ。コスプレしている人がいたけれど撮影禁止となっていた (´・ω・`)ショボーン

01

講堂にてやきそばパンを購入。どうみてもぼったくりの値段だけれど気にしない。

01

01

01

能登まで行った方々お疲れ様でした。

講堂を出て見ると先ほどのロードの近くに乗り手が。校舎をバックに撮影していたので撮りましょうかと声をかける。彼は琵琶湖を一周している最中とのことだった。分かれて関が原へ。途中の道々は中山道らしく所々が宿場町の風景で面白い。

01

これは郵便局だったりする。

先のコンビニでこんなものが販売されていた。九州ご当地のアイスで御座います。何故滋賀県で。

01

米原から峠に突入。本日の山場だと気合を入れる。のだけれど、そこまできつい峠ではなかった。かなり拍子抜けだった。

01

しばらく進むと鉄っちゃんと思しき人が居たので話しかけてみた。後何分で次のが来るのか尋ねると10分と言われたので諦めて先へ進んだ。後で調べて見たけれど何の列車の撮影ポイントだったのかは分からなかった。関が原のとある店で昼飯。先のやきそばパンだけでは全然足りなかった。関が原を越えて岐阜県の平坦な部分へ。問題はここからどう進んで名古屋に行けばよいのかが分からないことだった。

とりあえず新幹線のルートどおり大垣、羽島を目指して進む。名古屋まで一本で行く道なんてのは無い。羽島にて岐阜と一宮のルート分岐が出てきて一宮行きを選択。岐阜行きの方が名古屋までのルートは分かりやすかったのかもしれないが、遠回りになるのを避けた。

川を三つ越えて愛知県突入。ここから名古屋駅まで後40km。既に本日の走行距離は100kmを越えている。今一良く分からない道路を駅に向かって進みどうにか到着。お疲れ様でした。

01

名古屋駅にて輪行準備。のぞみの指定席を買って適当におみやげを買い列車を待つ。18:00前に名古屋を出ることが出来た。広島に到着して自転車に乗って家まで帰った。

01



距離 148.2km
時間 8h21m
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる