雲海を超えて 阿蘇~牧ノ戸峠~苅田

昨日のライドはやはり応えたようで。朝一で起きて御来光でも見ようなんて考えは放棄。朝日が出てからゆっくり出発することにしました。

朝起きて外を見てみると霧。即ち上に上がれば雲海が見えるパターンなのでは、と淡い期待を持って出発します。



01

本当に見えるとは。期待はほぼしていなかったのでテンションMAXになりながらの進行となりました。

01

峠道を上がってるだけでこれです。これで盛り上がらないわけがない。途中の駐車場にて車を停めて撮影している方を数人見かけました。

01

せっかくなのでパノラマにて。

01

別角度から。レストハウスまでは入れないのですが、その手前からでも十分でした。せっかくなのでもう少し雲海写真をどうぞ。

01

01

01

01

01

以上雲海でした。小一時間程8時過ぎまで居たのですがまだ雲海は残ってました。暖かい状態での雲海は最高でした。満足して先に進みます。

01

ミルクロードからやまなみハイウェイに分岐。アップダウンが続きますが緑が映えて気分良く進みます。

01

その途中の露店にて。停まって風景を眺めて見るとなかなかの造り物。阿蘇五岳方面。

01

こちらは九重山方面。来た方と行く方の風景が見え続ける面白い行程です。

01

三愛レストハウスにて。アイスコーヒーを頼んで話を聞いてみると
・この辺りの震度は6。
・窓ガラスは全部割れた。
・客足は激減した。
との事でした。本日はバイク乗りの方がたくさん居たのですが、これからも多いままだと良いですなあ。

01

牧の戸峠道を。途中の駐車場にて。阿蘇五岳が見える最後の地点。かなり離れて居るのですが、まだ見えます。

01

牧の戸峠レストハウスに到着。駐車場は満杯で手前の道路にも多数の方が駐車していました。なんでも九重山の花の見頃だったそうで多数の登山客が訪れていました。
此処でも聞き込みです。
・地震の影響は少なかった。
・客足は観光客は減った。
・けれど登山客はほとんど減ってない。
との事でした。

01

山の入り口のレストハウスという事で登山道具が販売されています。

01

そして前回食べられなかったブルーベリーソフトクリームを。予想より美味しゅうございました。

この牧の戸峠。九重山の入り口という事でかなりの高地にあり、自転車で来るのは熊本からも大分からも大変なのですが、本日は大分側から3人程すれ違いました。ここからどういった行路を辿るのか気になるところです。それはさて置いて私は小倉を目指して北上することにしました。牧の戸峠の後はノープランでした。

01

大分県側の牧の戸峠道。背景の山がさっぱり分かりません。

01

一気に下って長者原交差点にて。九重山を大分側から見ると熊本側からでは全然違いました。ここから更に北上。湯布院を目指します。

01

その途中にて、パノラマ背景が見れるの標識があったので寄り道。お洒落なレストランでした。

01

店入り口からの風景がこちら。由布岳の元、湯布院の風景が遠くに見えます。

01

お勧めは何かと尋ねると蕎麦と言われたので蕎麦を。美味しゅうございました。
地震について尋ねると
・食器が落ちて割れた。
・被害は其れ位。
・客足は減って未だに戻っていない。
・平日が本当にヤバス。
との事でした。

此処で天気予報と睨めっこ。朝方見た予報では明日は雨で、それが変わっていることを願ったのですが変わらず。明日も休みだったのですが諦めて本日帰宅する事にします。最後に北九州のフォロワーさんに会えたらいいかな、とメッセ飛ばしたらokの返事が。この後はほぼ寄り道せずに一気に北九州に向かいます。100kmちょっとなら5時間もあれば大丈夫。そう考えていた時代が私にもありました。

01

湯布院を出て標高を下ったら凄い暑さ。標識で33℃とか出てSAN値をがりがり削られました。仕方なく小刻みにコンビニに寄ったりで距離がイマイチ稼げずに時間が過ぎていきます。
この道の駅でもかなり時間を潰してしまいました。全部暑さのせいです。
結局フォロワーさんが気を利かして苅田役所で合流。一気にワープします。

01

某所にて。昼までは晴れ間だったのですが、徐々に雲が増えてこうなりました。梅雨の時期は仕方ないですね。

01

フォロワーさん行きつけのラーメン屋さんにて。一気に平らげました。この後はオタク談義をして小倉駅まで送ってもらい帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる