尾道-西条 Road to Cape Sata

三日は普通の休日と同様に遊んだため、旅の準備を夜遅くまでする羽目になった。本日の予定は尾道までバスで行き、そこからしまなみ海道を抜けて伊予西条まで行くというもの。距離にして110km弱。出来れば尾道を10時には出発したなかったのだけれど、乗込んだバスは9時ちょっと過ぎの奴。それでも11時前には出発できるだろうと思っていたら見事に渋滞に巻き込まれる。いわゆる帰省ラッシュというやつか。尾道に着いたのは12時ちょっと前だった。

気を取り直してまずは昼飯。去年も行った店に行くと自転車乗りの方が数人居たので話しかけてみた。何処から来たのかと尋ねると大阪からだと。輪行してこのあたりを走っていたのだと。これから千光寺に行こうと思っていると言われたので自転車で行くと遠回りをすることになる。近くまで進んで階段を登っていくのが早い、と伝えておいた。

店に入ってみると満員。流石はGWか。相席でも構わないと言って早々にラーメンを注文。即効で食べてフェリー乗り場へ。サイクリングロードはここが出発点っぽいけれど不明。島に着いて時間を確認。12:20。レンタサイクルの方々のタイムリミットはおそらく18:00。それに合わせる形で海道を抜ければいいなとざっと行程を考える。

向島のサイクリングロードには路面に青いマーキングが。これを辿っていけばゴールに着けるのだと思いながら進んでいくと他の自転車乗りに遭遇。それは多種多様で老若男女だった。気合の入ったロード乗りも居れば普段自転車に乗りなれていない方々、それらが駆け抜ける様は人生の縮図のようだった、というのは言い過ぎか。

10km程走って最初の橋。しまなみ海道は島と島の間を橋を渡って進むのだけれどその橋は海面からかなり高い所に設置。その為その位置まで登るために緩やかな長い専用の道を進むことになる。この上り下りがある為尾道-今治間を制覇するのは割りときつめになっている。ただ、時間さえかければどうにかなるのでその辺りは体力と相談か。向島-因島の橋は車道の下を走るのだけれど鳥の糞だらけだった。海の上の橋はこうなってしまうsagaか。

01

因島を走ってしばらくして休憩。諸島部なれどコンビニはしっかり存在。そこには今治方面から来た自転車乗りが居たので話しかけてみた。彼らも大阪から来たのだと。他雑談をしてから分かれた。しまなみ海道の中間地点はどの辺りだろうと思いながら進む。生口島-大三島の橋の間が中間だった模様。橋を渡り終わると地面のマーキングが無くなって、愛媛県に突入していた。

01

01

01

この日は空が霞んでいて背景が上手く撮れないのがもどかしかった。結局数枚撮っただけで終ってしまった。海道を進んでいよいよ最後の大島。ここは島の真ん中の丘を突っ切る、ヒルクライムになっていて前を進んでいた方々が自転車を押しながら進んでいた。それを横目にせっせと進む。陸を越えて下った後橋に上がるためにまた登る。大島-四国本島の橋は長くて橋自体が坂になっており最後の難関になっていた。どうにか渡り終えて四国本島に上陸。6時間弱で駆け抜けた。

今治からは道なりに進んで本日の宿伊予西条に到着。駅の真横という立地だけれど値段はそんなに高くない辺境だった。チェックインして夕飯を食う場所を探す中で駅に寄ってみる。そこでもらったチラシがこれ。

01

なかなかいい表紙だった。中にはレンタルサイクルの記事があった。

01



距離:108.8km
時間:6h13m
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる