第19話「全国」① 【シノハユ the down of age】

行った日付が違いますが、順番合わせのためにこの日付で。全国①を行きます。この後舞台は都心に移りますが、その先は夏以降に行く可能性があるというレベルです。松江編はしばらくお休み(あっても少数)かな。



湯町の子④で出雲大社を訪れた後に出雲日御碕灯台が出てくるとは予想外。島根県は観光地ヨイショ作品として称えるべき作品です。それはともかくとして出雲日御碕灯台はこんな感じです。

島根半島、最西端の断崖にそびえる『出雲日御碕灯台』

明治36年(1903)に設置され、高さは43.65m、海面から灯塔の頭上までは63.30mと日本一の高さを誇ります。
光度は48万カンデラで夜間約40km沖合まで達し、100歳を越えた今なお現役で海の安全を守っています。

外壁は松江市美保関町から硬質の石材を切り出して使用した美しい石造り。内壁はレンガ造りで施され、外壁と空間をあけた特殊な二重構造となっています。

その歴史や文化的な価値の高さから、平成10年に「世界の歴史的灯台百選」の一つに、平成25年に国の登録有形文化財に選ばれました。

以上、引用でした。出雲大社からは結構な距離があるので何らかの足が必要となります。自転車で行くとアップダウンが結構あるしんどい道でした。

01 01

P623上段。こちらは手前の門前市?手前のトンネル。

01 01

P623下段。上のトンネルから下った所。

01 01

P624-625。上の反対方向。

01 01

P626。空撮かとは無視でこのカット。完全一致の為には欄の外からカメラを出す必要がありますが、風が強い所なので諦めました。命大事。

01 01

こちらも同様。雰囲気だけ。

01 01

玉造温泉街からかなり離れたとある橋。特定班まじぱねえ。標識が違いますが、風雨によって折れた為にこうなったそうです。

01 01

こちらは出雲縁結び空港。意識から外れてました。近くは通ったのに。慢心でした。
以上で探訪は御終い。

01

こちらは灯台からの景色。この見える島からのカットもあるのですが手も足も出ないのでパスです。世の中にはドローンを飛ばして撮影する方々もいるのですがまじぱないです。ここから先日のオフ会の様子を。

01 01

湯町の子にてアーバンホテル屋上からのカットが出てきますが、屋上に入れるのはビアガーデンの時のみ。ならここでビアガーデン、オフ会をしようと考える猛者が搭乗。松江なんて僻地でオフが開催されるとは行くしかない、ということで天気予報とにらめっこしながら行こうか行くまいかのポルカを踊ります。どうやら曇りということで行くことを決意し、自転車で向かいます。県境手前までは天候はもったのですがそれからはずっと小降り。小休憩を何度か挟みつつどうにか玉造温泉に到着。幾つかのカットを回収しながら本日の宿へ。濡れた服を応急的に乾かしてアーバンホテルへ。

大三元四暗刻さんと面識がある以外は全て初対面の方々。久しぶりに緊張感のあるイベントとなりました。まずは上のカット回収からと試すもどうやら網の外にカメラを出して撮る必要があるということで私は完全一致を諦め欄の内側から撮りました。

01

その後は普通に焼肉とビール。雨で結構やられていたので美味しそうに撮る事とか頭から抜けてました(ノ∀`)アチャー
話題は主に咲の話。こんな辺境でオタク談義ができるとは。世も末です<違う
麻雀のルールが分かると咲がもっと面白くなるという話題に。それは確か。で、分からなくても楽しめるのですが、大雑把な麻雀のルールを示したツイートを紹介しておきます。




これだけ知ってれば大体okです。もうちょっと細かい事を知っておくと更に分かるようになりますがゆっくり調べていくで良いのですよん。後はどの辺りから舞台に訪れたとかの話題に。ちなみに私はアニメ化されてからでした。

01 01

こんな所まで行ったわけですよ。後は咲の麻雀ゲームの話とか面白かったので色々とツッコミというか話が弾みました。そんな中のサプライズがこちら。

01


ドリアンの入った何か。ホテル側が気を利かせてくれたのか、大三元四暗刻さんの仕込みだったのか。シノハユの舞台でシノハユの作品に出てきた何かを飲むことが出来てテンション上がりました。ちなみに最新話(7月号)だとこんな感じのやつですね。

01

ホテルの名誉にかけて書いておきますが実物は普通に飲める代物でした。作品同様に飲み人を選ぶ仕様には出来ませんわな。
松江ニューアーバンホテルは最高でした。
松江ニューアーバンホテルは最高でした。
大切なことなので二回書いておきました。

お開きとなって私は離れたホテルに戻りました。この項はこれで御終いです。

最新話(7月号)でこのネタが面白かったので紹介しておきます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : さきっちょ(岬・灯台)巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる