2015年夏 とびしま、しまなみ海道を駆け抜ける

フォロワーのフォロワーが広島に来てとびしま海道、しまなみ海道を巡るという。それに合わせて一緒に走りませんかとの誘いがあったので天候が良ければ、との返信を。当日がどうやら晴れそうということで行くと返信し慌ただしく集合場所と時間を決定。そんなに無茶な工程は組まないだろうから少々無茶しても大丈夫だろうと判断。集合地点の駅まで自走してみました。52km。なかなかハードな始まりでした。



01

駅。フォロワーのフォロワーさんは来てましたが、主催者が遅刻という。割と気まずい時間。多人数ライドは遅刻するメンツが出ますよね、と体感のこもった会話を交わしていたり。50分過ぎて到着。軽く打合せをしていざ出発。途中でパンク修理の為一人別行動。後で合流することにして十文字展望台へ。その途中で足を止めます。

01

こちら。良い背景と思っているので勧めてみました。なかなか評判は良かったようです。豊島に渡って展望台への分岐にちょっとだけ迷いつつもどうにか進行。手入れが無くなったのか道中草が生い茂り路面に落葉があったりと難儀でした。

01

到着。人なんて居やしない。6月の梅雨時故霞が多いのは仕方なし。なれどそれでもかなり良い塩梅。向こうに見えるのは四国島。

01

来た道をゆっくり戻る。その途中で数枚。みかん畑と町と海。

01

大崎下島に渡ってちょっとだけ進むと紫陽花。立ち止まって橋と合わせてみました。

01

御手洗地区到着。自転車を降りて散策開始。

01

新光時計店

01

天満宮。

01

船宿カフェ若長に戻って昼飯。即効で平らげました。12:30前に岡村港に到着するもフェリーは13:30。小一時間空いたのでこの島の展望台に登ってみないかと誘うもここで休憩するとの返事。では、他の面子だ、と丁度手持ち無沙汰にしていた他の自転車乗りの方を誘ってみたら行くとの返信。都合4人の急造パーティー編成でれっつらごー。

01

なかなかに急な坂でした。この道を設計したのは誰ですか。途中までは良かったものの一度下ってからの登りは有り得ない斜度でした。体感は20%超え。短いのが救いですがこれは敬遠されるのも仕方なしか。晴天故に頑張って登りましたが次はいいかな。しまなみ海道が見えて満足でした。岡村港に戻って雑談しつつ時間を潰してフェリー乗船。客室で休憩するも足が攣ってました。

01

今治が近づいて来島大橋を船上から。

01

今治港に降りたら凄い暑さ。これはアカンとコンビニで補給ししまなみ海道へ。その入口付近。このループが尊い。

01

来島大橋を進むも凄い晴天なので何度も止まっては撮影を繰り返し進行。とびしまでも見えていましたが海霧が尊い。

01

来島大橋の自転車通行帯を。しまなみ海道の橋はこの来島大橋が手が込んでいます。

01

次の島辺りまでは天候が良かったものの広島に近づくにつれ怪しく。これは天使のカーテンというやつですかね。ちょっと前までは晴天でいきなりの変化でした。

01

一時雨になるもすぐに止んで事無きを得ました。ただ、この辺りで既に足が限界となっておりエアーサロンパスで誤魔化しながらの進行。豪快に足を引っ張っての進行でした。前半テンション上げすぎました。

01

どうにか尾道に辿り付き、ラーメンを。ここで解散して帰路に着きました。この項はこれで御終いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる