スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年初夏 しまなみ海道を行く 【ろんぐらいだぁす!】

5巻はしなまみ海道が出てくる、ということで行くことを決意。出来れば青空の広がる梅雨明けを狙いたかったのですが、書店が原画展をやるのはこの時期だけということで霞多めの日でしたが行ってきました。



ガチでやると時間が足りないのでかなり端折りました。ガチでやる人は頑張ってなのです。

01 01

まずは尾道渡船から。

01 01

こちらの渡船の往復は大体10分。何時も使ってるの福本渡船(かみちゅ渡船)は5分なので待が長いのです。

01 01

船に乗り込んで撮影。

01 01

01 01

01 01

向島渡船口。

01 01

その近くの三叉路。

01 01

01 01

向島を西へ進んで海が見える辺り。

01 01

この間に数カットありましたがパスして向島大橋を向島から。

01 01

向島橋の下から見上げる。

01 01

向島大橋への緩い道。

01 01

向島大橋。

01 01

01 01

こちらは緩い道の途中からでした。

01 01

橋を渡ってちょっと寄り道。ちょっとした坂を上ります。

01 01

初めて食べました。

01 01

因島の大山神社。同じ名前の神社が他にもあるので検索する時はお気を付けて。

01 01

この神社の後に近くの港のカットがありますが見落としました○| ̄|_

01 01

ドルチェ本店。次の瀬戸田島です。

01 01

住之江旅館。玄関に自転車スタンドがあるのが素晴らしい。

01 01

夜のカット。しまなみ海道は他にも小さな橋が多数あります。

01 01

一気に飛んで大三島大橋。これはとらのあなの特典でした。

01 01

大島から来島大橋を。

01 01

01 01

四国に渡ってすぐのサンライズ糸山でした。この後今治駅のカットは無さそうなので引き返しました。キャプはこれで御終いで道中も様子を。

はっさく屋は初めて訪れた場所でした。あんまり食うことに意識を向けていなかった、大体道の駅で食べる分で満足していました。この後の大山神社。存在を知ったのも初めてでした。大三島の方の大山神社には行ったことはあったのですが。

01

行ってみるとえらく気さく。到着したら水を用意して待っているとの案内をされました。ここに取材にこられたことを嬉しそうに語ってました。神社?の中はこんな感じ。

01

自転車お守りを買って次に向かいます。ドルチェでアイスを食べ住之江旅館へ。しまなみ海道で一泊したことは無い(広島県民だから仕方ないね)ので実物を見て面白かったです。

01

この日は予報は晴れだったのですが、ずっとこんな空模様でした。やはり行くなら梅雨明けがおすすめです。サンライズ糸山まで行ってそれからとんぼ返り。結構ガチで回しました。尾道に戻ってからは福山西の某書店へ。

01

原画展でした。この為にこの日に来たのですが、こんな辺境に特設があると違和感が大きいですね。

01

01

新聞にも乗った模様。

01

満足して尾道駅に戻り輪行で帰宅しました。この項はこれで御終いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。