広島-四国カルスト-宇和島【四国地方を駆け巡る】


先日連休を得たので四国巡りをやってきました。
今回の主目的は二つ。

・四国カルストに行く。
・紫電改展示館に行く。

後は天候を眺めつつ最後は観音寺まで行って「結城友奈は勇者である」の舞台巡りが出来ればまあ満足か、位の割と適当な指標で挑みました。天候は初日が晴天、二日目から雲が出てくるというものでした。最初の案はまず紫電改展示館に行き、宿毛で一泊。二日目に四国カルスト。だったのですが、初日に四国カルストに行くほうが良いのではと急遽予定を変更。一人旅だからこその芸当。この変更は一長一短で、行程が長くなるというのが厳しい欠点だったのですが、青空の四国カルスト巡りが出来たことはなによりの長所でした。



まずは夜戦開始。自宅から広島港まで。松山行きフェリーの始発に乗り込みます。乗り込んで軽く腹に詰め込んで一眠り。揺れる船内で熟睡は無理ですが、体は休めました。

01

自転車の降車は一番最後。入れ違いに広島に行く車の待機を眺めつつ松山観光港から出発。すごく良い天気です。松山から四国カルストへのアプローチは33号線に沿って進み、440号線に分岐。途中林道を経て383号線に出る、という一般的なルートを使います。33号線に出るのに意外と手間取りコンビニで小休憩を取って三坂峠へ。

01

この標高も結構高い。この峠標高100を超えるごとに標識があるのが素晴らしい。この手前の標高700mの所にもあったのは要るかどうか微妙なラインですが。この後緩やかな長い下りの後に本日のメインイベント四国カルストまでの長い長い登りが始まります。正直舐めてました。この間箱根も簡単?に越えた私ならそこまで苦労はしないだろう、と。標高1000超えは伊達ではなく、林道に入ってからの斜度の高い細い曲がりくねった道はSUN値を容赦なく削っていきました。予想到着時刻を超えても到着せず、予想の甘さを認めつつ、それでもペダルを漕ぎ続ければ辿り着ける、とやる気を振り絞って進行。

01

ようやく地芳峠に到着。これでもうすぐカルストだ。そう考えていた時期が私にもありました。ここから距離にして3km弱なのですが更にきつい斜度の道で30分かかりました。

01

ようやく到着。物凄い辺鄙な場所の平日だというのに人がいて流石は観光地であることを認識。風景を眺めつつゆっくり進みます。

01

この道中は急ぐところではないので風景をひたすら撮りながら進みます。斜度もきつくて速度は出せないのですが。そんなわけで数枚ここで撮った奴をピックアップ。

01

01

01

01

登りきって下り方面になるとススキの原。

01

そのもう少し先に天狗荘という宿泊施設。こういうの好きです。

01

ここの標高。先の峠から一気に300mも上がってます。そりゃ斜度もきつくなるものです。そしてこの標高は気温も下がって15時だというのになかなかの寒さで参りました。

01

ここからこの下りの道を進みます。寒くて手がかじかむというのもありますが、見知らぬ落ち葉や石が落ちている狭い道で速度を上げるなんて芸当は私には無理でゆっくり下っていきました。本日の宿は宇和島が最低ライン、と決めていたのでここからひたすら進みます。後は基本的に下りだからと思ったらいくつか峠があって残った体力も削られます。この辺りの道は休憩地点(コンビニ等)が乏しく、日が暮れるまで走ってそれから夕飯。その後夜戦に突入、という案配には出来そうもなかったため早めに飯が食べれそうな所に寄って夕飯。後はだらだらと進むという工程になりました。197号線は交通量も少なく、明かりも乏しく不安がいっぱいな工程でした。320号線に入ってもそのままで人里が恋しいと思いながら進むこと数時間。家屋が密集してきたなと思ったのは最後の最後、宇和島にかなり近くなってからでした。

01

そしてようやく到着。駅近くまで寄る元気はなかったので遠くから。分かりづらいですが宇和島駅です。宿泊地は駅の近くでチェックインを済ませて部屋でくつろぎ少し横になったら爆睡していました。本日はこれにて御終いです。

走行距離:199km
平均速度:18.7km/h
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる