戦艦大和・武蔵の進水式展

01

既に一ヶ月も前のイベントなのですが行ってきたので簡単に記述してみます。
広島は呉市の大和ミュージアムにて戦艦大和・武蔵の進水式展 という企画展が行われました。あまり興味がなかったのですが最終日に休日となった為行ってきました。感想は

・ここで長門の軍艦旗を見れるとは思わなかった。
・予想以上に駆逐艦の進水式の記念品が多くて堪能した
・進水式の再現CGはかなり微妙。
・奥の模型力入れすぎで満足。

順番に行きます。

01

まずは館内の概要を。通常の展示とは別料金で特別展時の中へ。一部屋の中に進水式の記念品、資料が展示されています。奥の壁の展示されているのが長門の軍艦旗。その下の壁に沿って数隻の艦艇の模型が展示してありました。後、この画像には写っていませんが、浸水式の動画を繰り返して放送しているモニターとそれを見るための椅子が配置してありました。

01

まずこの長門の軍艦旗。【一般】アメリカ軍士官は何を思いそれを持ち帰ったのか 長門の軍艦旗を巡る数奇な運命。この辺りを読めばほぼ理解出来るのではないでしょうか。私は石坂浩二さんが買ったまでは知っていたのですが、今はここ呉の大和ミュージアムに寄贈されていたとは知りませんでした。

01

次は多数ある記念品の数々を。駆逐艦の分は大東亜戦争に出てきた分はほぼ全て登場したようで撮影に手間取りました。問題は室内撮りでガラス展示ということで光と自身が写ってしまうのが困りものでした。
こちらは鳥海。鑑これのおかげで艦名が分かるのが面白いものです。いくつか紹介しておきます。

01

高雄

01

蒼龍

01

麻耶

01

利根

01

最上

01

那智

01

長門

01

陸奥

01

そして明石。鑑これをやっていなかったらどんな船かわからないままだったと思うと感慨深いものがあります。

01

他にも現代の艦艇の分も展示されていました。こちらは護衛艦ふゆづき。客船等もあって見て回るのにかなりの時間を要しました。

01

そして周りに展示してあった大きめの模型。テンション上がったのでガラスと屋内という悪条件に向かっていろいろ試行錯誤で撮ってみました。望遠を駆使してみましたが悪くない。

01

こちらの方も多数の人が立ち止まって見ていました。この項はこれで御終いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる