スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年夏三江線乗り潰し

”三江線(さんこうせん)は、島根県江津市の江津駅から広島県三次市の三次駅に至る、全長108.1kmに及ぶJR西日本の(大赤字)鉄道路線(ド田舎交通線)。 鉄道教の聖地の一つでもあり、利用者の半分は鉄道教信者ではないかとも言われる。”

アンサイクロペディアからでした。去年の秋から不通となっていましたが、今年の7月にようやく復旧。18切符で乗り潰そうと思うもなかなか天候に恵まれない。先日どうにか曇りの予報が出たので行ってきました。まずは三次まで芸備線に乗って。広島市を抜けてからは良くあるローカル線の空気を十分感じられた旅となりました。半分寝ていましたが。

01

三次駅に着いて三江線の列車に向かうと乗客多数。赤字路線だよね。と座席を抑えるために早々と乗り込みます。しばらく待って更に乗客が入ってきて立ちが出る有り様となりました。

良く聞かなかったので良くは分からなかったのですが、地元の方のイベントで用いられたのだと。何故かしばらくは三江線の解説付きの行程となりました。その中で触れられたのがこちらの駅。

01

ローカル線なのに止まらない長谷駅。解説なかったら間違いなくスルーしました。ただの小屋ですやん。この辺りから晴れ間も出てきてテンション上がり始めました。

01

しらばく進んで一人乗客が降りました。記念に一枚。

01

列車の中はこんな感じ。こんな景色見たことないと一人の乗客が言ってました。この先の駅でイベントの方々は降りていきました。それでも半分位は残ってました。これが18切符シーズンのローカル線ですね。

01

更に進んでまた乗客が降りたので一枚。

01

少しだけやった前調べで印象に残ったのがこの宇都井駅。田んぼの中に何故かそびえ立つこの駅。停車時間は無いので列車の中から一枚。

01

島根県に入ってとある河川敷を一枚。

01

いくつものトンネルを抜けて進みます。

01

そして乗務員の昼休みの為に止まるのがこの石見川本駅。90分程ここで足止めを喰らいます。

01

駅を降りて小さな商店街の中にあるとある寿司屋にて昼飯を食べます。尚、他の乗客も続々とここに入ってきました。

01

このお店には何故か同人誌が売ってありました。C86では見なかったような。言ってくれれば委託しましたのに(ヲ

01

こんな辺境だって初音ミク。予想外の出来事でした。尚、昼飯は鰻重を食べました。1200円也。駅で更に時間を潰してようやく運行再開。

01

気のせいか川幅が広がって行き、最後に都市らしい風景になったと思ったら終着駅の江津駅に着きました。

01

ここから別の路線に向かう方。山陰線の列車で御座います。

01

私は休日が一日だった為三江線に乗って戻ります。

01

帰りは先頭の方に陣取ってみました。曲標識。

01

とある駅にて。微笑ましい風景でした。

01

数少ないすれ違いの駅の一つ口羽駅。帰りの行程は天候も崩れてきてテンション下がりでした。

01

そして終点の三次駅。小雨でした。寄り道せず芸備線に乗って帰路に着きました。この頁はこれで御終いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。