スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話「特別な場所、特別な想い、なので」

第4話はほぼバンブーなのですが、そこそこ広いので歩き回るのも大変です。全て撮る人は頑張ってください。一部まだ撮れていませんが、需要が微妙にありそうなので撮ってる分だけ先に上げておきます。(7/27に追加分を撮影していますが、まだ残ってます…)

(4/04、桜の時期が来ましたので桜のカットは撮り直しました。その後撮っていないカットがまだ見つかってます(汗)


より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

まずは冒頭の回想シーン。これは第一駐車場近くの貯水池周辺です。

01 01

柵から離れて望遠にて。

01 01

道路側の歩道を。

01 01

地蔵の建物と思われるのですが、合わないので柵を入れずに撮ってます。

01 01

貯水池の近くからバンブーの中心の建物を。

01 01

スタジアムです。

01 01

客席方向を。

01 01

01 01

貯水池の方です。

01 01

体育館の近くから広場を。

01 01

上と同じく場所を移動して。

01 01

広場の看板と桜と建物を同じように撮す地点がありません。看板と建物を合わせて。

01 01

回想のシーンと同じく貯水池の方の地蔵の小屋です。柵と小屋を入れると草で小屋が隠れるので妥協してます。

01 01

地蔵の小屋近くの桜です。違う可能性も高そうです。

01 01

01 01

01 01

イマイチ合いませんが場所はここです。

01 01

これだけ違う場所。鴨川河口です。望遠で十分イケます。

01 01

竹の館。池の手前から石を入れて撮ります。

01 01

再び貯水池の近くです。特定の仕様が無いのですが、影から予想するに道の両方に桜がある場所かなと。

01 01

第一駐車場付近だと思われます。

01 01

作中の絵が水が無い時の絵と気づくのに時間がかかりました。しかもこの撮影位置が難儀なところで合わせるのも難しいと難儀な物件でした。

01 01

これも貯水池の近く。

01 01

再び貯水池の近くです。

01 01

竹の館の裏手にあるそうです。

01 01

01 01

01 01

竹の館の裏の方に進むとありました。探し出すのに時間がかかりました。花火の前以降から除草されているようです。

01 01

ここからスタジアム周辺です。枚数多いです。

01 01

スタジアム左側の裏手です。

01 01

01 01

レンガの道の近くにいくつかあります。

01 01

合わせ方が不十分ですが、場所は合っていると思われます。

01 01

こちらはスタジアムの右側です。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

観客席から体育館を。

01 01

撮り忘れです。

01 01

01 01

スタジアム左側裏手です。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

バンブーの北側のトンネルに一番近い踏切。

01 01

踏切を渡った先の道から。

01 01

こちらはバンブー側から。

01 01

多目的グランド方面だと思うのですが、そちらには柵がありません。柵がある方に合わせていますが、背景が違います。

01 01

こちらも同様に。架空の場所ゆえ合成ということでしょうか。

01 01

この駐車場は大体合っています。

01 01

桜のある位置には何もないです。

01 01

ちょっとずれた場所の桜です。

01 01

その隣の桜と。

01 01

多目的スタジアムを入れてみます。

01 01

01 01

これは第一駐車場付近の案内です。

期間限定でこんなものが設置してありました。カット合わせは無しでど真ん中でドゾー。

01

01

これで御終いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。