スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最果ての地への移動開始


より大きな地図で 試される大地 2013/07 を表示

2011年に東京から佐多岬(鹿児島県)の打通に成功し、次は北の果て宗谷岬から東京への打通をしてみたいと考えていました。2013年に札幌に行く用事が出来た為それに合わせてまずは宗谷岬から札幌までの打通をしようと目論みました。当初の案は用事をすませた後稚内に移動。宗谷岬へ移動しそこから出発するというものでした。そのためには用事の前日に新千歳までの航空券を取るのが必要不可欠。気合を入れて予約開始時刻にサイトにアクセするするもあっさり満席となりました。連休の航空券争奪戦の激しさはこれほどだったとは…。当初の案を破棄して別の案を。予定の前に打通を果たすという案に変更。連休の前だと航空券争奪戦は起きておらずとりあえず確保しました。

ただ、事前に打通をする場合は宗谷岬までの移動が厳しくなります。当初は予定の後に宗谷岬を巡って稚内で一泊でもイイくらいに考えていましたが、事前の場合はそれだと走破は無理。可能な限り速く宗谷岬に辿り付き、出発して札幌に近い所まで移動する必要があります。メジャーな移動方法は飛行機と特急。新千歳-稚内は連休の前でも既に満席とお話になりませんでした。特急はとれるのでしょうが、朝一の便でも到着が12時過ぎなのが辛い。ならばどうしたものかと思案し、バスが使えないものか調べてみました。詳細な禁止事項が記載されていなかった為電話にて確認。自転車を積むことは可能であるかと問うと、満席でなければ大丈夫でしょう、とやや不安ながらも可能との答えを得ました。連休前ならばバスは満席になるまい、と勝手に予想して飛行機との接続時間を調査。当初の関西空港からの便では間に合わない可能性があった為それより早い神戸からの便に変更。前日の出発は14時過ぎと夕方どころか昼からの出発となりました。広島から新千歳の便が朝しかないため関西まで出る必要があるのが実にもどかしい。

9日仕事を13時に終わるように調整し、14時過ぎに自宅近くの駅を出発。広島駅から新神戸へ新幹線で移動。ここからまず三宮まで移動し、三宮からポートライナーで神戸空港へ。新幹線の乗り継ぎがちょっとアレなのが困りものでした。ポートライナーはFateの巡礼で訪れたことはありますが、終点の空港に行くのは初めてでした。到着したらすぐにカウンターだったのは楽でした。荷物(自転車)があったため早めに来ましたが、その後は暇を持て余す。出発して乗り込んだものの、ここでも暇を持て余す。飛行機は電子機器の電源を入れられないため本当にすることがなくて参りました。新千歳について荷物を引き取り列車に乗り込む。ここで新札幌駅で降りるのが正解だったのですが、知らずに札幌駅へ。駅前にバス乗り場があると思ったら稚内行きのバス乗り場は結構離れた場所。札幌駅からの移動は面倒で余計な時間と体力を消耗しました。調査不足はこうして自身に跳ね返ります。時間に余裕を持たせていたおかげで無事到着。数分の後乗り込むバスが来ました。荷物の一部をコインロッカーにぶち込みバスへ乗り込みます。

01

特急はまなす号。札幌-稚内を結ぶバス。片道6000円なり。ちなみにスーパー宗谷(列車)だと10170円になります。座席指定ではなく空いてる席に座るタイプの夜行バス。ちょっと珍しい。連休2日前だというのに21/27という具合でした。荷物はどうにか積む事が出来て一安心。まずは乗り込んで最初の休憩地で何か補給と思ったらこのバス最初の地点でも降りれませんでした。やや喉が渇いた状態で過ごすことになりました。あまり上手く眠れずに稚内に到着。タクシーを呼ぶ方はいませんかというアナウンス。最果てに来たという感じがありました。駅前にて降車し早速組み立て開始。昨日の14時過ぎに出発し、移動開始出来る状態になるまで16時間弱かかりました。

01

稚内駅。ここからいよいよ始まりです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。