スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩尻から19号線を下る


本日は19号線を恵那まで。長野の山の中を突っ切る。木曽高速と呼ばれるほど車の速度が速く危険と聞いていた。

まずは塩尻駅。

01

19号線に沿って進む。山並みはまだまだ雪が戴冠。

01

本日の最低移動先は中津川、余裕があれば恵那へ。道はまだまだ遠い。

01

某駅の側で踏み切りの音が聞こえたので奪取で撮影にかかってみた。この辺りは2両編成だよね。

01

木曽路入り。

01

最初の宿場町、贄川。関所の跡。

01

鳥居トンネル入り口。19号線でもっとも標高の高い所。

01

この辺りは陽の当たりも悪く寒かった。

01

木曽路は道の駅が多く、休憩がしやすいのが素晴らしい。とある道の駅にて。

01

次の道の駅付近で粉雪。昼時ということで昼休憩。

01

やや大きめの道の駅で色々飾ってあった。

01

料理を頼んだ後店を眺めてみる。

01

01

01

01


01

01


01

自転車でなければ色々買ったと思われる。戻ると食事が出来ていた。

01

割とおいしかった。道の駅馬鹿に出来ず。粉雪が止んで先へ進む。寝床の床という所に寄ってみた。

01

これは良い景観。もう少し余裕があれば構図を更に工夫したのだが。

01

小野の滝。19号線沿いにあるのが面白い。

01

更に別の道の駅。試しに買ってみたのだがりんごが大きくて驚いた。

01

木曽路も終わりに近づきいよいよ妻篭。ここから19号線を離れて山道へ。妻篭はこの木曽路で最初に復旧が始まったと書いてあった。

01

01

01

ここから馬篭峠へ。途中歩道も整備してあり、歩いていくことも可能。

01

男滝、女滝。

01

01

古い石畳の道。

01

結構長い登坂をして頂上到達。

01

この咲はいよいよ岐阜県。

01

馬篭上入り口。大方の人は下から入るのでこの辺りは人が少ない。

01

01

01

恵那山と茶畑。

01

下に向かって進む。

01

01

01

01

01

ここでようやく舞台探訪。咲でございます。

01 01

水車小屋の中はこんな感じ。

01

01

馬篭を後にして湯船沢。4校合宿宿でございます。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

魚眼で撮影された奴を。どうにもなりませぬ。

01 01

中津川へ行く途中。

01 01

ここはこの時間帯でもう駄目だったか。19号線に戻ると車線も交通量も増えていた。日暮れ前にホテルに到着した。

01

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。