スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三才山を越えて

小諸にて朝一から探訪開始。まずは商店街から。この時間帯は交通量が少ない。

01 01

01 01

01 01

ただ、店が開いてないと味気ない。

01 01

01 01

01 01

光岳寺前を経て

01 01

そば七付近へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

ほんまち町屋館。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

懐古園交差点付近。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

学校。

01 01

01 01

01 01

いよいよ懐古園へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

ここからキャプ画無し。記憶のみなのでかなり合ってない。

01 01

01 01

01 01

無我夢中。この時間帯では残念ながら開いていない。

01

懐古園の中にいた猫。

01

懐古園の中の事務所、ノートもここに

01

駐車場にはこんなものも

01

ほんまち町屋館の中はこんな感じでした。

01

ここから松本へ。まずは道に沿って上田へ向かいます。桜並木ですが咲いてませぬ。

01

大屋駅。ここから三才山へ。

01

松本まで後40km。

01

この先の川沿いも桜並木なのだが、咲いてない(´・ω・`)ショボーン

01

雪国なのでこんなものも展示してあった。

01

更に進むとこんなもの。まだ4月の初めですが気の早い。

01

トンネル入り口。自転車料金は有ったので通れるはずだが

01

こうなりました。これ50円じゃないよね。このトンネル需要も高く、開通したのは比較的新しいというのに狭い。歩道部分はお飾りで歩ける状態じゃない。こんな所自転車は無理なのだろうが、来るような奇特な奴は滅多に居ないらしい。夏に一日1、2名来るそうなのだがこうして送るのだと。

01

トンネルを抜け更に別のトンネルを抜けて龍門斑公園へ。

01

咲の舞台でございます。

01 01

お次は橋の袂

01 01

良く見つけたものだと感心せざるをえないな。ここはこんな感じ。

01

穂高かな。

01

ここまで来たのだからとわざび園に寄る。

01

山並みを撮ってみる。松本は四方が山で何処でもこんな感じ。

01

次はここから南西の方なのだが、一度市街に寄ってここへ

01

ここから松本電鉄に沿って西へ。撮影地点から一番近い駅に寄ってみた。

01

咲1巻の舞台。何故見つけられたのかと小一時間。

01 01

01 01

01 01

01 01

この付近にはこんなのがありました。

01

ここから塩尻のホテルまで移動した。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。