羽村~高崎

今年の四月頭、羽村から名古屋まで小諸経由で自転車で駆けた日記を記します。まずは前日。新幹線に乗って輪行。友人の家のある羽村まで移動。一泊して次の日の朝から自転車のたびの始まりです。

東京から始める手も考えましたが、無駄に市街地を通ってもあまり面白くない。故に友人宅のある羽村から出発としました。まずは飯能まで。色々ルートがあって戸惑うものの適当に進行。ちょとした峠を越えて飯能に到着。その道中はこんな感じでした。

01

梅。桜の開花は今年は遅かったので駄目駄目でした。飯能からは一本道。飯能からは300mの標高を登ります。大した距離ではありませんので都心で自転車乗りの方は挑戦するのも悪くないです。秩父街道をひたすら進みますが、道中にコンビには無く、仕方なく駅の売店にて補給。

01

小休憩でまったりしていると特急登場。秩父への移動は大半の方がこれを使いますね。

01

峠の頂上付近のトンネル。ここを抜けるといよいよ秩父です。

01

秩父入り。

01

ここから一番近い舞台はここでした。

01 01

南へ向かい羊山公園へ。

01 01

桜はさっぱりでした。咲いてくれることを願ったのですが仕方が無い。

01

芝桜は拝めず殺風景な背景。

01 01

良いタイミングで来るとこんな感じです。

01

北へ向かい西部秩父駅へ。

01 01

商店街を歩きます。

01 01

01 01

01 01

凄い数のグッズでした。全部買い揃えるのは無理です。北へ向かいます。

01 01

01 01

商店街を歩いてとあるお店にて。愛想の良いおばさんに相手されて購入。ここで一服。

01

カステラの箱の内側を見せてもらった。

01

秩父神社で痛絵馬鑑賞。

01 01

01 01

01 01

ほっとすぽっと秩父周辺。

01 01

01 01

01 01

これは何ですかw

01

01 01

定林寺へ。

01

01 01

ここにも絵馬有り。

01

近くの公園。

01 01

01 01

開花具合はこんな感じでした。

01

秩父橋。晴天には恵まれず。

01 01

ここから墓地へ。途中の自動販売機。

01

自転車屋。

01

墓地。結構広いところで特定するのに難儀。

01 01

墓地へ至る道はこんな感じでした。

01

アミューズパークへ。結構な登坂を強いられました。

01 01

鍵いっぱい。

01

ほっとすぽっとに戻って休憩。

01 01

カレーなう。あまり繁盛はしていないとの事でした。

01

秩父に別れを告げて高崎へ。こちら方面も峠越えです。

01

峠に入ったところで本降りに。神川(埼玉)から藤岡(群馬)の眺めです。

01

群馬突入。本日の宿泊地はまだ先です。

01

市街を進んでいるとこんなものを目にしたので

01

色々と試行錯誤。

01

01

まあまあかな。工場の煙凄いなと思いつつ

01

路の駅へ。

01

割と大きめの所で色々見て回った。花があって

01

おみやげがいっぱい。ここのは触手が伸びそうなものばかりだった。

01

01

日も暮れてライトをつけてもう人頑張り。ホテルに到着しました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる