名古屋駅 自転車で雛見沢 【ひぐらしのなく頃に】

今までの探訪で撮り損ねの物件をまとめてみます。後は細かいのが少し残っているだけになります。まずは名古屋駅(東京駅)から。2009年9月27日撮影です。

01 01

01 01

探訪箇所は数あれどここまで人が多く通り過ぎた場所も無いでしょう。そして先日の自転車で行ってきた奴を貼り付けます。

天生峠突入は16時前だったのに峠頂上は日が暮れていました。

01

ここからは楽しい下りの時間なのだけれど日が暮れているので速度が出せずにしょんぼり。下っている最中に本日の宿泊先から電話。今日は民宿に泊まるため夕食の時間がシビア。間に合わせるつもりだったのだがなあ。19時前にどうにか到着。手がかじかんでいた。到着してすぐに夕飯。

01

01

01

ちょっとだけ冷えてしまっていたけれど満足でございました。この後白川郷の湯へ。

01

広々とした湯を堪能し夜の散歩としゃれこむ。

01

大したものは撮れなかったけれど。宿に戻ってすぐに眠りに着いた。

10/5の記述の前に宿泊について少々記述。白川郷という辺境の為宿泊には一苦労。ふらりと寄って宿泊する場所ではない。そして予約はすぐに埋まる。そう考えていた時期が僕にもありました。今回は早々に予約して宿泊。実際に泊まって宿にあった連絡ノートに目を通してみると意外と飛び込みでの宿泊客も居たことを知らされました。

今回の遠征の前に「白川郷は東海北陸自動車道の開通によって宿泊客が少なくなっている」という話を聞いていました。ならば予約は簡単だろうと宿泊を工程に入れてみました。そして宿の方に話を伺ったところ、減った様子は無いとのことでした。泊まった一軒だけで判断するには材料が少なすぎですが。

宿泊客の中には香港の方もいらっしゃいました。国際色豊かな観光地です。

朝起きて見ると生憎の雨模様でした。ただ、これはすぐに止むとのことで一安心。雨の中を早朝の散歩と洒落込みます。民宿宿付近から直に行く裏道を通って展望台へ。

01 01

01 01

霧の白川郷でございます。

01

コスモスを入れて適当にぼかし。宿に戻ります。

01

こちらが今回宿泊した「大田屋」です。

01

朝飯はこんな感じでした。この後は少しだけ巡って城端に向かいます。まずは古手神社へ。

01

01 01

01

診療所へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

ここから北に。祭具殿です。

01 01

01

どぶろく祭りの準備でした。前原邸を。

01 01

01 01

工事現場への道は封鎖されていました。

01 01

レナとエンジェルモートへ向かう道です。ここからいよいよ城端へ向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる