スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白川郷-金沢市街 【東海北陸を行く】

10/5の記述の前に宿泊について少々記述。白川郷という辺境の為宿泊には一苦労。ふらりと寄って宿泊する場所ではない。そして予約はすぐに埋まる。そう考えていた時期が僕にもありました。今回は早々に予約して宿泊。実際に泊まって宿にあった連絡ノートに目を通してみると意外と飛び込みでの宿泊客も居たことを知らされました。

今回の遠征の前に「白川郷は東海北陸自動車道の開通によって宿泊客が少なくなっている」という話を聞いていました。ならば予約は簡単だろうと宿泊を工程に入れてみました。そして宿の方に話を伺ったところ、減った様子は無いとのことでした。泊まった一軒だけで判断するには材料が少なすぎですが。

宿泊客の中には香港の方もいらっしゃいました。国際色豊かな観光地です。

朝起きて見ると生憎の雨模様でした。ただ、これはすぐに止むとのことで一安心。雨の中を早朝の散歩と洒落込みます。民宿宿付近から直に行く裏道を通って展望台へ。

01 01

01 01

霧の白川郷でございます。

01

コスモスを入れて適当にぼかし。宿に戻ります。

01

こちらが今回宿泊した「大田屋」です。

01

朝飯はこんな感じでした。この後は少しだけ巡って城端に向かいます。まずは古手神社へ。

01

01 01

01

診療所へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

ここから北に。祭具殿です。

01 01

01

どぶろく祭りの準備でした。前原邸を。

01 01

01 01

工事現場への道は封鎖されていました。

01 01

レナとエンジェルモートへ向かう道です。ここからいよいよ城端へ向かいます。幾つかの洞門とトンネルを抜けて北へ。

01

鉄塔に雲がかかり

01

長い下り坂を進むと

01

県境に。富山県でございます。正確にはこの辺り岐阜と富山を行ったり来たりになります。山間を縫う河を越えて五箇村へ。

01

こちらは菅沼合掌集落。容易に寄り道出来るのは自転車ならでは。

01

川沿いの花からぼかして撮ってみました。ここから城端までは結構きつい上り坂。とはいえ昨日の天生峠からすると遥かに楽。無事峠を登りきり下り坂へ。しばらくすると見晴らし場に到着。

01

城端へ入ってとりあえず寺周辺へ。まずはじょうはな座。探訪者と思しき人がいたので話しかけてみる。彼は明日ぼんぼり祭りに行く、その前日の今日は城端を巡ってみたのだ、と。同じことを目論む人が他にも居てよさそうだったけれど公共の交通機関で城端-金沢はちょっと遠い。本日金沢に宿泊するのであれば夕飯を一緒に食べないかと誘ってみたら承諾を得た。旅先で見知らぬ同好の士と楽しむ。これも旅の醍醐味か。

01 01

大した装備ではないけれど4年前のコンデジよりは性能up。正面からでも充分に。

01 01

むぎや祭りポスターの背景。駅へ。電車が止まっていたので撮ってみる。

01

ノートに落書きして福光駅に。途中電車が来たので撮ってみた。

01

福光駅に到着。舞台巡り。

01 01

01 01

ここから湯涌に行く前に昼飯を食べようと喫茶店をぐぐる。入ってみたは良いがマスターは耳の遠いお婆さん。こりゃ駄目かと思っていたら予想に反して美味しかった。

01

満足して先に進む。途中でロード乗りが向こうからやってきた。そういえば本日出会う最初の自転車乗りだった。

01

これはスノーシェルターという奴か。中国地方にもあるけれど、雪深い地帯を進んでいることを再確認。

01

福光から湯涌までの道はこんな所を通ります。これは面白い。

01

石川県突入。ここから楽しい下りです。

01

本日の移動中に見かけた標識。これは何ですか、とツイッターで呟いたら反応が良くて満足でした。

01

湯涌は祭りの前日の空気がして否が応でも明日が楽しみになります。

01

このお姉さんの正面からの写真もあるのですが、ブログでは自重。良い反応でした。

01

01

痛車。明日はもっと増えます。本番には入れない玉泉湖へ。

01

01

01

ここから本日の宿泊地金沢市街へ。湯涌に到着して早々凝った案山子をたくさん見かけたのだけれどスルーしてしまった。市街に行く前に少しだけ撮影。

01 01

その途中でこれを撮影。もう一箇所あったことに気づいたのは市街に入ってからだった、トホホ。

01 01

01 01

01

湯涌の夕焼け。本日は昨日、一昨日と比べて余裕有り。ホテルにチェックインして連絡を待つ。金沢駅にて待ち合わせをして適当なラーメン屋へ。この店昔は美味しかったらしいのだけれど今は駄目とのこと。そんな店なら他に客も居ないから良いかと思ったらその通りだった。

01

色々話をして分かれてホテルに戻った。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。