スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての六甲山ライド

以前2号線を走って帰路に着いているときに六甲山に上るにはどう行けば良いかと尋ねられたことがありました。分からなかったので答えようがなかったのですが、この時に六甲山にいずれ行く必要があると動機が生まれました。では行こうということで適当にルート検索。最初に出てきたのが裏六甲ルート。他にもルートがあり、何回か挑戦する必要があるのだと悟りまず手始めにこの裏六甲ルートから偵察がてらに出撃、と挑みました。



裏六甲ルートは県道15号線から分岐して住宅地を抜けて有料道路手前から曲がって進む道です。まず初見の人が選ぶルートでは無かったですね。本当にこの道で大丈夫なのか確認しながらの進行でした。登山道に入ってからは安心して進んでいたのですが、到着したのが交差点。ここで盛大に迷います。この交差点が結構な高度にあり、正しいルートに進むと下りになったため右往左往して東に進むのが正しいと判明するのに時間を食いました。

その後も途中にある施設に惑わされ、六甲山山頂駅に無駄に寄り道しながらどうにか一軒茶屋に到着しました。

01

一軒茶屋。多数の自転車乗りが訪れていますが、それ以上に登山客が訪れていました。ここから六甲山最高峰までの道があるのですが、徒歩で移動しました。自転車で行く人も少なくないのですが、あまり良い道では無かったので止めておきました。

01

その途中から瀬戸内海方面を。来るなら晴天の日が良いですね。

01

程なくして最高峰地点。電波の入りは良くないです。

01

一軒茶屋に戻って昼飯。ここは水道が来ていないということで食事を頼んだ人のみ一杯だけ水が貰えるというシステムでした。登山客のためのお店ですね。休憩するなら交差点付近のお店がお勧めです。

この後は西六甲を通って帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

再び出張先へ(広島~西神戸)

5/5.私のGWは最終日。新幹線で帰るのは予定通りだったのですが、混雑を恐れて始発に乗り込むことにしました。日が昇り始めてから出発。



01

何時もの太田川沿いにて。本日は晴天になりそう。

01

広島駅にて自転車を袋詰めして新幹線に。これが始発です。本日の新幹線は午後の便は満席とか言ってましたが、始発はこんなものです。ニュースというのはインパクトのある所を大袈裟に紹介するものですなあ。

01

姫路にて降車。明石まで鈍行で行っても良かったのですが、せっかくだからと姫路城へ。8時前に着くも開城は8:30から。この辺り城の運営はもっと早くから開けても良いと思われます。

01

せっせと天守閣へ。

01

駅方面に望遠。その向こう側に瀬戸内海が写っているのが良い感じです。

01

天守閣を降りて広場から。後しばらくしたら凄い人だかりになる地点。

01

有料区間を出てコスプレ担当のお兄さん登場。せっかくだからと色々な角度から撮影。
したのですが、全部イマイチでした、人を撮るのは難しい。

この後は2号線に沿って帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

広島の休日(竹原~呉)


5/4は晴れ。前日ロングライドをやっていたので友人の車で遊びに行く事にしました。
まずは竹原へ。

風が強かったのでこんな日は鯉のぼりを撮るべきだよね、ということでバンブージョイへ。

01

狙いは良かった模様。但し強すぎで幾つかの鯉のぼりが絡まっていたのは想定外でした、無念。
この後は臨時駐車場である某小学校のグランドに停めて街並み保存区へ。もうすぐパレードの時間帯ということで撮影しに。

01

スタート前。ちなみにこの時点で別の知り合いが




こんな事やってました。なんと楽しそうなことを。

01

パレード開始。本当に良いお天気。ちなみに前日は午後からは小雨に祟られて中止だった模様です。
この後は竹原を離脱して呉に。その途中で「武智丸」を見に行く事にしました。
横を通り過ぎたことは何度もあったのですが行くのは初めて。

01

武智丸(たけちまる)は、第二次世界大戦(太平洋戦争)中の日本で戦時標準船E型に準じてコンクリート船として竣工した大日本帝国海軍所属の貨物船で、EC型戦時標準船とも呼ばれる。同型船4隻が作られたが、うち2隻の船体が広島県呉市安浦町の安浦漁港の防波堤として現存している。
wikiからの引用でした。

艦これの時代の船で現存しているものはないのですが、こうして船の機能が無くなっても形だけは残っているということで気になった方は訪れるとよろしいかもしれませぬ。場所はこちらになります。



この後は飯を食おうということでアレイからこすじまの近くのセブンイレブンの二階の喫茶店へ。

01

潜水艦を眺めながら飲食が楽しめる、というのが売りだそうですがちょっと遠い。これは望遠にて。食べたのはくろしおカレーでした。

01

アレイからこすじまにて。就航したばかりの潜水艦を。尚、呉遊覧船巡りではこの潜水艦の前まで来てました。利用するのもありかもです。この後は入船山記念館へ。ここも来るの初めて。

01

西洋風の内装と和風の内装が楽しめる文明開化ならではの作りが面白いのです。

01

襖の先には西洋の廊下。

01

中の展示物も色々あって提督さん達ならば楽しめること請け合いです。これは真鍮で作られた大和。
この後は帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。

明石から広島のライド

GW突入。長い人は既に連休に入っていたのでしょうが、私は3-5まで。せっかくだからと広島に帰省することにしました。普通なら公共交通機関を使っての移動なのですが、せっかくの連休。なら自転車で移動するのも悪くない、と片道290kmを一気に駆け抜けることを計画します。

問題は天気。3日の夕方からは雨ということでその前に到着している必要があります。16時到着を目論んだ場合、ざっと余裕を見て20時間程必要だから出発は2日の20時。夜戦を経てからの走行となりました。



とりあえず姫路までは既に何度か行ったことがあるので問題なし。2時間ほどで到着し、その先は未知の領域。しばらく進んだら飯にしようと考えてはいたのですが、適当な店を見いだせずに県境まで進んでしまいました。これはまずい、とちょっと先に進んだコンビニで休憩。こんな辺境では飯屋なんてやってない。調査不足を嘆きつつ、軽めに補給をして先に進みます。

しばらく進むとトラブル発生。なんとライトの電池切れ。先ほど休憩したコンビニで充電を少しやったのですが、その程度では足りなかった模様です。アイフォンの懐中電灯をライト代わりにして少し進むとコンビニ。ここで懐中電灯と電池を購入し自転車に括り付けます。その間にライトは充電。近くにあった吉野家にて飯を食べます。24時間営業って素敵。

01

ありあわせのライトということもあって速度は緩め。で進んでいたら眠い事眠い事。これはまずいと別のコンビニで眠気覚ましのガムを購入します。これがかなり効きました。それでも夜が明けたらどこかで仮眠出来る所でも無いかなあと思いつつ進んだら夜明けになりました。

01

これはもう行ける所まで行くしかないと腹をくくって先に進みます。広島県に突入し、自分の活動範囲に近づいてきました。福山バイパスから良く分からない分岐道を経て尾道へ到着です。

01

適当な喫茶店が無いものかと探していたら発見。メニューも見ずにモーニングを頼みます。

01

食事を終えて出発。しばらく尾道を散策します。いつもの向島フェリー。

01

尾道レンタルサイクルセンターでは大行列。本日は午後から雨だというのに凄い人。これがGWという奴なのだな、と思い知らされました。それを横目に広島まで後90km。途中天気予報を眺めつつ天候が回復して来たら竹原にでも寄ろうと目論んだのですが、それは叶わず。12時位から雨が降り出すということでまっすぐ進むことにします。12時前から雨が降り出したものの、12時過ぎに到着。予定より4時間早い到着となりました。

01

その後は風呂に入って選択をしてお布団へ。夜になって起き上がり行きつけの喫茶店に行って夕飯を食べに行きました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

初めての淡路島一周ライド

西と東の後の北遠征を終えてお次は南です。と言っても南は海で、そこに浮かぶ瀬戸内海最大の島淡路島の走破にかかります。
フォロワーさんの間で耳にする通称アワイチこと淡路島一周ライド。今の自分ならなんなく抜けられることは確定。問題はどう走り抜ける。風景がよい場所、美味しい店、が何処なのかわっぱり分からないことです。それはとりあえず一周走ってそれから調べるほうが自分らしい、と大した前調べをせずに出発します。

とはいえ、最初の上陸の所だけは調べます。淡路島に自転車で上陸するためには専用の船に乗船する必要あり。そして日曜日は他の日と違って朝一の便が遅め。これひょっとして混むのではないだろうかと早め(30分前)に明石港に向かいます。すると既に数人の自転車乗り。気合入りすぎでしょと思いつつもしばらくうろついて様子を見ながら末路更に人が増えてきます。乗船前には40人ほどの自転車乗りがやってきました。



この船の固定枠は20程。なら幾人かは積み残すのかと思いきや頑張って全部載せました。

01

慣れているというべきでしょうか。船で島に向かう経験は何度もありますが、バイクより自転車が多い路線を見たのは初めてでした。

01

20分もせずに淡路島到着。早々に下船して一枚。進行方向だけ確認してとりあえず出発します。あんまり難しく考えずに進んでいたら同じ始発船に乗っていた面子の中では最前線に出ていたようです。ハッスルしすぎです。

少しだけ調べた情報だと南の方に行くとコンビニが無くなるのでその前にしっかり補給するのがコツだそうでしたが、見事に最後のコンビニを無視して南の山岳地帯まで進みました。山岳地帯をどうにか超えて南の海岸沿いの道に出たのですが、この辺りが向かい風でガリガリとSAN値が削られていきました。これはまずいということで適当に風景でも撮ろうかと小休止。

01

試行錯誤していたら猛者が一人抜き去っていきました。この方はおそらく次の船に乗って来た方。ガチ勢まじ半端ねえということを体感して自分の速度で進みます。

01

南西部にて道を見失いしばらく彷徨います。そして道の駅の案内標識を見てそこを目指します。着いたのがこちら道の駅うずしお。地図を確認すると淡路島一周コースからは少し離れた場所でした。淡路島の半周程という事でここで昼飯にします。

01

展望所から。

01

そして食べたのがこちら。
「俺のガツめし」

量的には問題なかったのですが、齧り付くのは性に合わなかったので用意されたハサミで細かく切るのが面倒でした。

この後は残り半周を走るのですが、地味なアップダウンが続いて体力を削られました。途中コンビニでの休憩を何度かやった後、船の出発時間に合わせて駆け足で進みます。一本遅らせて最後の手前の道の駅に寄っても良かったのですが、今回は最初だからと早めに切り上げました。

01

そして14:00に乗船。自転車の積み具合はこんな感じでした。朝一はやっぱりおかしかった模様。一人で走って楽しんだかと言われると情報不足で次はもう少しじっくり走るべきだなと感じたライドでした。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。