スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の城へ

明石から西と東には行きました。では次は北に行ってみようと適当な目的地を探します。そういえば竹田城があったな、と距離を調べてみると80km強。程よい距離だけれど城を巡るのは効率良く行かないと厳しいな、と大体の案配を考えて5時過ぎに出発します。



01

出発して2時間ほど過ぎた辺りで寄ったセブンで休憩していると近くから気球が。近づいて撮影。

01

望遠にて一枚。何のイベントかは分かりませんでしたが、ちょっといい感じでした。更に北へ進みます。

01

川に沿って進んでいると八重桜。近くで見ると結構散っているのですが、遠くからならまだ見れる状態でした。

01

兵庫県も中国山地だから北に行くには結構な峠をいくつも超えていくのだろう、と構えていたのですが実際はそんなことはなく。この峠が最高峰で後はなだらかな土地を行くだけでした。そのおかげで予想より早く到着できました。

01

まずは立雲峡へ。上の展望台まで駆け足で上ります。到着したのはいいのですが、距離があるので撮影は難航しました。何枚も撮影して家に帰ってから確認。カメラのモニタでは撮影具合がわからないのがもどかしいものです。

01

お次はお城へ。麓の山城の里に自転車を止めてバスにて。結構な距離があるので歩くのは最初から放棄でした。バス停から更に1km程歩いてようやく城跡に到着。もう少し澄み切った空が欲しかったところです。

01

城の端から天守閣を。ここからだと安全対策の柵が色々と景観を勿体なくしているのが辛いところです。

01

三年前に訪れたときはこんな感じでした。竹田城が有名になって多数の人が訪れるようになり安全対策をする必要が発生。その結果一部景観が勿体ない事になったのは本当に辛いところです。もっと辛いところはこれだけ予算をかけても此処に訪れる人がそんなには増えていないことですね。観光は本当に難しい。

01

ここで近くに住んでいるフォロワーさんと合流することとなり麓の山城の里で昼食。近くに住んでいるけれど此処に来たのは数年ぶりとのことでした。地元の観光地ってやつは特別な用事が無い限りスルーしてしまうものですね。

01

フォロワーさんと別れて一路帰路へ。来た道と微妙に道を変えて。その途中の道の駅にて。
1つ250円。高いだけあって美味しゅうございました。

01

そして再び帰路に着くとパラグライダー。距離が離れすぎて撮りようがありませんでしたが、どんなものでしょうか。この後はひたすら漕いで日が暮れて少し経ってから帰宅しました。
この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

桜の吉野へ 【シノハユ】

桜の時期に合わせて奈良県は吉野の5巻の表紙と他の地点を巡ってきました。晴天ではありませんでしたが、同好の士と幾人かに会うことが出来てなによりな探訪となりました。まずは探訪分をさらっと。



01 01

第4巻P90-91。
阿知賀編でお馴染みの銅の鳥居。

01 01

第4巻P92上段。
銅の鳥居から少し進んだ所から。寺からは結構離れてます。

01 01

第4巻P93左下。
寺の敷地内。上の方です。

01 01

第4巻P95左下。
花矢倉に向かう途中の民家。

01 01

5巻表紙。

01 01

第6巻P75。ロープウエー乗り場から少し上に登ったところを振り返って。

5巻表紙のカットはこの季節に来る必要がありますが、他のカットは観光客大杉で他の機会に回るのが賢明ですね。
探訪分はこれでお終いです。この後は観光分を。

朝一の列車に乗り込んで吉野駅に到着。ここからはバスに乗って中千本へ。

01

バス停から上に上るための会談は行列になっていました。流石は桜の季節。ここから花矢倉展望台まで歩きます。

01

花矢倉にて。葛湯を注文し一休みして撮影。今年は晴天に恵まれませんでした。

01

望遠で某寺付近を。既に凄い人が歩いています。ここから下るつもりでしたがちょっとだけ上に行ってみることにしました。

01

高城山頂上付近から。ここからちょっとだけ下って隣の山に向かいます。

01

古道。桜なんて無くなりましたが更に進みます。

01

と思ったら再び桜。この日知ったのですが、この辺りは奥千本と呼ばれているそうです。満開にはちょっと早かったようです。満足して下りこの日に吉野に訪れていた友人との合流を目指します。例の旅館前で無事合流。幾つかのカットを回収して吉水神社で再合流。

01

こんな大きな観光地で痛絵馬とは。攻めすぎです。

01

この吉水神社からの景色を一目千本と呼ぶそうです。

01

そして5巻表紙の場所へ。友人が単行本を合わせているシーンを頂きました。
この後は友人と別れ帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

再び姫路城へ

桜の満開から1週間。例年ならもう葉桜に近い状況になるのですが、今年は持ちがよくまだ見れる塩梅でした。ならば前週のリベンジということで姫路城へ向かいます。



01

近くの城見公園から。少し散っていますがまだ見れます。

01

今回は前回ほどの待ち状況では無し(それでも1時間)覚悟を決めて行列に並びます。

01

内部の結構散った桜の下にて。

01

城内部へ。まだまだ続く行列の途中にて。

01

人いっぱいの天守閣から。細かく一つ一つの窓から撮影開始。

01

姫路駅方面を。ブルーシートは確かに風情を損なってるかな。
良く見てみると瀬戸内海も少し写ってました。

01

天守閣を降りて帰路に着きます。

01

家近くにて。桜と夕日という構図に挑戦。無理ですね(´・ω・`)

01

単に夕陽のみで。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

神戸市から西に東に

気づいている人も少なくないと思いますが、神戸に長期出張となっています。
そして迎えた最初の休日。せっかくの桜日和ということでまずは西に進みます。



01

2号線をひたすら進んで姫路城へ。物凄い人だかり。天守閣に向かって歩を進めます。

01

堀。

01

天守閣に来てみたもののこの案内板。うん、無理。

01

天守閣入り口近くから撮って東に向かいます。

01

明石城址。姫路城程の人では無いものの結構な人だかり。櫓から横向きに。

01

公園を少し歩いて更に東に進みます。

01

西宮市のとある坂から。近くにいた人に「ハルヒですか」と尋ねたら「ハルヒです」と返答頂きました。
少し曇ってきたのがやや残念。

01

桜を望遠を使って。ここから夙川公園へ。

01

適当に列車と桜を。

01

夙川公園。上手く撮れないものです。ここから喫茶店へ。

01

某喫茶店にて。お勧めはこのワッフルだそうです。

01

西宮北口駅へ。再設置された時計をようやく見ることができました。

01

時計の足ものの飛び出し坊や、ハルヒバージョン。これも初めて見ることができました。ここから西に向かって帰路につきます

01

2号線をひたすら走って帰るのですが、この道は本当に信号峠。予想以上に時間がかかって帰宅出来たのは夜も遅くなってからでした。その途中の明石大橋付近にて。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。