全国①~⑤、季夏 【シノハユ the down of age】

10月号で七類物件が大量に出てきたので早速行ってきました。その前に全国物件と4巻目次等を。行った順番ではなく物語の時系列順に行きます。



01 01

全国①。P629、出雲縁結び空港。北側の土手からの撮影でした。広角が無いと全部入らないです。

01 01

全国④。最初のカットは華蔵寺の展望所からでした。

01 01

01 01

4巻表紙。七類のカットの角度違いでした。

01 01

4巻目次。宍道湖夕日スポットから警察署方面を。

01 01

全国⑤。P284、上段。

01 01

P284、中段。

01 01

P285、上段。

01 01

P285、下段。次から第25話「季夏」

01 01

P405、上段。七類の神社。

01 01

P405、中段。

01 01

P405、下段。

01 01

P406-407、見開き。

01 01

P408。

01 01

P409、上段。

01 01

P410、上段。

01 01

P410二段目。

01 01

P411、上段。

01 01

P411、3段目。

01 01

P411、下段。今までの場所から離れて奥の方の壁の階段を上った所から。

01 01

P412、上段。上の階段の手前の道路辺りから。

01 01

P412、3段目。以降恒例の岩付近。

01 01

P412、下段。

01 01

P413、上段。

01 01

P413、2段目。

01 01

P413、下段。

01 01

P414-415。

01 01

P415、左。

01 01

P416、上段。場所変えて前の七類のカットの角度違い。

01 01

P420、上段。候補がいくつかあるのですが、P412、上段。のカット近く。

01 01

P428。何時もの橋のカット。

01 01

P430-431。西灘公園。

01 01

P432。西灘公演近くの電信柱&カーブミラー。ポスト近く。

今回は大半が七類でしたが、これでも天気予報は晴れなんです、晴れなんです。
華蔵寺の展望所は公共交通機関はおそらく無いので自走してください。レンタルサイクルだとかなりの難所になると思われますが、景色はかなり良いです。

01

01

こんな感じでした。もう少し雲が少なければヽ(`Д´)ノウワァァァン
この項はこれで御終いです。
スポンサーサイト

山口県北部巡り

9月の最後に連休をもらったのでちょっと遠征に出かけてみました。行き先は山口県長門市。以前全部知ってる?米国CNNが選んだ『日本の最も美しい場所』31選にて存在を知ったのですが、行くのを後回しにしていたらこんな時期になりました。天候は見事に晴れということで期待も膨らみました。

少々遠いので自走は諦め近くまで輪行。始発に乗り込み2度の乗り換えを経て9時前に長門市駅に到着。最寄りの駅は長門古市駅なのですが、接続が悪く待ちの時間が長かったためここから出発です。長門古市駅から北に進み一山超えて下っていくと目的地の神社がありました。



01

元乃隅稲成神社。平日でもちらほらと人が居ました。ど辺境なのですが。

01

01

予想よりこじんまりとしていた、という所でしょうか。悪くない場所でしたが、これだけの為に遠征はちょっときついですね。この後は山陰をひたすら東へ進みます。
ところが本日は風が強くなかなか速度が進まずに時間だけが過ぎていきました、辛い。

01

途中の名も無き展望所にて。この先に鉄の方には有名なスポットがあるようですが無視して先に進みます。

01

須佐トンネル出口。ここは数年前に崩落した場所ですが綺麗に修復されてました、当然か。

01

崩落当時はこんな感じでした。ここからホルンフェスを見に行きます。

01

191号線から分岐して更に僻地へ向かうとこんな所に出ます。

01

ホルンフェス間近までの歩道はろくに整備出来ず辛うじてこの手摺がある位です。

01

到着。だからどうした、と思ってしまうのがここまで来るのがキツ過ぎたからかな。この後は行けるところまで東へということで浜田を目指します。

01

夕日パーク三隈。予定ではここで夕日が観れると期待していたのですが、時間消費が激しくて日が沈んでかなり経ってからの到着となりました(´・ω・`)ショボーン
この後は浜田のちょっと先の民宿をとってそこに宿泊しました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

しまなみ、さざなみ海道を駆け巡る

今回もしまなみ巡り、と意気込んだものの雲が多くてやる気が下降したので切り上げて竹原に遠征してきている友人に会う事にしました。澄み切った青空にはなかなか巡り合わないものですねえ。



今回は最初にバス移動。しかも尾道駅で降りるのではなくそのまましまなみ海道の途中まで進みます。終点は因島のとある港なのでその手前、橋の近くで降りました。そこから自走開始。大三島の立石展望台に向かいます。

01

どうにか到着。この展望台入口はそこそこ分かりやすかったのですが、途中からがよろしくありませんでした。ここに訪れる人が少ないせいか道には大量の落ち葉。自転車で行くのはお勧めできない展望所でした。この後鷲ヶ頭山に向かおうと考えていたのですが、この立石展望台で時間とやる気を削られたので切り上げて忠海に向かいます。大三島の港に到着し、30分待って出航。30分弱で忠海に到着しました。ここから寄り道せずに竹原へ。30分程で到着しました。

01

友人はゆかりに居るという事なので早速。ランチがまだ残っていたようなので注文。久しぶりのゆかりのランチでした。しばらくすると我々以外の客が居なくなったので某カットを撮影。

01 01

ちょっと手を抜きすぎた撮影になってしまいました(ノ∀`)アチャー
しばらく雑談した後に分かれて帰路に着きます。
このまま普通に帰るだけでも良かったのですが、今日はまだ上り分が少ないということで野呂山に向かいます。ロータリーの標高が750m。しまなみ海道のどの山より高いのですが頑張ってみました。

01

疲れました。このロータリーから更に登れば展望台があるようですが、下調べが出来ていなかったためここで引き返します。途中の鉢巻展望台に寄り道。

01

上まで登る必要はなかったようでした。ここは大体半分位の標高だったような。

01

安芸灘大橋も次の橋も見えます。

01

更に降ってきて棚田付近。彼岸花がいい感じだったので撮ってみました。
この後はひたすら帰路に。呉市街を過ぎて日没間近となり必死で漕いでいたら

「ママチャリに乗ったスーツを来たおじさんに追い越されました」

目を疑いましたね。一体何者なのか、と。速度を上げて追いかけましたが信号に阻まれて見失ったのが不覚でした。
日が暮れてから小一時間走って帰宅しました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

しまなみ海道を駆け巡る その2

本日はシルバーウィーク真っ只中。でもそんなの知らんがな、と余裕こいて走行開始。初っ端から予定が狂いまくりの厳しい工程になりました。



前回が広島県側の展望所巡りだったので今日は愛媛県側を巡ろうということで今治まで行くことに。岡村港から進むと距離が結構長いので今日は広島港から松山に渡ってそれから今治まで走ろうと予定。広島港の始発の15分前に到着します。

01

ここでこれだけの自転車を見るのは初めて。流石は5連休、と余裕を持っていたのですが発券待ちの客を捌ききれずに出発してしまいました。これは想定外。ではとびしま海道経由で行こうと思うも時間はギリギリ。間に合わなかったら仕方無し、と開き直って必死で進みます。

01

途中の呉駅にて。凄い行列になっていますが、とあるICカードの待機列だった模様です。とびしま海道に入って数人の自転車乗りを見ましたが話しかける余裕は無し。ひたすら先に進みます。どうにか岡村港に到着し乗車券を購入。フェリーが来るのを待っているとちょっと前に追い越した自転車乗りの方が登場。彼らもこれに乗るつもりでしたか、と思ったら発券出来なかったようで摘み残しとなりました。こんな辺境の港でもこれとは。5連休恐るべし。今治についたらとあるお店にて昼飯を食べることにします。混んでいたら諦めようと思っていたら数分待ちで済みそうなので入店しました。

01

白楽店にて焼豚玉子丼。私が入店した後更に客が増えてました。早々と食べて撤収しました。私はこの手の気負わなくて済む料理の方が好きなようです。相席をお願いされたこの辺りの方に次の目的地である近見山への分岐地点を教えてもらいました。地方の展望所はぐーぐる先生でもしっかり案内出来ないので地元の人に聞けるならそれが最善なのです。

01

近見山展望台から。駐車場から結構歩かされるのが辛うございました。

01

ここからの今治市街の展望もなかなかでした。

01

尚、駐車場からの景色はこんな感じである意味展望台より橋が見えるというのが微妙な気持ちにさせられました。次に目指すはカレイ山展望所。だったのですが、盛大に迷いました。道なき道を進まされてどうにか到着しました。辺境の展望所はこれがあるのが辛い所です。

01

カレイ山展望所。来る途中の石材所の敷地が個人の敷地だろうと判断した事が迷う理由だったのですが、知らないと判断に難しいことはあるのだ、という教訓にすることにします。

01

ここにある喫茶店にて。1日限定のカレーは勿論売り切れてました。珈琲を一杯頼んで一枚。予想以上に時間を取られたので本日は寄り道せずに尾道へ。

01

とはいえ、補給の為に寄ろうと思った某お店ですが凄い人出。この駐輪場が埋まっているのを初めて見ました。諦めて先のコンビニで補給。本日は想定外の工程で既に疲労困憊。痙り掛けの足を騙しつつ進行。

01

終盤、夕焼けと撮ろうと思うも雲に隠れて微妙な塩梅に。それでも一枚撮って駆け抜けました。
この項はこれで御終いです。

しまなみ海道を駆け巡る その1

9月はしまなみ強化月間と勝手に決定。晴れた日は積極的に走りに行こう、ということで行ってきました。
一回目は軽く、という事で岡村島から大三島に向かうショートカットルート。日が暮れるまでにいくつの展望所を巡れるかというちょっとしたタイムアタックな工程になりました。



01

日が登るちょっと前に出発し何気ない川原にて撮影。前日の朝雨だった影響でこんな状態に。今日はかなりの晴天が望める、とテンション上がりました。

01

とびしま海道走行中。雲がここまで少ない日は珍しいです。無事に岡村港からのフェリーに乗り込み大三島へ。、

01

大三島に上陸したら北回りで大山祇神社へ。今回はちょっと眺めるだけ。

01

多々羅展望台に登って一枚。尾道方面に進み因島の白滝山へ向かいます。

01

白滝山。駐車場からの登りは結構しんどいものがありました。

01

羅漢の上の展望台へ。望遠にて橋が見えます。

01

羅漢を上から。この後は向島の高見山に登ります。

01

高見山展望台。しまなみ海道の山は低いのですが、どれも斜度がきついため一筋縄ではいきません。距離が短いのが救いではありますが。逆光ですが、夕日のよく見えるスポットということでもあります。

01

違う方向はこんな感じ。東方面なので大きな陸地が見えません。

01

最後は尾道に上陸して千光寺公園から。夕日の見える季節ではないのですが、そこそこだったかな。この後は駆け足で撤収し帰路に着きました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

たまゆら~卒業写真~ 第2部 響-ひびき-

上映始まって1週間。どうにか時間が取れたので探訪してきました。1箇所遠いところがありますが、後は大体竹原市街地を回るだけで行けます。いつもの通り時系列に沿って行きます。



01 01

01.ポスター等の響宣伝。こちらは的場の西海水浴場から望遠を使っての撮影、と思われます。
ですが、微妙に合いません。程ほどに。

01 01

02.照蓮寺。

01 01

03.抱え地蔵。

01 01

04.いっぷく周辺。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

05.ゆかり。

01 01

人多数なので撮影は次に回します。

01 01

01 01

06.ほり川。新お好み焼きです。

01 01

07.新港橋近くの小広場。いつもの場所です。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

これは住吉祭りの時の昇りで、今は撮れません。祭りの時の奴をトリミングして上げてみました。

01 01

08.道の駅近くの橋です。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

これ撮るの難しくて、自撮り棒が無いと完全一致は無理です。

01 01

01 01

01 01

09.杏竹館です。ホテルではないです。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

10.エデンの海近くの海沿いの道。竹原駅から歩くと結構な距離です。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

色々合わせづらいです。

01 01

再びほり川前。旧郵便局です。

01 01

11.普明閣。

01 01

01 01

これで御終いです。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる