スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜島ポタリング【九州地方を駆け巡る】

鹿児島サミット当日。昼間では時間があるということで適当な散策場所を検索。なら桜島ということで朝一でフェリーに乗り込んでちょっとだけ桜島を走ってきました。



01

フェリーから別のフェリーを。

01

桜島の港からこの展望台までは300m程のヒルクライム。そこそこきつい坂で既に暑くなってきて参りました。9時前に到着し、ゆっくり撮影。

01

2Fからパノラマにて。本日の天候はこれから更に雲が増えてくるというあまり嬉しくない塩梅でした。

01

遠くの風車を望遠にて。なんか微妙でした。

01

撤収開始。その途中で自転車入れて一枚。あまり良い位置ではなくて妥協となりました。

01

フェリーに乗って鹿児島港に近づくと護衛艦が泊まってました。自転車の旅はこれで一旦おしまい。後はいくつかダイジェストにて。

01

昼飯は天文館アーケードにて。豚とろラーメンを食べてみましたが予想以上に美味しゅうございました。

01

ちょっと時間を空けて再び天文館アーケード。祭りが行われてました。

01

ホテルの夕食。こちらも美味しゅうございました。
この項はこれで御終いです。
スポンサーサイト

鹿児島サミットへの道(熊本~鹿児島)

移動三日目。今日は霧島神宮付近に泊まろうかと考えていました。ですが、宿の手配が上手くいかなかった為鹿児島まで強行しました。なかなかにきつい行程でした。



01

熊本から3号線に沿って南下。まずはこの車両基地を眺めるのがお約束ですよねえ、と。何の約束なのかは分かっていませんが。

01

3号線から443号線に分岐、更に25号線に分岐して八代入り。この笠松橋にやってきました。知る人ぞ知る【夏目友人帳】2期OPの1カットですが、人吉から遠すぎるため来るのは大変です。今回はここから大通峠を超えて人吉に向かいます。

01

近くにあるこの社も。合わせるなら対岸から望遠で合わせたほうが良かったと気づいたのは帰ってからでした、辛い。

01

大通峠を進むと霧が濃くなり、峠付近では視界は悪い。晴天ならばここから不知火海が見えるそうですが駄目でした。

01

この近くにある喫茶店にて。この峠に来る自転車乗りは結構いるそうで、下の方の温泉まで輪行(自家用車で運ぶパターン)しそこからここまで上って帰る行程が多いのだとか。ここから一気に下って五木村へ。

01

こちらも【夏目友人帳】に出てきた社。合わせるならドローンが必要になりますが、雰囲気だけ。

01

北岳神社バス亭。この辺りから晴れ間が広がりました。

01

そのちょっと先の通学路。今回は望遠なしで。

01

雨宮神社のある小山。ちょっとだけ寄ってここから湯前駅へ。

01

その途中の茶畑。ここから少し迷ったりしつつ潮神社へ。
この顛末は別項目で。

潮神社からは当初の予定通り加久藤峠へ。

01

その途中のループ。こちらは人吉側。えびの側にもあります。

01

宮崎県に入って道の駅で一休み。その前の某川沿いにて。ここから霧島神宮の宿に泊まろうかと考えたのですが、明日の朝そこから霧島神宮に向かい、その後鹿児島市街に向かうのは体力的に無理があることが判明。霧島神宮の標高(1200超え)がちょっと高すぎでした。ここからヒルクライムは無理。では、この付近に泊まる意味は薄いということでちょっと無理をして鹿児島市街に向かうことにしました。55号線に沿って南下していたのですが、この道のアップダウンがかなりきつく、SAN値をがりがり削られました。本当にぼろぼろになった頃ようやく終わりが。そして日が沈む時間帯となりました。かなり良い感じだったので足を止めて撮影をしていたらこの付近に住むと思われるお婆さんに「この付近はいい塩梅だよ」と言われてちょっとだけ本気を出して撮影。

01

01

01

桜島も見えます。もっと澄んでいる時に撮りたいですね。

01

雲が結構多かったのが残念でしたが、それでも今までの疲れが飛んでいく位の景色でした。満足して先へ。

01

こちらは加治木フレンドパークから。この先の市街地で夕飯を食べ夜戦で一気に鹿児島市街へ。平坦区間で涼しくなり調子に乗って進撃してました。

01

ようやく西郷さんの像付近。ゴールはもうすぐ。

01

とりあえずゴール。ここからホテルに移動して明日に備えて眠りました。この街には既に知り合いが多数居たようですが合流する余裕は1mmも残ってはいませんでした。

走行距離:240km
獲得標高:2982m

でした。この項はこれで御終いです。

潮神社へ【艦隊これくしょん】

人吉を通るに当たって行っておきたい場所がありました。それが潮神社。

01

こちらの娘さんに縁有りか、と。艦これ提督の中には心当たりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。私がこの場所を知ったのはこのページを見てから

【艦これ】潮ちゃんのおっぱいに由緒正しい理由があったなんて…

これは行くしかない、と九州遠征で最重要寄り道地点として挑みました。まずは場所から。
上のページでも詳細な場所は記されておらず、Googleマップで調べても出てこない。当日くま川鉄道の終点湯前駅に着いて慌てました。こんな時は聞き込み、ということで湯前町観光案内所に行ってみるとここから数km離れた温泉施設の一角にあるとの事でした。もらった地図が結構いい加減で探索の結果どうにか到着。



こんな所でした。無人の神社です。

01

脇の道に入ってトイレの横の下り階段を進むとこんな感じです。

01

上の窓の部分に近づくとこんな感じ。乳房を象ったモノが飾られています。

01

正面はこんな感じ。

01

張り紙を拡大。

01

中に入ります。

01

潮神社です。

01

アレを拡大するとこんな感じ。
圧倒されつつ撤退しました。この項はこれで御終いです。

熊本-鹿児島の記事に戻ります。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

鹿児島サミットへの道(新山口~熊本)

二日目。本日は朝一から距離を稼げるだけ稼ぎます。天気予報はずっと曇り。雨が降らないならOK。朝一で出発します。



01

朝一で寄ったコンビニにて。結局大した被害はこの辺りは無かったと思われますが、手堅い商売ですね。

01

山口県は最後まで延々と上り下り。それでも関門海峡近くになると流石に平坦に。下関市に入って朝飯を食べ関門トンネル人道へ。このちょっと先に水族館@よあけな、があるんですが時間に余裕がないのでスルー。トンネル近くの砲台を撮っていざ九州へ。

01

北九州に上陸してこの老松公園前交差点に寄り道。ここが知る人ぞ知る3号線の起点です。2号線はこの手前の関門海峡トンネル出口までです。一桁国道だというのに扱いがぞんざいなのが勿体無いですね。ここから博多まで走るのですが、信号とアップダウンの組み合わせでSAN値をがりがり削られました。楽しい山口県の旅が終わってもアップダウンからは逃れられないということでした。どうにか気力を振り絞って博多市に到着。まずは某鉄橋に寄り道します。

01 01

夏目友人帳から西鉄名島川橋梁でした。一致度を上げるには下に降りる必要がありそうですが、諦めました。この後は某うどんやに向かいます。

01 01

かろのうろん。これまた夏目友人帳からでした。他にも博多物件はあるのですが、時間的余裕がないためここでうどんを食べるだけに留め先に進みます。この後もスケッチブックエリアをただ通過するしかなかったのが辛いものがありました。予想より体力が削られていたため進行優先でした。

01

佐賀県を通過したりしていよいよ熊本県境へ。小栗峠は緩やかな坂が延々と続きます。この体だと予想より時間がかかるかと思いきや何故か絶好調に。この気温表示の示すとおり、走るのに良い気温になっていた為軽快にペダルを回せました。30km/h弱の速度を維持して峠突破。熊本県に突入します。

01

熊本県に入ってからも気温はあまり上がらなかったため好調を維持。熊本駅に到着します。尚、ルートラボではまっすぐ到着していますが、慢心して水前寺方面に進んでいたりします。

01

ホテルにチェックインし、近くのラーメン屋にて。あっという間に平らげホテルに戻りました。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

鹿児島サミットへの道(広島~新山口)

鹿児島で大規模オフが数ヵ月後に開催される。せっかくのイベントだから自転車で乗り込んでみたいよね、と考えてしまうのは自転車乗りなら普通の思考です。普通です。出発地点と到着地点が決まれば後は行程の選択。ロングライドの楽しみの一つがこの道を調べることです。今回はどういった手順で工程を決めるかを書いてみます。

ざっと手順を並べると

・距離の確認
・持ち時間の確認
・寄り道したい地点の選定
・宿にするべき街の選定

こんな感じになります。まず家から鹿児島(中央駅と設定)までのメジャーなルートを確認。2号線、3号線を通るルートだと600km弱となります。オフ会の開催前に休日をまる二日。その前日も午後から使用可能。オフ会も最悪午後一に到着できればOK。と時間的制約がこんな感じで、自身の脚力と走行可能時間(1日200km前後が連続で走れる目安)

初日:130km
二日目:200km
三日目:200km
オフ当日:70km

位が最低の目安となりました。後は脚力に余裕があれば寄り道する事に。あくまでも最低ラインなのでこれ以上走って次の日に余裕を作るのは有り。むしろ積極的に作るべし。ということで初日は新山口(150km)を目指すことにしました。何らかのトラブルがあった場合はその手前辺りで泊まることも念頭に置いて走行開始することにしました。

が、問題が一つ。この時期まだ梅雨が残っている可能性が有り、やきもきしていたのですが実際に訪れたのは梅雨ではなく台風でした。7/14時点の予報がこちら

01

台風には勝てないよね、と中止も視野に入れつつ出発の日が近づきます。台風の北東へのカーブが予想より早くなり進行ルートは雨の影響が微かであると分かって安心して出発しました。



7/15はピーカン。台風によって暑い空気が押し寄せられているとの事で保水が厳しいことになりました。最初の1時間でかち割りがなくなるなんて事は予想できず。暑い中をひたすら進みます。そしてまずは広島県を出てお隣山口県に入ります。

01

2号線広島-山口県境は古い橋の方には看板があるのですが、今使用されている方の橋には無いのでこの山口県標識で。予定通り峠に入る前に補給に入ります。今回はジョイフルを多用しました。時間的に余裕があれば地元の喫茶店を探して楽しむというのもありだったのですが、今回の旅は時間的余裕は少なめ。故に慣れているチェーン店を多用することにしました。後、結構な量の水分が必要なためドリンクバーがかなりありがたいという理由もありました。

補給を終えてここからはひたすら上り下りを繰り返す楽しい山口県の旅の始まりです。

01

幾つかの峠道の途中にあるのがこの茶屋。時間的余裕があれば寄ったのですが、今回もスルー。幾つ目の峠か分からなくなって来た辺りでいよいよ日が沈んできました。

01

具体的な場所は分かりませんが、トンネルを抜けたら良い時間帯だったようで足を止めて撮影してみました。更に進んで本当に沈んでからしばらく進んで夕飯。この時点で130km程走っていたので頑張って残り20kmを夜戦で駆け抜けることにし、ここで本日泊まる宿を選定しました。

そして進もうと思ったらパンク。初日からこれか、と思いつつも交換して出発。この分到着が遅れましたが無事到着しました。

01

一応新幹線止まる駅です。この新山口駅周辺はあまりホテルが無いため格安のホテルなんてものは望むべくもありません。故に難しく考えず駅近く(迷いにくい)に宿泊。服を洗濯し、風呂に入って早々と眠りにつきました。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。