スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砲雷撃戦 よーい 十戦目に行ってきました

━━━江田島で砲雷撃戦が行われる━━━

最初にそれを聞いた時は一体何の冗談だ。あんな辺境でやるのは無理難題だろう、そう思いました。しかし調べてみるとどうも本当らしい。確かにあの辺境と言われた大湊ですらやってのけた彼らならば江田島でもやってのけるのだろう。とはいえ流石にそこまでの人数は見込めないだろう。ならば私も行って盛り上げるしかない。と行くことにしました。

まずは去年行われた呉での砲雷撃戦のおさらいを。
・呉も相当な僻地なれど会場前の時点で1000人程。
・カタログは少数しかなく、会場前に来た人の大半が入手出来ず。
・開場し入場列はすぐ捌けるかと思いきや次々と新規で訪れ、最終的には3000人相等が来たらしい。

江田島はこの呉からフェリーとバス(徒歩)で移動する必要があるのでこの人数から更に引いた人数になるだろう。500人行けば大成功の部類かなと勝手に予想しました。会場アクセスはツイートから引用してみると




こんな感じでした。私は広島市民なので宇品から移動するのが最短だったのですが、せっかくなので呉で朝飯を食べてからフェリーで移動することにしました。広島市街地を抜け31号線を軽快に走行。予定よりちょとだけ早めに到着して某地点へ向かいます。先日Twitterで見た



こちらの地点へ。

01

こういうのを見ると行かざるを得ないのが探訪者でございます<何
この時間帯は店はまだ開いておらず近くの喫茶店でモーニングを。結構繁盛していて予想以上の活気を感じました。尚、この辺りの喫茶店の珈琲は提督珈琲と名乗っています。

呉港から小用港へは高速船も含めると結構な本数があり。ここは敢えてゆっくりの移動に。この路線で使われているフェリーの名称は「古鷹」。提督の方々ならば「古鷹」に乗ったらちょっとした満足感が得られるのではないでしょうか。私はそうでした。

01

小用の港に9時前に着く便ということで結構多くの提督が乗り込みます。乗客の6割程度がそうだったように見えました。フェリー内にもポスターが貼ってあり地域の理解が伺えました。ここから小用までは20分程。ゆったりと船旅とデッキからの景色を眺めていると

01

艦船がイタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

01

01

このイベントの為だけに港から出ておけという指令があったのでしょうか。予想していなかったサプライズでテンションは一気に最高潮になりました。島嶼で行われるイベントということでこういう仕掛けが可能だったのでしょうが、これを見れただけでもう満足でした。

01

小用の港にて9時になり説明開始。ざっと200人前後の人がいました。会場が狭い関係で入れ替え制であり、最初の時間帯の入場チケット争奪戦が行われます。

01

その模様。最初はグー抜けでした。ガッツポーズみたいですね。

01

カタログは多数刷ってあり、来た人は全員買えたそうです。最後に小用港に戻って「今回は多数刷って余らせるほうが良いと判断した」とそう聞きました。

01

ちなみにこの小用の港は「榛名」が沈んだ所で近くのお好み焼き屋では「榛名」の写真があったそうです。寄るのを忘れました(ノ∀`)アチャー

01

イベント開始は12時。それまでの繋ぎとしてスタンプラリーが催されました。こちらがその地図。小用の港から利根資料館は10km、砲台山は22km。レンタルサイクルを使うにしても利根資料館がせいぜいで砲台山まで行く好き者はそう多くはない。ならその好き者になるしかない。尚、私は兵学校には既に行っているので省略しますが、その時の様子はこんな感じでした。

01

そういえば私以外にも自転車で来た人が居たな、ということで同行を申込みます。快く承諾を得ます。即席のトレイン結成でテンションが振り切れます。まずは兵学校までの坂を一気に駆け上がります。その道の間をほかの提督方が歩いている様がちょっと面白かったです。兵学校を過ぎて利根資料館まで進んでいると車移動している提督さんと思しき一行が。いい感じで手を振りあって無駄に着いていきます。速度は40km超えて。流石に飛ばしすぎてすぐに落とします。軽く雑談しながら進行。彼は群馬から来たそうで、碓氷峠辺りを走っているとかと訪ねてみたら赤城山や榛名山を走っているとの答えを得ました。流石は提督さんなのです。

この江田島は広島からフェリーで直ぐということで広島市街からポタリングに来る人が結構います。瀬戸内の島々は交通量も少なく軽快に走れるということで多くの自転車乗りが訪れるため港や観光案内所にはサイクルスタンドが置いてあります。本日もこのイベントとは関係ない自転車乗りの方々を多数見かけました。

01

利根資料館到着。資料館というより倉庫ですね。以前来たので私は一休み。先程の車とは違う一行が居てちょっとだけ会話を交わして砲台山に向かいます。三高港近くから登るルートを。尚、今ルートを調べてみたら南回りのルートが表示されました。このルートは遠回りでした。初っ端からテンション上がって無駄に張り切りすぎたせいでここでばてますw

夏の暑い最中のクライミングはかなり訓練しないと攣ります。普段の私ならペースを抑えてそうならないようにするのですが、今日はやってしまいました。相方が軽快に進む後ろで少しずつ離されていきました。ここで無理をしたら本当に攣るのでそうならないように今更ながらゆっくり進み、途中エアーサロンパスを噴射してどうにか到着。結構な数の提督さんがそこには居ました。

ここで最初の案内を振り返ると

 ご来場の際は、公共の交通機関をご利用下さい。
 会場付近には駐車場/駐輪場が全くございません。
 路上駐車/路上駐輪もできませんのでご注意ください。

との事です。ならば自転車で行くしかない、と私は考えたのですが結構離れた所に停めてそこから移動するという方法を用いたということでしょうか。そういう手もありましたが。ただ、主催者側は想定外だったようでこの時点でまだスタンプが到着していないという事態になっていました。レンタサイクルを使うならばもう少し時間がかかるだろうと想定していたのかもしれませんが、それを超えられてドヤ顔をしてみたり。

01

01

駐車場付近からの風景。この時期は霞があるのがもどかしい。紫陽花が良い感じでした。ここからちょっとだけ徒歩で移動して砲台跡地へ。

01

01

01

知る人ぞ知るスポットでした。しばらく待った後スタッフ到着。

01

行列が出来ます。ここで先着30名に記念品のマグカップが贈呈されました。

01 01

行列が履けた後で撮影開始。

01

あきつ丸改でした。さて山を降りるかと思ったら新たな人が。

01

なんと吃驚レンタサイクルでした。ロードでかなり疲れたと言っていたのですが、ここまでこれで登ってくるとは。個人的に彼が今回のイベントのMVPでした。山を下って来た道を戻ります。平坦な道になっても凄い勢いで。やはりトレインは早い。他の自転車の参加者ともすれ違いました。彼は砲台山は諦めたのかな。

01

江田島天満宮。ここまで来るのに結構な階段を登らせられて疲労度はいよいよピークに。ここで一度降りて脇の道を自転車で登るという無駄に疲れるルートを選択。天満宮の上から歩いて行ける場所でした。

01

兵学校を見渡せる場所。

01

もう既に向日葵が咲いていました。私有地だったので道路からの撮影。ここから武道館に自転車を止めて海友舎まで歩きます。

01

全景撮るのを忘れました。この辺りから疲労困憊で雑になります。

01

会場入口付近。中に入る相方と分かれて昼飯にかかります。

01

こちらを。小用の港の方では11時過ぎに売り切れ、こちらでも13時過ぎのこの時点で残りはこれだけでした。飯を食いつつ休憩。フォロワーさんと合流して戦果を語り合いコスプレを撮ったりしてまったりと過ごします。体力が回復した後に埋めていないスタンプを埋めて行きます。古鷹山へ至る道にて古鷹のコスプレをしたスタッフが居たのですが、撮り逃しました(ノ∀`)アチャー

01

8箇所分押して武道館へ。休憩所になっていましたが、なんというか野戦病院ですね。

01

景品はクリアファイルでした。小用の港に戻って聞き込み開始。箇条書きにて

・12時過ぎのフェリーまで提督は訪れてきた。
・弁当は11時過ぎに完売。
・カタログは600部程捌けた。

等など。撤収準備が始まっていたので最後に撮影させてくださいと言って許可を得ます。

01

古鷹との2ショットです(古鷹すごく遠いですが)
私はアフターまで残らなかったのですが




だそうです。宿毛マジですかwww

次の開催は舞鶴にて7/13
興味を持たれた提督さんは行ってみると良いかもしれませんよ。

群馬からの相方を早めに広島駅に送るために切串港へ。ここでも聞き込みをしてみましたが、宇品(広島港)から来た人はあまり多くなかったようです。丁度良い時間帯だったようですぐにフェリーに乗船。宇品からは広島の市街地を走ったのですが、江田島と違って走りにくくて仕方なし。駅手前で歩道に入り自転車を押して駅に到着。ここでお別れとなりました。この頁はこれにて御終いです。


より大きな地図で 140629 を表示
スポンサーサイト

8.5話「一日だけの修学旅行、なので」

行ったのは6月でしたが、こんな時期になりました。今年の夏はどうなるだろう、と期待に胸を躍らせていた時期でした。まさかあんなことになろうとは…


より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

沖縄編はパスでいきなり尾道からです。物語の

01 01

駅前。後ろの城と駅の位置は現実は微妙にずれています。どう誤魔化すかが腕の見せどころです。

01 01

01 01

踏切。

01 01

01 01

アーケード。この踏切の近くです。

01 01

この像は林芙美子記念像です。

01 01

粘ればこの色の電車も可です。時間に余裕のある方はガンバです。

01 01

尾道絵の街通り。

01 01

築姫小路 (築姫稲荷)。奥行が取れないので撮影は意外と大変です。

01 01

おのみち映画資料館。

01 01

足型のオブジェ。交差点の歩道にあります。

01 01

栗原温泉。

01 01

ここから千光寺。

01 01

01 01

寺から尾道水道。現地はちょっと違うのでどう誤魔化すか(以下略

01 01

01 01

01 01

こちらは石槌山から降りる時の途中で撮るのが分かり易いです。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

この辺りの手すりと背景は微妙に合わないので妥協しまくりです。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

女子高生は現れませんでした。残念。次に向かいます。

01 01

駅前渡船です。

01 01

01 01

こちらは駅近くの歩道橋からです。

01 01

B&B海風さんです。今回も外観だけで御終いです。県内だと宿泊する気にはなかなかなれませぬ。困ったものです。

01 01

01 01

01

商店街は丁度七夕飾りを始めたところでした。

01

ネコノテパン工場も梅雨表示。いい感じに晴天でした。この頁はこれで御終いです。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

広島-松江往復

6月に訪れた松江には往復自転車芸をやってみました。自分の今の脚力でもなんとか出来る芸当でしたが疲れてました。軌跡を振り返ります。



自宅から松江まではざっと160km。昼時に到着するために5時に出発します。この時期は夜明けが早くて捗ります。道中を端折って宍道湖ふれあいパークに着いたのは13時半前でした。

01

探訪を開始し松江市街を巡っていると小舟。これは堀川巡りだそうです。もうちょっと時間があれば構図も凝れたのですが、突発ではこれが精一杯。紫陽花と一緒に撮しました。

01

多賀神社方面に向かうと多数の自転車乗り。どうやら中海ライドというイベントだった模様です。後ろの集団だったせいか本格的なロード乗りは少なくクロスバイクやシティーサイクル等のゆっくりとした集団でした。参加人口を増やすにはこういった参加の低いイベントがあるのが望ましいのだな、と松江周辺の自転車の普及が進んでいるのですなあ。この後は宍道湖夕日スポットへ。

01

日曜ということもあってなかなかの人だかり。霞が多くてちょっと残念でしたが日没まで頑張ってみた結果がこれでした。

01

それよりこうして夕日を眺める若者たちが撮れて満足でした。

01

次の日は広島に帰るだけの簡単なお仕事です。街中で期待はしていなかったのですが朝日が撮れていい感じでした。ここから東に向かい432号線経由で帰路に着きます。

01

こちらのルートは54号線沿いと比べて交通量も少なくて寄り道出来る場所も少ないのが難です。この駅がやや印象に残りましたが寄らずに先を進みました。

01

そして432号線を進むと本当に人家が少なくなってこんなものも撮れました。粘ればもっと出来た気がしましたがこれで妥協。この後90km以上ありますが省略。パンクになりましたが時間を少し消費しただけでどうにか帰宅出来ました。この頁はこれで御終いです。

閑無④、はやり①~② 【シノハユ the down of age】

行ったのは6月でちょっと時間が開きましたが、今回は「閑無」④から「はやり」②まで行きます。松江城周辺が登場します。


より大きな地図で シノハユ を表示

まずは閑無④。

01 01

P77。くにびきメッセ前の橋。

01 01

P112。某学校カット。

01 01

P117。上と同じ学校で違う角度。

01 01

P118。何時もの宍道湖ふれあいパーク。広角必須です。閑無④はこれで御終い。次ははやり①。

01 01

中表紙。多賀神社。

01 01

次のページの見開き。多賀神社。

01 01

P154。多賀神社。

01 01

P155。1話折込ポスターと同じ場所から道路を。

01 01

P155。撮り忘れです。多分玉造り温泉街の何処か。

01 01

P159中段。大橋の中程から南西方面を。

01 01

P159下段。大橋の中程から北西方面を。

01 01

P166上段。宍道湖大橋方面を。

01 01

P166中段。宍道湖大橋歩道への階段。

01 01

P167上段。東方面を。

01 01

P169。西方面を。

01 01

P175上段。新大橋南詰から北の病院方面を。

01 01

P175中段。松江赤十字病院。

01 01

P175中段。鍛冶橋の歩道を道路向こう側から。

01 01

P185。一畑ビル6階「一福」から。撮れてません。次からはやり②。

01 01

中開。撮影地点は船上から。陸の上からだとこれくらいが限界です。

01 01

P186上段。松江城周辺堀の歩道。

01 01

P186中段。松江城周辺堀の歩道。

01 01

撮り忘れです。

01 01

P188。中段右。八雲記念館。

01 01

P188。中段左。鍛冶橋付近の何か。

01 01

P193。新大橋南詰付近。

01 01

P199。屋上駐車場から。

01 01

P202上段。大橋の中程から北西方面を。

01 01

P202下段。橋の中程から西方面を。

01 01

P203。島根県立図書館。

01

一通り巡った後は宍道湖の夕日を撮りにかかりました。生憎霞が多かったのですがこんな感じでした。この項はこれで御終いです。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。