スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関-浜田

連休になったので山陰地方を走ってみることにしました。下関から米子まで。途中松江でシノハユ巡りをするついでに、と。結構な距離ですが頑張れば出来ると行ってきました。まずは出発地の下関へ。無駄に鈍行に乗って。4時間強かかって到着。機器の充電をしてすぐに就寝。朝早く出発(4:50)しました。


より大きな地図で 下関-浜田 を表示

01

ナイトライド。とはいえ朝一は交通量が少なくて暗いことを除けばかなり走りやすいものでした。

01

6時前になってこんな風景が見れました。

01

もうしばらく入った先のとある駅にて。

01

そしてようやく最初の寄り道地点である角島へ。天候が曇りだったため魅力はありませんでした\(^o^)/

01

島に渡ってみても変わらず。すぐに引き返して先に進みます。

01

萩に到着して一休み入れた後観光開始。まずは菊屋家住宅へ。

01

萩駅へ。

01

そして松下村塾へ。こちらは松蔭神社の中にあります。

01

萩を満喫して先へ。この先は集中豪雨で酷い目にあった所です。

萩市集中豪雨の被害・復旧状況まとめ

この191号線は確かに片側通行ですが通行可能になってます。完全復旧はまだまだ先になりそうです。

01

JRのこの区間の復旧はまだまだ先。今は代行バスの運行になっていました。

01

もうしばらく進んで県境。島根県に入ります。

01

とある道の駅にて。この辺りはゆうひライン石見と言うそうです。

01

日暮れてしばらく進んで本日の宿泊先浜田へ。角島から益田まで小雨が続いた中で頑張りました。

スポンサーサイト

第12話「そして…旅立ちの季節、なので」

最終回です。竹原巡りもこれで一区切り。


より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

まずは歴史民俗資料館から。

01 01

外観。

01 01

これは内側から。

01 01

01 01

日の丸写真館。この前の建物が無くなって撮りやすくなってます。

01 01

憧憬広場から。

01 01

旧笠井亭。雛祭りの時の配置です。

01 01

橋パート。色々合わないので適当です。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

以上。橋付近で彷徨く不審者でした。最後は例によってローアングルです。

01 01

洞門。的場海水浴場から撮影してます。

01 01

洞門の最後付近から。大久野島には忠海港から船に乗って行きます。大体30分に一本とアクセス良しです。

01 01

兎。餌はホテルで100円で売ってます。無くても近づけば寄ってきます。

01 01

ホテルには船着場からシャトルバスに乗って到着します。歩いても問題ない距離です。工事に寄ってロケハン時とは風景変わったそうです。

01 01

01 01

ここから展望台まで。レンタルサイクル、歩き、お好みで。距離は大したことないのですが結構な坂です。

01 01

脚立を用意しても高さは足りません。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

これ合わせきれませんでした。20年前だったとしたら知りません。

01 01

ローアングル。頑張る価値はあります。私はこれで妥協しました。

01 01

01 01

01

兎好きな人はお勧めの島で御座います。島の至るところで兎を見れる場所でした。

01

展望台からパノラマ合成してみました。これにて一区切り。終了でございます。1クール探訪完走でした。

第11話「今年もありがとう、なので」

hitotoseに続いて私達展。旧笠井亭だけと思ったら以外と他の場所も出てきました。


より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

まずは旧笠井邸から。

01 01

01 01

01 01

01 01

激しく逆行で昼間は撮りづらい物件です。

01 01

01 01

01 01

01 01

これは1階です。

01 01

01 01

01 01

背景変わって須波海浜公園へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

胡堂周辺から。何故ここに止めますか。

01 01

旧笠井亭付近の看板。

01 01

鴨川から。hitotose最終話のシーンでお馴染み。

01 01

ゆかり。竹楽辺りの2階から撮りたいのですが。

01 01

01 01

ほり川。

01 01

日の丸写真館。

01 01

再び須波海浜公園。これにて御終いです。予告のやしの木はこの付近の気もしましたが確定には至りませんでした。

第10話「いつかくるその日まで、なので」

10話。大崎下島回でした。竹原にも神社が出てきて巡るのに随分と時間がかかりました。時系列に沿ってまずは小山田神社から。


より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

以上小山田神社周辺でした。周辺の家は合わないので適当に。竹原港へ。

01 01

待合室。ずっとこの方座ってました。大崎下島へ。

01 01

灯台はいくつかあって、これでは無いと思われます。探す方は頑張って。

01 01

鳥居付近から桟橋を。

01 01

10話 麻音の実家の旅館(七卿落遺跡)

01 01

01 01

01 01

01 01

麻音の実家の旅館前の道。

01 01

01 01

01 01

歴史が見える丘公園に続く道を途中から振り返ります。

01 01

展望台。

01 01

空と手摺だけという構図は難しいです。頑張ってこれでした。

01 01

一番上の展望台に続く道は3っつあって一つが小学校跡地から。一つが車道を経て駐車場から。もう一つの集落から続く道の途中にこの展望台はあります。登り口は探すのが難しいので上から降りるのが手っ取り早いかもしれません。

01 01

01 01

空中浮遊でもしない限り同じ構図は無理です。

01 01

脇坂屋駐車場。hitotoseに出てきたカットの気もしますが。

01 01

01 01

乙女座。小さい道に入り振り返って。

01 01

鳥居。このアングルは合ってますが

01 01

こちらが合いません。雰囲気だけ。

01 01

蘭島閣美術館。

01 01

中は撮影禁止なのでこれだけ。

01 01

予告のこの案内板は一番北側の入口でした。これにて御終いです。

第9話「心に灯す竹あかり、なので」

夏休みの次は一気に進んで憧憬の道へ。今年は10/26、27です。


より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

01 01

憧憬広場。

01 01

正蓮寺。
竹楽の裏の広場は9/3時点で立ち入り禁止となっているので今回は画像無しです。

01 01

竹雀でした。雨なので簾です。

01 01

二人が歩いた先には

01 01

01 01

志保美さんがももねこ様と格闘してました。

01 01

雨の中ローアングルで頑張りましたがうまく合いませんでした。

01 01

酒造交流館付近。

01 01

憧憬の場面は全スルー、で駅へ。

01 01

こちらはいいんですが

01 01

こちらは色々合いません。

イベント限定のカット多数なので今回は少なめにやってみました。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。