蘭島閣美術館の「たまゆら」美術展開に行ってきました 

昨日から呉市下蒲刈の蘭島閣美術館にて「たまゆら」美術展が開催されたということで早速行ってきました。

01

01

チラシの表裏。これの表紙大きなサイズのポスターが300円で販売されています。裏面を見てみると気になる情報が。

01

今年はたまゆらの日を竹原でやるんですねえ。11/2、3日です。この日時を心に深く刻みましょう。

01

平日だというのにそこそこの人が居て吃驚でした。普段どの程度の人が来るのか知っていないので比較の仕様が無いのですが。入る前に同業者と思しき方がポスターを持って美術館の前を歩いていました。入場料は500円。ただ、ここに来るためには橋を渡ってくる必要があるのですが、車の通行料は軽自動車が550円、普通自動車が700円とかかるのが難点です。ソレゆえに此処に来たならばこの先の御手洗の町並み保存区も回るというパターンになるようです。ちなみに橋の料金は自転車は無料で、原付は50円です。近場の方はそれで来るのもありですね。

01

お金を払って早速鑑賞。しかし撮影禁止。故に画像は上げられませぬ。唯一上げられるのがこの記念撮影用のパネル。三脚が用意されています。

展示されているのは絵コンテ他。アニメの背景がまず元画像(写真)からアウトラインを引き、描くもの描かないものの選定を経て作られるという課程がありました。これは探訪者には面白い。

そして知っている人は知っているであろうネタですが、ももねこ様の元案。新マスコットかと思って眺めてみたら「ももねこ様」と書いてあって絵をガン見しました。これは実際に見て楽しむのがオススメです。

この後は御手洗には向かわず竹原へ。お好み焼きほり川のほぼろ焼きが6月一杯で無くなるということで食べ納めに行ってきました。

01

何度も味わったのですが、無くなるとなると物悲しいものです。この後は新しく出来たマクドへ。

01

人が少ないかと思ったら昼時を少し過ぎた時間帯だったにも関わらず盛況でした。店員さんが不慣れな様を目の当たりに出来てほんわかしました。ちなみに店内にコンセントが無いか見てみたら窓際のカウンター席に人つづつコンセントが用意されていました。これにて本日は御終いです。
スポンサーサイト

広島-竹原-三次

竹原を巡った後は三次に向かいます。竹原からは幾つかの山を越えて行く必要があります。自転車NAVIを頼りに進行。

01

途中でこんなものを発見。もう夏ですね。

01

この日は雨が降りそうで降らない模様で気温はそこまで上がりませんでした。丁度良いくらい。竹原から4時間かけてどうにか三次入り。まっすぐ卑弥呼蔵 たべもの屋 「赤猫」へ。本日から営業再開ということで行っておくことにしました。丁度知り合いも向かうという事で合流を試み無事成功しました。このお店はしゃぶしゃぶで一人では入りづらかったため良いタイミングでした。

01

こちらは酒蔵のおいしい水。

01

こちらは前菜。そして肝心の肉を撮るのを忘れました(ノ∀`)アチャー
談笑しながら2時間程過ごして帰路へ。

01

01

数日後にある祭りのポスターです。残念ながら仕事で行けませんでした。この後は休憩を挟みながらどうにか帰宅しました。



走行距離:185km

PV二つ目より 【たまゆら~もあぐれっしぶ】

昨日PV2が公開されましたので早速行ってきました。




より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

01 01

まずは最初のカメラを取り出すシーン。この背景は普明閣からでした。今は木が生い茂っているため完全に合わせるのは無理です。

01 01

もうちょっと先の背景。ここも方角は合っていますが高さが足りていません。鎮海山からこの方向が得られるか要調査です。

01 01

屋根。特定の仕様が無かったため竹雀の斜め前の蔵を撮ってみました。

01 01

いっぷくと竹雀の看板。本日もいっぷくの看板はありませんでした。

01 01

日の丸写真館。

01 01

旧笠井亭の横から。これは今一。

01 01

こちらはいい感じ。

こんな具合でした。次はいよいよ本編が始まってからになります。

里庄-広島

自転車旅4日目。本日で旅はおしまい。とりあえず尾道に向かいます。途中岡山-広島の県境はトンネルの中にあったと思われますがスルーしてました。福山に入って無駄に2号線のバイパスを走ってみたら激しく走りにくくてSAN値を削られました。途中で旧2号線へ移動しどうにか尾道に到着しました。



01

尾道渡船。福山方面から来たためここから。既に暑くなってきています。

01

朝8時を過ぎたあたりでまだ店は何処も開いていません。開いているコンビニで何時ものアイスを購入。

01

こちらは福光渡船。かみちゅはこちらですね。ここの待合ベンチにて先程のアイスを食べながら小休憩。

01

せっかくなので千光寺公園へ。途中の階段から渡船の模様を。通勤通学の時間帯の為か2隻体制。満足して先に進みます。

01

糸崎駅。乗換駅ですが駅前は寂れている。けれど先日セブンイレブンが出来ました。電車を待つ方々は便利になりましたか。

01

先に進むと温度表示が30℃を超えました。夏本番です。

01

寄ったことのない三原の道の駅神明の里へ。ここは2号線から急な坂を上ってくる必要があるので体力を削られます。その分高台にある為2階からの風景はこんなものです。

01

施設の中。たこが┌(┌ ^o^)┐に見えるあたり毒されています。ここでも小休憩を取ってから進みます。前三日の工程のせいか予想以上に疲れていてゆっくり寄り道せずに帰ることにしました。

01

2号線を進んで東広島へ至る坂。その入口がこんな温度という。きっちり休みを取りながら進んでいたため無事に進行。

01

とはいえ、きついことに変わりはなくこういった日陰が心地良く感じられました。

01

西条にて昼飯とデザート。こんな暑い日にこそチョコパフェが美味しく食べられるというものです。

01

こちらは最後の上り坂。どちらに進んでも山である広島にようやく帰ってきました。

走行距離:135km

鳥取-恋山形経由-里庄 

自転車旅三日目。残り二日で広島に帰還します。ここから53号線沿いに岡山へ。途中恋山形駅に寄り道することにしていざ出発。



01

河原城。まだ空いていない時間なので53号線から望遠にて。

01

恋山形駅。53号線から外れて373号線に入り5km程上った所にあります。しかも道沿いではなく急な斜面を上ってようやく到着というプチ秘境駅です。前日に恋山形駅リニューアルイベント(除幕式)という記事を見て急遽寄ることを決めました。乗降者一日2名の駅でございます。

01

平日故誰も居ない所にピンク色の駅。異色の空間でございました。

01

ここから53号線に戻り県境越え。いよいよ岡山に入ります。

01

長い長い下りを経て津山へ。せっかくだからと日本の桜100選の津山城址に向かいます。ささやかですが紫陽花が見頃でした。

01

01

ここの通りにしかなくてやや物足りませんでしたが。この後は岡山駅ではなく無駄に岡山空港に向かうことにしました。が…

01

北からの道は通行止めでした\(^o^)/
自転車ならば通れる可能性もあるとも考えたのですが、無理だった場合の時間のロスを考えて諦めて53号線沿いから向かうことにしました。結構な時間のロスでした。

01

到着。ここの飛行機の発着数は少なく、ガランとしたものでした。天候が回復して今日は夕日が見れるかと思いつつまきび公園へ。

01

到着。逆光になってました。軽く熱中症で近くのコンビニで小休憩。それから美沙海岸へ。

01

残念ながら雲多めで夕陽は眺められませんでした。期待していたんですが(´・ω・`)ショボーン

01

ここから海岸線を走って本日の宿に向かいました。200km越えのロングライドで最長走破距離更新でした。

走行距離:206km。

美観地区から離れた場所 まきび公園、美沙階段 【めくりめくる】

6/11のめくりめくる探訪分の記述、まきび公園と美沙海岸でございます。まずはまきび公園から。

01 01

購入特典のクリアファイルの絵です。倉敷の美観地区からはかなり遠いです。お次は美沙海岸。リジスさんのページを参照させてもらいました。

01

日本の渚百選。ただ、この話のカットはかなり微妙…

01 01

これは背景の山の形が合っている気がしますが、堤防のカットの一致度は低いです。

01 01

その先端も勿論合いませぬ。

01 01

こちらは階段と堤防を同時に合わせるのは無理です。雰囲気で撮ってみました。以上で御終いです。

米子-湯村温泉を経-鳥取



本日はまず琴浦観光協会に8:30に着くように出発時間を調整。7時前に出発。その時点で既に晴天で暑くなり始めていました。市街地を抜け9号線を進んでいくと風車が見えてきました。

01

この先北栄町まではこの風車と海岸を眺めながらの走行になります。道路も平坦で走っていて心地良いです。ただ、一桁国道だけあって交通量が多いのが難ですが。

01

空と海と田んぼ。なんとなく撮ってみました。
観光協会は予定通り8:30に到着。

01

01

1Fの展示はこんな感じでした。そして2Fの観光協会へ。

01

名刺を購入。カウンターはこんな感じでした。琴浦さん人形はここでは販売されていないのでことうら物産館へ。

01

こちらは9時開館。高速のPAに併設されている施設なので下道を裏から登ります。

01

お人形さんを購入。ここにはこんな展示がありました。この後は安浦駅へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

この列車じゃないんですが、せっかくなので。背景シリーズを巡るのも有りだったのですが、放置して鳥取に向かいました。

01

琴浦町を抜けて北栄町。名探偵コナンの原作者の出身ということで道の駅でもコナン押しです。

01

さらに進むと土手沿いに風車です。そんな中で一枚。

01

山陰道沿いに進んで湯梨浜町。温泉と海岸の街。ハワイ海水浴場にて。

01

しばらく進むと鳥取市入り。市街地までは上り下りを繰り返します。いくつかの見晴台を通ります。まずこの魚見台。

01

こちらは龍見台。昼時なのでこの近くの喫茶店にて昼飯を取りました。小休憩を経て鳥取駅へ。

01 01

01 01

外観。

01 01

01 01

01 01

01 01

駅のホームに入ります。

01 01

01 01

01 01

列車も場所も違いそうですが、雰囲気だけ。

01 01

01 01

01 01

仁風閣。月曜は休館でした。

01 01

53号線と9号線の合流する地点へ。ここから砂丘へ向かいます。

01 01

リフトに乗ります。往復で300円。

01 01

01 01

展望台から。

01 01

砂丘。平日ゆえに人は少なかったです。

01

探訪無しで一枚。ここから湯村温泉まで向かいます。2時間ほどかけて。その途中で岩美駅。

01

01 01

FREE!のPV探訪でした。この一枚だけなのに角度が甘くて泣きそうです。本編が始まってからと気を抜きすぎてました。

01

列車はこの系統らしい(鳥取駅にて)ですが今回は乗り込めませんでした。ここから峠を一つ越えて湯村温泉へ。

01

峠の勾配はそこまできつくなかったのですが、このトンネルは自転車では走りづらくて参りました。狭いので安全に行くなら歩道を走行することになりますが、その歩道が濡れた土が多く乗っていて何度も滑りました。ゆっくり命大事にで時間を消費しながら進みました。

01 01

到着。結構大きな温泉街でした。

01

探訪無しで一枚。この後は明日の天候がよろしくないということで鳥取に引き返し岡山までは行けるように調整しました。

01

その途中。夕方からは一面雲だったのですが、かろうじて夕焼けが見えました。この後は鳥取市街地の宿に泊まりました。

鳥取へ 【ハチミツとクローバー】

ハチミツとクローバー鳥取編です。鳥取市街と砂丘、そして兵庫県湯村温泉まで行ってきました。ももさんのページを参照しています。まずは鳥取駅へ。

01 01

01 01

外観。

01 01

01 01

01 01

01 01

駅のホームに入ります。

01 01

01 01

01 01

列車も場所も違いそうですが、雰囲気だけ。

01 01

01 01

01 01

仁風閣。月曜は休館でした。

01 01

53号線と9号線の合流する地点へ。ここから砂丘へ向かいます。

01 01

リフトに乗ります。往復で300円。

01 01

01 01

展望台から。

01 01

砂丘。平日ゆえに人は少なかったです。

01

探訪無しで一枚。ここから湯村温泉まで向かいます。2時間ほどかけて。

01 01

到着。結構大きな温泉街でした。

01

探訪無しで一枚。これにて御終いです。

6月の琴浦町 【琴浦さん】

鳥取遠征の目的の一つが琴浦さん。既に探訪されているnobuさんとリジスさんの所を参照しています。


より大きな地図で 琴浦さん を表示

観光協会の開く時間に合わせて移動。8:30に到着。

01

01

1Fの展示はこんな感じでした。そして2Fの観光協会へ。

01

名刺を購入。カウンターはこんな感じでした。琴浦さん人形はここでは販売されていないのでことうら物産館へ。

01

こちらは9時会館。高速のPAに併設されている施設なので下道を裏から登ります。

01

お人形さんを購入。ここにはこんな展示がありました。この後は安浦駅へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

この列車じゃないんですが、せっかくなので。背景シリーズを巡るのも有りだったのですが、放置して鳥取に向かいました。

広島-米子

6月は梅雨。一泊の遠征をしておきたいと連休を申請。雨が降らないといいなと待ちわびていたら見事に空梅雨。なら行けるところまで行くっきゃない、と中国地方を駆け巡ることにしました。当面の目標は鳥取。その後はたどり着いてから考える、と行き当たりばったりなロングライドのはじまりはじまり。



まずは三次までまったりと。この辺までは日帰り経験アリ。この先は未知の領域。広島県道39号三次高野線を登り始めます。

01

まずは道の駅君田温泉へ。ここまでの標高は大したことがないけれど、ここからがいよいよ本番。札が峠を目指します。

01

曲がりくねった道を進んで峠超え。しばらく下ると道の駅高野です。ここはまだ出来たばかりの施設。休憩がてら寄り道。

01

ここには雪室があって涼しいというか寒いのがオススメです。

01

ここのレストランで昼飯を食べたのですが普通に野菜マシマシでした。私は合わなかったかな。

01

高野市街地?へ。街唯一の信号。今回はここを松江方面に向けて進みます。途中から分岐しますが。その前に寄り道。

01

円正寺。しだれ桜が有名らしく、確かに大きい。標高高いので広島市街と比べて時期がずれるのも面白い。来年は撮りに来ましょう。

01

ちょっと調べてヒットしたのがこのふじのやというお店。アップルパイを一つ買って先に進みます。

01

高野市街が既に標高が高いのでそこまで苦労せず王貫峠を超え島根県へ。

01

長い長い下りを経てとある駅に。寄り道してみると列車が入ってきたので撮ってみました。ここは出雲三成駅で奥出雲おろち号という列車だそうです。

01

432号線を進んで奥出雲交流館。酒が買えるわけではないので覗くだけ。

01

更に進んで広瀬・富田城。藍染有り

01

はた織り有り

01

鎧の展示有りと道の駅にしてはなかなか込んだ作りでした。

01

432号線を外れ安木駅へ。予想よりしっかりした作りの駅でした。

01

9号線に出て島根県最後の寄り道。あらエッサ。

01

ここで夕飯。出雲そばを食べたのですが予想以上に美味しゅうございました。

01

もうちょと進んで県境。いよいよ鳥取県に入ります。後数km進んで本日の宿に辿り付きました。

走行距離 180km

PVより 【たまゆら~もあぐれっしぶ】

PVが公開されたので早速行ってきました。





より大きな地図で たまゆら ~もあぐれっしぶ~ を表示

前半はhitotoseのダイジェストなので省略。

01 01

西方寺の階段。呆れるくらいに青空でした。

01 01

胡堂の近くのいっぷくの看板。本日は移動してました。また撮り直します。

01 01

地蔵堂・長生寺の案内標識。色々パーツは合っているのですが全部合わせるのは無理でした。

01 01

これが問題ありのカット。hitotoseの勇者の肉球回の竹林かと思ったら「まむし注意」の看板が見当たらず。では鎮海山と思って登ってきましたがありませんでした。ピン打ちはしていません。

今回はこれでおしまいです。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる