スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジデー2013 たまゆらスタンプラリー

5/29の平日。スタンプラリーがあるということで行くことにしていました。しかし予報は雨。ではふて寝するかと午前中を潰しましたが、12時前の時点で雨は止み晴れ間が広がるということで急遽行ってきました。

チャレンジデー2013 たまゆらスタンプラリー

01

まずは道の駅。もう終わっていることを少しだけ危惧しましたがそんなことがあるはずもなく。まだまだ参加台紙は残っていました。

01

こちらが台紙。竹原は庭です、と豪語はしませんが難易度は低いラリーでした。せっかくなので探訪風に合わせてみます。

01 01

まずは旧笠井亭。

01 01

松坂邸。施設に入るために入場料がいるのかと思ったら入らずに済む仕様になっていました。

01 01

竹楽。

01 01

竹原歴史民俗資料館。

01 01

光本邸。

01 01

森川邸。以上でおしまい。後は竹原市民間に行きます。この森川亭からの区間が一番長いのがなんとも。

01

参加証は4種類ありそのうちの1番を貰ってきました。これにておしまいです。ちなみに5月の竹原入りはこれで5回になりました。まだアニメ本放送始まっていません。
スポンサーサイト

世羅へ


より大きな地図で 広島臨空広域都市圏 サイクリングスタンプラリー&サイクリングマップ を表示

りんくうスタンプラリー三日目。今回は世羅に行きます。このスタンプラリーの難関はこの世羅。輪行しようにも最寄りの公共交通手段がバスという。広島駅からだと70km弱。往復するだけでかなりの距離を走る羽目になるのが厳しい。だからこそやりがいがあるとも。輪行無しで日帰りでこのコースに挑みました。

大きな国道を辿っていけば着けるという場所ではないのでいくつかの道を辿って行きます。方向音痴にはとても厳しい。IPhoneで場所を確認しつつひたすら進みます。

01

まずは芸備線に沿って北上。以前通った道なのでこの辺までは安心。以前も見た景色でしたが5月も後半なのに残っているとは。

01

途中から見知らぬ道路に入りアップダウンの繰り返し。こういう道を進むのは自転車乗りの本懐です、多分。

01

ようやく最初のチェックポイントに到着。ここまでで68kmです。ワインを飲めるわけではないのでそそくさと次に向かいます。

01

ぶどう園です。近くのゆり園に向かいます。

01

世羅ゆり園です。日本最大級のゆり園ということであっち方面の想像をしたフォロワーさんが居ました。

01

見晴台からの景色。ビニルハウスの中は百合でした。

01

百合画像。満喫して次に向かいます。

01

ピルネラーデン。建物は撮っても面白みのある建物ではなかったので看板で。

01

四季園にしおおたに。建物もぱっとしないものでした。これでスタンプラリーは完全攻略です。

01

このまま帰るのもありだったのですが、せっかくなので竹原に。ここから40km強ですが。途中で昼飯を食べてようやく到着。茶房ゆかりにて今年も始まったゼリーをあっという間に食します。

01

そしてこの日TLに上った竹原駅の薔薇画像を撮って竹原を後にします。

01

2号線に沿って広島市街地へ。途中のセブンイレブンにて。

01

広島市街のセブンイレブンの前にスポットして登録してあった「大きな木の下」。せっかくなので撮ってみました。この後は市街地にて色々見て回って帰路につきました。



走行距離は197kmでした。

佐木島へ


より大きな地図で 広島臨空広域都市圏 サイクリングスタンプラリー&サイクリングマップ を表示

りんくうスタンプラリー二回目。今回はR185さざなみ海道ルートを潰します。そのついでに佐木島に行ってきました。
まずは三原港へ。68km。フェリーの時間に合わせて20分前に到着。と思ったら時間を勘違いしていてすぐに出発でした。

01

佐木島到着。ここも大崎上島同様の離島。帰りのフェリーは30分後か2時間後か。ゆっくり巡ることにして出発。

01

島のパン屋さん。ここは2012年のチェックポイント。今年は違うことを知ったのはここに来てからでした。アチャー。せっかくなので島を一周して(1時間かからず)港に戻りました。フェリーに乗って三原湾口ビルにてスタンプを押しみはらし温泉へ。

01

こちらは須波海岸。みはらし温泉でスタンプ押して竹原へ。途中踏切が降りてきたので高架の所で列車の撮影を試みました。

01

もう少し先だったならばたまゆらOPのシーンの場所だったのですが、これはこれで。

01

竹原に到着して旧笠井亭。こういう構図はいかがでしょうか。

01

5/29のスタンプラリーの台紙が貼ってありました。

01

今回はさざなみ海道経由ではなく2合線経由で帰路へ。途中の東広島にて。子供の日はとうに過ぎてますが良い感じでした。

01

志和の山越えの途中。なんとなく撮ってみました。



本日の走行距離は167kmでした。

大崎上島 【たまゆら~hitotose~】

5/12の記述のたまゆら~hitotose~の分の抽出です。大崎上島のカットは回想のみで少ないので行く人は少ないようですね。あぐれっしぶで出てくるかどうか。自転車で探訪する方はこの大崎上島を経由して大崎下島に行くというルートが瀬戸内海を楽しめてオススメです。その場合垂水・白水から明石まで1時間弱というタイムアタックになるのが面白いです。

01

フェリー上から痛フェリーを。割と満足の一枚です。

01 01

01 01

hitotoseから大崎上島行きのカットです。このフェリーではないようですが、以前行ったのですが、こんなに天候は良くなかったのでもう一度。上陸してちょっと進んで

01 01

一杯になる季節があるそうですが今ではありませんでした。

南に進んで某公園。

01 01

01 01

01 01

01

お次は清風荘。天候が良くてこんな日に宿泊できた客が運がいい。

01 01

ホテルの南側にある岩。

01

近くにある弓張岩です。

以上で御終いです。

大崎上島へ 


より大きな地図で 広島臨空広域都市圏 サイクリングスタンプラリー&サイクリングマップ を表示

自転車で走ってみよう!うみ・やま・そらのある風景


広島臨空広域都市圏は、広島空港をとりまく
竹原市、三原市、東広島市、大崎上島町、世羅町からなる
3市2町のこと。 サイクリングとスタンプラリーを
楽しみながら、まちの魅力を再発見する旅にスタート!

5/3竹原の道の駅にてこれを見かけました。遠征から帰ってきたら取り掛かろうということで早速行ってきました。まずは大崎上島コースの制覇へ。いつものように2号線経由で竹原到着。まずは腹ごしらえということで道の駅のレストランでモーニングを頼んでみました。

01

これで500円。まあまあかな。お次は忠海駅に向かいます。

01

途中のエデンの海に立ち寄り。天気が良いので映えます。忠海駅にてスタンプ押して竹原港へ。フェリーの時間をろくに調べていなかったので30分程待たされることになりました。時間になりようやく出港。

01

フェリー上から痛フェリーを。割と満足の一枚です。このフェリーではないようですが

01 01

01 01

hitotoseから大崎上島行きのカットです。以前行ったのですが、こんなに天候は良くなかったのでもう一度。上陸してちょっと進んで

01 01

一杯になる季節があるそうですが今ではありませんでした。

01

大望月亭へ。南に進んで某公園。

01 01

01 01

01 01

01

お次は清風荘。天候が良くてこんな日に宿泊できた客が運がいい。

01 01

ホテルの南側にある岩。

01

近くにある弓張岩です。ここから島を半周して

01

アンテナショップ。これで大崎上島は御終いです。大西港へ行ってみましたが50分待ち。

01

近くのさくらやという店でラーメンを。

01

時間になって大西行から安芸津港へ。港から東にちょっと進んでスミヨシバケツ市。スタンプ押して次へ。

01

ドライブイン黒浜。本日はここまでということで呉周りで帰路に着きました。



走行距離167km。

連休よもや話 5/3~8

連休の探訪以外のネタをまとめて。まずは竹原から。

5/3 竹祭り 【たまゆら ~もあぐれっしぶ~】2013年 

01

探訪とはあんまり関係なく祭りを満喫。ほりかわ、茶房ゆかり、のんびり亭、そして竹雀を満喫するという食ってばっかりの行程。画像はほりかわにて。ほぼろ焼きは6月いっぱいで終わるそうですね。

01

竹雀を途中で抜けて伊丹空港へ。広島空港から千歳空港は便数が少なすぎてわざわざ大阪まで出るハメに。一発撮りで単に撮っただけですが、夜の飛行機は味がありました。

5/4 札幌から東京へ 【生徒会の一存】
修学旅行編 小樽 【ひだまりスケッチ×ハニカム】
修学旅行編 洞爺湖 【ひだまりスケッチ×ハニカム】

01

北海道にて「北広島なう。」とか呟きましたがスルーされました。前フリが必要だったなあと反省。北海道は特急は使わず鈍行のみで移動。初日は一日散歩きっぷで十分でした。

5/5 修学旅行編 函館 【ひだまりスケッチ×ハニカム】
竜飛岬へ 【CLANNAD AFTER STORY】

01

大型連休の為宿の手配に失敗し、中途半端な所で宿泊。黒岩駅から函館は2時間半。

01

その途中の森駅にて。結局北海道は晴天に恵まれることはありませんでした。

01

更に進んで流山温泉駅。

「新幹線が通っていない北海道で、北海道新幹線の開通を願って10年余り前に設置されたJR流山温泉駅(七飯町)の 新幹線の車両3両が、6月末までに撤去されることになった。」

だそうですが、車体は塗装の剥がれとかもあってようやくお役御免という所でしたか。

01

この日函館にはフォロワーさんが来ていたようですが合流は出来ず。このお店の中にいることはTLで分かっていたのですが混雑しすぎて入れませんでした。

01

結局函館はひたすら探訪をして御終い。予定ではゆっくりフェリー旅と考えていたのですが、時間を早めて竜飛岬を巡るように時間調整。スーパー白鳥に座れるかが不安だったのですが、10分前でも余裕でした。北斗星から乗り換える客が割と多く、その方々が立ちとなっていました。函館駅はこんな壁とかあって次はもっとゆっくり巡りたいです。

01

駅の売店にて買った駅弁。ラスト1で選択の余地なし。あまり期待していなかったのですが予想に反してかなり美味しいものでした。ちなみにスーパー白鳥内で車内販売もあってそれを買うのもアリでした。

01

龍飛岬をめぐってから青森のホテルにチェックイン。ググったらラーメン屋がお勧めということで行ってみました。味の札幌 大西。頼むは一押しの味噌カレー牛乳ラーメン。ゲテモノの部類かと思ったら美味しかったです。

5/6 陸奥横浜 菜の花は全然咲いてませんでした 【CLANNAD AFTER STORY】
盛岡巡り 【3月のライオン」

この時期の北海道から南下旅は桜前線と何処で出会うかが面白い。そう聞いて期待していたら見事に通り過ぎました。八戸を走った時に満開の桜を見かけたのですが、それを撮りに行くべきでした。盛岡でも大丈夫と思ったら散りかけでした。今年の桜は難しすぎです。

01

盛岡城址です。満開は3日あったかどうか。八戸で今年はどんな塩梅か訪ねたら「天候が悪くて数件のキャンセルが出た」と。それと「桜前線の状況は東京に来るまでは活発に報道されるが、それを過ぎるとからっきしなのが納得がいかない。」とも。このコピペのままだと実感しました。


台風がくるようです。強いです。

今台風は九州にいるようです。

和歌山で土砂ダムがくずれそうです。危険ですね

名古屋で100万人が避難対象です。風と雨が強いです。

全国の皆さん!今東京が大変です!ほら!新宿駅でみんなが困ってます!
東京がすごく大変です!全国の皆さ~ん!みんな駅で立ち往生してますよ!
大変だと思いますか?ですよね!東京人が今大変です!
池袋も大変ですよ~!!ついでに横浜も大変です!風が強いです!首都東京が大変です!!
水没してます!社員のみなさんは会社に泊まるそうです!
あ~大変だ!日本の首都東京がすごく大変です!
見て!タクシーが木の下敷きになりました!これはすごく大変な状況です!
これは大変だ!どうしようもないです!大都市首都東京が暴風域です!
みなさん気をつけてください!!
ああ~日本の首都東京が台風で大変だ!みなさん!東京が台風で大変ですよ!ほら!!

今は東北が大変です。がんばって


「数日前弘前ではあまり咲いていなかったので満開の桜のパネルを用意していた。」とも聞きました。
みちのく桜紀行2013 ⑱弘前公園の桜パネルがむせび泣く

せっかくの稼ぎ時に天候不順に襲われた北海道、東北。酷いものでした。

5/7 花巻、宮守 【咲-saki-】
仙台駅周辺 【3月のライオン】
瑞鳳殿 【咲-saki-】

世間一般はGW明け。公共交通機関の混雑が緩和されます。と言っても特急はこの後使っていません。

01

宮守から花巻に戻る列車にて。トラブル発生。復旧できずに臨時バスの運行となりました。こんなの初体験です。乗客の数人が殺伐としている様を見て逆に冷静になってました。花巻駅にて列車を一本待たせてそれに一気に搬送する様は面白いものでした。南に行く奴は私だけだったようで。花巻駅で小一時間待ちぼうけになりました。

仙台からは鈍行で高崎へ。こういう芸当は18切符の時にやるものなのですが。なかなか感動的な移動距離になりました。

5/8 高崎再び 【僕は友達が少ない】
男15歳の苦悩 【Kiss×sis】
足利をゆく 【ヨスガノソラ】
平日の鷲宮 【らき☆すた】

最終日。北関東を巡ります。

01

渋川駅。仙台からは天候は回復していました。こういう天気が毎日だったら良かったのに…

01

足利市駅に向かう途中の橋。「渡良瀬橋」と書いてあってこれは森高千里の曲とは関係ない橋だろうと思っていたらずばりここがそうでした。知っていれば撮りまくったものを。




01

鷲宮からは秋葉原へ。色々店を巡って飯は何処で食うか迷いましたが結局スタ丼でした。この後は新宿に移動しバスを待って大移動。

01

5/9 ようやく広島に帰ってきました。西はずっと天候良かったようで。費用はかかりましたが得るものも多かった旅でした。

平日の鷲宮 【らき☆すた】

足利市駅から鷲宮は1時間。夕暮れ時に鷲宮に到着しました。もう北関東とも呼べない範囲。最後に寄ってみたという塩梅です。電車を降りて改札に向かうと

01

痛神輿が展示してありました。神社に向かいます。

01

途中ののぼり各種。年月が経っているだけあって破れほつれがありました。

01

茶屋の前の石碑もこんな感じ。

01

設置当初はこんな具合でした。

01

神社は平日だけあって静か。

01

この雰囲気がいいんだよね、と絵馬掛けを見てみると違和感。

01

こうなっていましたか。後は絵馬を眺めます。

01 01

らき☆すた関係の絵が多いのですが

01 01

違う神社、作品の絵馬も。

01 01

ガルパンですね。

01 01

某フォロワーさんにも目が止まったようで笑いました。これにて6日に渡る探訪旅行は御終い。帰路に着きました。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

足利をゆく 【ヨスガノソラ】


より大きな地図で ヨスガノスラ を表示

地上波であんなシーンやこんなシーンが流れたことで話題になったこの作品。寄る機会を得たので行ってきました。足利駅からはちょっと遠いのでレンタルサイクルで。今回は太平記館から借りて行きました。樺崎八幡宮まではざっと6kmでした。

01 01

01 01

01 01

01 01

流石は平日。誰もいません。

01 01

絵馬は数枚が寂しく飾ってありました。

01

この八幡宮は足利市指定有形文化財になっているそうですがちょっと寂しい。知る人ぞ知る史跡という感じでした。この周辺を。

01 01

まず近くの廃墟のような所。

01 01

更にきたに進んで某屋敷。

01 01

01 01

八幡宮の前の道を進んでカーブミラーの場所です。これで御終いです。この後は自転車を返却して足利市駅から鷲宮に行きました。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

男15歳の苦悩 【Kiss×sis】


より大きな地図で キスシス を表示

知る人ぞ知る(とう言うほどでもないですが)DVD付 Kiss×sis (7) 限定版 にて制作された伊香保温泉編の探訪でございます。予想よりしっかり書き込まれていて満足しました。

高崎から伊香保温泉へ。メジャーな行き方は渋川駅からバスに乗って。本数はそこそこ多いのですが問題が一つ。高崎から渋川への電車の本数が少ない。他の手段は高崎駅からのバス。こちらは更に本数が少ないです。私は高崎駅でしばらく待たされてから渋川駅到着。バスの待ち時間は数分でした。登り坂をひたすら上って到着。まずは石段に向かいます。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

同じ場所ですが色々なカットがあってあなどれませぬ。ちょっと階段を上って

01 01

田中屋。キャプ画とにらめっこしてどうにか発見しました。

01 01

01 01

ぽっとるのお店。ぐーぐるで探すも見当たらずこれは無理かと思ったら最後に発見しました。

01 01

平日の朝なのでまだ開いていません。連休明けということで大抵の店が閉まっていました。

01 01

射的のお店。階段の下のほうです。

01 01

うどんの店なんですが、この階段付近ではなく上毛三山パノラマラインをちょっと下った先の店のどれかだと思われます。そこまで歩く気力が無かったので諦めました。ちなみにこの店は階段途中にあります。

01 01

森秋旅館。他にも色々あって特定出来ていなかったのですが、おそらくここで正しいと思われます。バスの時間に追われながら温泉街を後にします。

01

バス乗り場付近から。

01

今度はもっとゆっくりと楽しみたい場所でした。お次は珍宝館。行く方法はバス一択。高崎行きのバス、もしくは群馬バスが営業している水沢経由渋川行きのバスのどちらかで途中下車です。歩くとなるとかなり長いのでお勧めできません。バスの運転手に珍宝館の近くで降りたいと告げるとその前で下ろしてもらいました。

01 01

珍宝館です。連休最終日がここです。実に素晴らしい。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

これ向き間違えてます。帰ってきてから気づきました。外観を撮って館長さんに話しかけて入場。キスシスOVAにも出てきた珍宝館名物の案内を独り占めすることになりました。案内を聞くにあたってここに展示されているものはレプリカですかと訪ねたら本物ですとの答えを得ました。

「本物だと…」

歴史的価値のある品物の本物かあ。館内に空調用の設備があって店晒しではないと分かっていてももやもやしたものが残りました。本物が見れることは悪いことではない、むしろ良い機会だと気持ちを切り替えて一人で閲覧開始。

01 01

01 01

01 01

01 01

こちらまで受付の方の建物です。新館を増設したということで色々合わない気がします。

01 01

後ろの像のみ合わせてます。

01 01

これはおそらく違います。しっかり合う奴があると思われます。

01 01

以上キスシス伊香保温泉回でした。

この後帰りのバスの時間を尋ねると後40分待ち。歩いていこうかと思ったら近くにおもちゃ館があるから見ていかないかと問われました。私は珍宝館を見ることが出来たから十分です(他の場所は出てきてないからなあ)と答えたら随分と気分が良くなったようで、駅まで送ってもらえました、いやっほう。丁寧にお礼を言って渋川駅で別れました。

高崎再び 【僕は友達が少ない】

私の連休も本日で御終い。仙台の次は北関東の物件をいくつか巡ります。最初は高崎から、はがないの1期11話とnextの8話です。まずは1期11話から。

01 01

高崎駅西口。

01 01

高崎駅西口自転車駐車場付近。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

以上1期11話でした。お次はnextの8話。

01 01

高崎駅西口。

01 01

このカット合わせ方がわかりません。

01 01

01 01

シネマテークたかさきに向かいます。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

高崎駅西口に戻ります。

01 01

01 01

01 01

01 01

以上で御終いです。これから伊香保温泉に向かいました。

瑞鳳殿 【咲-saki-】

駅から瑞鳳殿までは2km程。観光バスもあるようでしたが、発着場が分からなかったため走りました。橋を渡って閑静な所に在りました。

01

長い階段を上って

01

木々を見上げながら進むと

01 01

第3巻 見開き P3。どうにか到着しました。これ合わせるのが難しくて妥協してます。この後は橋を渡った先のバス停から仙台駅へ。駅からは高崎までの移動を開始しました。

仙台駅周辺 【3月のライオン】

今回はネットという海の中で ~アニメ・ゲーム情報誌~さんを参照させてもらっています。
花巻から一トラブルに巻き込まれて14時過ぎに仙台到着。早速駅周辺の撮影に入ります。

01 01

まずは西口前。地味に広角が必要です。

01 01

構内に戻って2階から。

01 01

降りてタクシー乗り場。

01 01

構内から出て左に進みます。

01 01

隣接する商業施設のS-PALを通り抜けて

01 01

業者出入り口から道路に向かいます。

01 01

その途中のカット1。

01 01

カット2。

01 01

道路に出るとコンビニ。

01 01

道沿いに進んで

01 01

東横インホテルです。

01 01

最後は駅に戻ってメトロポリタン仙台の駅側入口から。広角が必要でパノラマ合成できませんでした。これは歩くだけでOKの探訪でした。これで3月のライオン仙台編は御終いです。次は瑞鳳殿に向かいます。

花巻、宮守 【咲-saki-】


5/7、世間一般はGW開けなれど私はまだ休み。これで天気が良ければ良かったのですが、生憎の曇り模様。
咲-saki-宮守編です。まずは花巻から。始発の前に宿から歩いて到着。

01 01

第10巻 P153。

01 01

第10巻 P53。後は桜並木を歩いて駅に向かいます。

01 01

第94局 扉絵。この時期はもう散っているのが例年だそうですがまだ残っていました。

01

満開というほどではなかったので比較的残っている奴を一枚。小山田駅から宮守駅に向かいます。宮守駅からはまずは西に向かいます。

01 01

第9巻 裏表紙。発見するのに難儀しました。

01 01

第10巻 エンドクレジット。場所同じで向きを変えて。次は鉄塔に向かいます。

01 01

第10巻 P59。

01 01

第92局 扉絵。下の方の階段とか見当たりませんでした。ここではないのかも。

01 01

第77局 扉絵。眼鏡橋を横から。角度がずれてます○| ̄|_

01 01

第82局 扉絵。望遠ですが、位置も間違えてそうです、とほほ。

01 01

第9巻 表紙。完全に合わせるのは難しく妥協してます。

01 01

第10巻 P52。駅に戻って一枚。これにて御終いです。花巻から仙台に向かいます。

この宮守への電車は本数が少ないので一本逃すと1時間以上待ちぼうけになります。今回は7:21着、8:54発の1.5時間でこなしました。ざっと6km程歩く羽目になって疲れました。

盛岡巡り 【3月のライオン」

盛岡は3月のライオンにて出てきた舞台。誰かが行って仔細にレポがあるだろうと来てみたものの前人未到であることが発覚。現地のアニメイトで7巻を購入し場所の特定を始める。なんという泥縄。どうにか目処が付いたので(有)佐々木自転車商会にて自転車を借りていざ出発。まずは駅前から。

01 01

この1カットのみ。次は御所湖へ。適当な交通手段がなかったためここから自転車で。片道14km。大したことはないと思ったら割と強い風。これが「やませ」という奴ですか。東北は自転車で走るのは難儀だろうなと必死にペダルを漕いでどうにか到着。

01 01

まずは橋を渡ってからの外観。望遠が足りないのでトリミングで誤魔化してます。

01 01


ホテル大観にて。この大観という文字でぐぐったら特定出来ました。許可を取り撮影。反対向きは壁側なのでこちらから。

01 01

玄関。

01 01

ロビー。これ以上は宿泊しないと無理と判断し引き上げました。

01 01

このカットは去ってから気づきました。逆方向からの撮影ですが感じだけでも。

この後は盛岡城址跡にて桜見物をして花巻に向かいました。

陸奥横浜 菜の花は全然咲いてませんでした 【CLANNAD AFTER STORY】

竜飛岬の次は下北半島へ。列車内撮影が面倒なのでこいつを最初にすることを目論む。線路終端の撮影と同時に片付けるため大湊駅の列車到着時刻に合わせてホテルを4時に出発。レンタカー芸の優秀な点が始発より早く動けることですね。と言っても4時の時点で既に明るみ始めていました。どうにか6時に到着。

01

入線して早速撮影開始。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

無事終えて発車を見送りました。

01 01

終端。お次は陸奥横浜駅に向かう途中の物件。菜の花畑へ。

01 01

うん。分かってはいましたがちっとも咲いてません。季節限定とか難しすぎます。

01 01

01 01

01 01

かなり適当な合わせ方ですが、この自燃苑だけは特定可能。ただ、立ち位置はもう一つ向こうの道にもあったらしい○| ̄|_
この辺り調査不足で撮り逃しだらけです。

01 01

菜の花畑を後にして更に南下。防風壁。

01 01

やってきました。陸奥横浜駅。人なんていませんが有人駅でした。許可を得て撮影開始。

01 01

01 01

駅外側。人居ませんでした。

01 01

01 01

01 01

本日もあまり良い天気ではありませんでしたヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

01 01

駅を離れて某交差点へ。

01 01

01 01

更に南に行って防風壁。もうちょっと緑がある時が良かったです。5月なのになあ。ここから八戸駅へ向かいます。

01 01

新幹線乗り場。

01 01

こちらは未だ工事中。これにてクラナドアフター青森編は御終い。新幹線に乗って盛岡へ向かいました。

竜飛岬へ 【CLANNAD AFTER STORY】

函館駅からはスーパー白鳥に乗って青森へ。指定席券は取れずに自由席だったのですが問題なく座れて事なきを得ました。この列車と車内もまた舞台。地の果てである青森からクラナドアフターの探訪です。

01 01

外観。これは青森県で撮影可能らしい。下調べ不足で駅構内で撮るだけに留めました。

01 01

椅子に備え付けられている青函トンネルの図が背景だったとは。

01 01

新青森駅で皆が降りるのを待ってから撮りました。お次は龍飛岬。公共交通手段が弱いため最初からレンタカーで行くことにしていました。予約が取れるかが不安だったものの天候が悪かったせいかあっさり手配出来きました。龍飛岬をナビに登録するのに手間取った(読み方分からず教えてもらったw)もののどうにか出発。青森から約80km。IPhoneをmp4プレイヤーにしてドライブ。曇天模様だったのがアレでしたが。18時前に到着。着いたら凄い風でした。

01 01

ここは駐車場から少し降りたところ。

01 01

こちらは展望台。ちょうどどこぞの団体客が訪れていたもののすぐに立ち去っていきました。長居する場所ではないですしね。一人になってから黙々と撮影。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

時間帯は夕暮れどきだったのですが、生憎の空模様でご覧の有様でしたヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
もうしばらく粘ったものの雲は切れずに全然赤くならなかったので本日の宿に向かいました。

修学旅行編 函館 【ひだまりスケッチ×ハニカム】

こちらも舞台探訪総研を参考に。

函館は宿の関係で9時過ぎに到着。昨日に引き続き生憎の曇天模様。それでも気を取り直して出陣。

01 01

【JR函館駅】まずは駅前から。この後近くのホテルのレンタルサイクルを利用して函館巡り開始。

01 01

【金森赤レンガ倉庫群】ずっと車。GWだし致し方なし。

01 01

【ザ・グラススタジオイン函館】こちらにも車。観光地だものなあ。

01 01

【八幡坂通・西部環状線交差点(はこだて西波止場美術館)】道路の真ん中に立って撮るのは諦めて道の端から。

01 01

【八幡坂通】港町の名物は坂だよね、となかなかきつい坂でした。登りきって次へ。

01 01

【旧函館区公会堂】左右反転してます。

01 01

【函館山展望台】せっかく行ったのですが霧でダメダメでした。これはロープウェイの途中から。

01

上はこんな感じでした。ここから五稜郭へ。結構な距離がありました。

01 01

【五稜郭タワー】下の方をなんとなく合わせます。タワー上部は

01

こんな感じでした。そしてこの場所は物凄い混雑。GWに来る場所ではありませんでした。

01 01

パノラマ合成とかする気にならなかったのでこのままで。

01 01

01 01

売店。

01 01

ずっと混雑で人無しの撮影は無理でした。

01 01

01 01

01 01

01 01

土方歳三像。ここから旅館へ。

01 01

【割烹旅館 若松】門のみ。

01

【湯元漁火館】入って撮影してすぐに出てきました。時間があれば堪能したのですが…。

01 01

01 01

01 01

最後は空港へ。レンタル自転車で行く場所ではないです。

01 01

【函館空港】

01 01

ロビー。

01 01

送迎デッキにて撮影。この空港も人多すぎでした。函館駅方面に戻り自転車を返却して次の地点に向かいました。

修学旅行編 洞爺湖 【ひだまりスケッチ×ハニカム】

こちらも舞台探訪総研を参考に。

札幌から室蘭経由で洞爺湖へ。小樽周りの方が早かったと知ったのは後になってからでした。見知らぬ土地ってやつはヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
駅に到着してもバスの接続が悪くて無駄に時間を費やすのが困りました。バス乗り場から見回してみると目の前にレンタルサイクル発見。移動の合間ぐーぐる先生に質問の雨を投げかけて見つけきれなかったというのに。これで勝てる、と借りて移動開始です。まずは西側へ。

01 01

【洞爺湖・噴火記念公園周辺】相変わらずどんよりの空模様。SAN値が削られます。見直してみても色々駄目で○| ̄|_ってなってます。

01 01

モニュメント色々。晴れた日ならばこれを見て巡るのは楽しそうです…。

01 01

01 01

この標識を撮ってボート乗り場に向かいます。

01 01

【洞爺湖・洞爺マリン】乗り場の方に撮影許可を得て撮影開始。左右逆だけれど仕方なし。

01 01

01 01

今見直してみると違うやつですね○| ̄|_

01 01

01 01

01 01

以上洞爺湖編でした。室蘭周りで移動したのは途中の白老の1カットを撮ることを目論んだ為なのですが、接続がどうにもならなかった為諦めました。

修学旅行編 小樽 【ひだまりスケッチ×ハニカム】

ひだまりすけっち修学旅行編はすべて舞台探訪総研を参照させてもらっています。凄くいいページです。

札幌駅から函館本線に乗って小樽駅へ。朝一の列車に乗り込んで出発。ところが生憎の空模様。テンションがた落ちです(´・ω・`)ショボーン
気を取り直してまずは【旧日本郵船】まで歩きます。20分はかかったかな。

01 01

【旧日本郵船】疲れました。自転車が欲しいところですが、レンタサイクルがあったとしてもまだ開いていない時間です。

01 01

【小樽運河】朝早かったようで観光客なしで一枚。この後すぐに人が訪れてました。

01 01

【小樽出抜小路・火の見櫓】いまいち合わず。バランス重視した一枚を。

01 01

【小樽大正硝子館本店】当然まだ開いていない時間帯なので外観のみ。

01 01

【おたる瑠璃工房前】さて撮るかと構えた瞬間に滑り込む車ヽ(`Д´)ノウワァァァン

01 01

【六花亭小樽運河店前】なんの店かわからないまま撮影、何か違う気がするけれど次へ。

01 01

【ルタオ本店】同じく、観光客じゃないです。

01 01

【小樽オルゴール堂】見て楽しもうにもまだ開店していない街を歩き回る時点でおかしい。

01 01

脚立とかは流石にないです。

01 01

【ソフトクリーム店】

01 01

早々と南小樽駅に向かいます。列車に乗って小樽築港駅に移動し港の舳先へ。

01 01

【ウイングベイ小樽】撮ってダッシュで駅に戻り札幌に向かいました。

小樽で観光らしい写真は天候のせいであまり撮らずじまいで、撮ったのはこれくらいでした。晴れていればもっと映えていたであろうに。天候ぇ…

01

札幌から東京へ 【生徒会の一存】


今回の記述は舞台探訪総研さんを参照させてもらっています。

昨日のオフを途中で抜け出して向かった先は北の果て北海道。はーるばる来たぜはーこだてー、って札幌ですが。一泊した後まずは駅に向かいます。

01 01

01 01

01 01

この東京遠征の話は時間と金を使って無駄な時間を費やしたというものなのですが、これもアリかなと思えるようになりました。人生に無駄は必要なのです。東京から札幌までの行程で某地域で盛り上がっていますが、列車も旅は時間が許せばやってみたいですね。作品の中に出てくる

01

青春十八切符。今は新幹線が開業したせいで秋田周りでないと行けません。

01

こちらは寝台。やってみたいのですが、移動だけにこれだけ時間を費やすのは本当に贅沢。学生時代ならありかと思える理由がここにあります。

以上、ささやかですが生徒会の一存でした。

2013年 竹祭り 【たまゆら ~もあぐれっしぶ~】

GW後半開始。最初は竹原の竹祭りです。当初の予定ではこの日から遠征しようと目論んでいたのですが、今年は竹原に多くの同士が来るということで迎撃することにしました。広島からバスで竹原へ。高速で少し渋滞があったもののちょっと遅れただけで竹原に到着。同じバスに同士が乗っていたのに気づいたのは降りる間際でした。彼はパネルを持って竹雀に寄贈するとのことでした。

01

こちら。なんとノリの良いこと。OPセレモニーが始まる前にまずは旧笠井亭へ。

01

こんなものが展示してありました。10時になったのでOPセレモニーを見に。

01

竹の楽器演奏でした。この後パレード開始地点に行って撮影開始。

01

01

場所取りも上手くいってスムーズに撮影できました。後はひたすら食べたり雑談したりと祭りの空気を楽しみました。

01

かかえ地蔵。流石は大型連休。こんなところにも人だかりとは。

01

姫の撮影イベントなるものもあるようで色々撮りにかかりました。

01

15時からは竹雀二階にてオフ。参加人数はなんとふた桁。午後のパレードが丁度店の前を通っていたので皆で撮りにかかりました。

01

満足して次の遠征先に向かいました。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。