スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の休日の探訪 【夏目友人帳】

まずは昨日のコンサートの事。ささやかながら新聞に載ってました。

特集- 土曜インタビュー 「“夏目友人帳”の音楽を手掛けた作曲家の吉森信さんに聞く」

こちらが熊本日日新聞のスキャン。

01

興奮冷めやらぬまま次の日。朝早くから動きます。まずは山の江村へ。

01 01

01

淡島神社で

01

そこを流れる川です。

01 01

ここから445号線へ。山道を進む。

01 01

バス亭再び。前の道はこんな感じでた。霧がなんかいい。ちなみにここにもノートがあるのだけれどスルーしてしまいました。

01

更に北へ。OPの雰囲気の道。上から俯瞰なんて無理。

01 01

更に進んで五木村。この橋何処で出てきたか分からないので本をスキャンしてます。

01 01

今一なのでぼかしてみる。

01

うーん。ここから人吉に戻る。球磨川河川敷。雰囲気だけ。

01 01

天満宮へ。落書きをしに。絵馬を色々と。

01 01

01 01

続のOPの道。

01 01

車止まってました○| ̄|_
武家屋敷へ。直接の舞台ではないのだけれど、作者に送られるグッズがここに送られるというということで凄いことになってます。

01 01

01 01

ノートは友人帳になっていて凄い。お隣の消防署はこんな感じでした。

01

天狗橋方面へ。七辻屋。

01 01

人吉市内にも多くのウォークラリーの方々が居たようで何某かのイベントだった模様。ここは遠いので車を用いて何人もの人が訪れていました。

01

観音堂の横の山道はいい感じで違うけれど雰囲気があってるかも、と強引にあわせてみる。

01 01

こぢつけもいい所だけれども。橋へ。

01 01

01 01

天候良し。いい秋晴れでした。毘沙門堂へ。

01 01

ここから一勝地へ。球磨川に沿って下り熊本を目指します。

01 01

ここは一度来ていたのだけれど前回は野焼きで今一だったので再訪。ここからキャンプ場を目指します。

01 01

続OP。

01 01

良く出てくる所。左右反転してますが、それでもかなりのアレンジ。特定するのは無理でしょう。ちなみにこの辺りで既にAUは圏外でした。更に先に進む。

01 01

01

横井地蔵堂。二つ目の集落。

これ、本道から外れたところにあるという。前日に教えてもらっていたためどうにか到着。この辺りは本当に辺境でナビではこの辺りの道路は表示されません。こんな感じで進みます。



キャンプ場と行ってもここはあまりにも交通の便が悪すぎる。スタッフも良くここまで行ったものだと感心せざるをえません。で、見事にこの付近の電柱の撮影を逃しました○| ̄|_

ちなみに大槻キャンプ場でぐぐると天狼星さんのページが二番目に来ました。

01 01

下って球泉洞の道の駅で昼飯。もみじ丼。鹿の肉だそうです。

01

川を下って列車が動くのが見えたので構える。

01

今一か。突発ならこんなものか。海路駅付近です。瀬戸石駅はこの次です。がスルーして一気に宇城市へ。笠松橋とか行きたかったけれど時間が足り無すぎ。3号線に入ってからは渋滞にはまって時間を浪費させられた。

01 01

01 01

コスモスは咲いているといえば咲いていたけれど満開には遠かった。

01

別の場所へ。

01 01

同じ角度で撮るのは無理。かなりの妥協。

01 01

違うかなと思ったらここで正解だったようです。ここから水前寺駅通へ。

01 01

これにて今回の探訪はお終い。熊本駅にてレンタカーを返却し夕飯を食べてから帰路に着いた。

その他。

球磨川を下っている最中ラフティングを見かけたので撮ってみた。天狗橋付近。

01

01

一勝地駅付近。

01

駅は何故か車で満杯、それはSLを待ち構える人でした。

01

SLキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

01

01

01

天候も良くて満足でした。この列車はここで停車していつもガラガラの駅が人だかりになるのは面白いものがあります。これは昨日の大畑駅もそうですが。

01

休日の球磨川沿いを満喫できて満足でした。後、昨日手に入れたとっくりを用いてツイッターで画像をUPしながら進んでも居ます。まとめてドゾー。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

次は5期が放送されてから来たいかな。ちょっと行くのが面倒なのが厳しいのです。

スポンサーサイト

雨の霧島 【咲 -Saki-】

雨の霧島
 
伯方島へ

姫松を行く

中津川を巡る

安曇野、松本

大畑駅から霧島神宮までは60km強。下道で行くことにした。雨の中の行軍で疲れた。山を抜けるということで結構霧が出ており、視界が悪かった。事故らいように丁寧に運転したのがきいた。目的地に到着。

01 01

8巻表紙。近くのコンビにまで戻り補給。霧島神宮へ向かう。到着。

01 01

第56話 全国。前回来た時にスルーしてしまった奴。せっかくだからと本殿まで進む。

01

01 01

73話。雨の影響で肌寒かった。咲へ進む。

01

人はいないようだけれど

01

01

本殿付近には多かった。長かった工事が終わってそれを眺めにわざわざ雨の中来たのだと。

01

賽銭を投げ込んで霧島神宮を後にした。帰りは高原ICから高速に乗って人吉に帰還した。

今年の秋分の日は少し特別な日 【夏目友人帳】

5月に行ってから今年のうちにもう一度人吉行こうと考えていた。前と同じく平日に行くことも考えたけれど休日に出かけて知り合いに会うのも一興。そう考えて22、23日にした。良い塩梅に知り合いが来ていた。イベントの為に来ていたと知ったのは前日のことだった。

前回と同様にバスで人吉入り。博多までの夜行バスの後宮崎行きのバスへの乗り継ぎだと11時前に到着。ちょっとだけ早くする為に前日友人宅に泊まり朝一で向かうことにした。
01

9時過ぎに到着。最近になってこの人吉ICを平日にもバスが通過することになったと聞いて確認。

01

これかな。ここからトヨタレンタカーに送迎してもらい早速手続きへ。その受付にも

01

こんなのがあった。そこそこ受けがいいのかな。錦町の田畑へ向かってGO。

01 01

駄目でした○| ̄|_
田畑は舞台探訪には鬼門であることを確認。
この写真は雰囲気だけで違います。次は一武八幡宮へ。

01 01

01 01

建物は特定しやすくて助かる。お次は段々畑へ。嫌な予感がぷんぷんと。諦めても良かったが行ってみた。

01 01

はい、駄目でした。後から考えてみると撮影地点が間違っているだけで場所は合っていたような。次は正確に場所が特定されてからにしよう。お次は大畑駅へ。細い道を行くことになると気合を入れて挑む。すれ違い無しで到着。

01 01

01 01

車が数台止まっていて何かあるのかと時刻表を見てみる。

01

なるほど、電車が来る時間でしたか。その前に構内を撮影したり。

01

ほどなくして到着。

01

01

特急はこの駅にしばらくの間留まって乗客はその間に駅を散策していた。この後大畑駅俯瞰地点に行こうと目論んだが、凄い雨が来た。車の中に退避し行き先を設定しようとしたらナビには登録されておらず、グーグルマップにも出てこない場所だった。そんな場所に俺が行ける筈が無い。というわけで諦めて霧島神宮へ向かった。



雨の霧島 【咲 -Saki-】

帰りは高速を使ったので18時前に人吉に到着。宿泊先にて一息。本日は吉森 信 ピアノコンサートがあるとの事。チケットは入手していないので会場前に行くであろう友人に一目会えれば満足と早速電話してみた。隣の部屋に宿泊していたw

早速合流。もう一人の友人は既に会場に行っているというので行ってみた。こちらも合流成功。会場はこんな感じでした。

01

01

これで引き返しても良かったのだけれど念のために本日分のチケットが無いか確信してみた。満席で狭い所で良ければとの返答をえた。充分です、と応え19時まで待った。都合よくキャンセルが出たとの事だったのでチケットを入手出来た。入場し開始を待つ。
時間になり早速開始。最初の一曲は日常の風景だったか。もちろんピアノソロ。

01

途中小話を挟みつつ進行。途中で小休憩。分かっていたことだけれど友達二人は既にこちらにつてがあって参加していた他の方々と親交を深めていた。参加していた面子は7割が女性。残りの男性の中には観光協会の人なども含む。純粋なFAN?は少なかった模様。私も隣の女性に話しかけてみたりした。舞台探訪はされているのか、と。そしたら数回巡っているとの返答が来た。ただ、私と違って夏目友人帳の探訪はするがその他の作品はやらないという感じだった。夏目友人帳という作品の違いを感じさせられた。

小休憩が終わり再開。その後の小話ではこんなのがあった。「私は楽譜を清書したりせず、最初に書いた汚いままで使っている。夢の中で夏目友人帳に出てくる妖怪が現れた。それはカリカミ、古い紙を再生する力を持つ妖怪。そのカリカミに願ったのだと。自分の書いた楽譜を綺麗にすることは出来ないかと。するとカリカミは私は古い紙を再生することは出来るがそれは管轄外だ、と答えたのだと」ちょっと面白かった。

演奏が進みアンコール。最後は蛍火の杜への曲だったかな。その後人吉副市長の話があってそれから先日、8月の花火大会のポスター争奪ジャンケン大会が行われた。皆さん気合が入っているのですが。私はカンを働かせて2連勝。商品を手に入れる所に来た。のだけれど、このコンサートチケットは2週間前に売り切れ、その後追加席を作られたのだと。他の参加者と比較しても熱意が薄いので遠慮。こちらのものを頂いた。

01

このとっくりは次の日にそこそこ使った。本来の用途からはかけ離れていたけれど。そして最後に楽譜が配布された。

01

サインと絵柄入り。この絵柄一枚一枚違うという力の入れ具合。FANを大切にする素晴らしいコンサートだった。この後友人二人に付き合って面通しをさせてもらった。得るものが多い一日だった。次の日は朝一から探訪するのでここでお別れし宿に戻った。

FC2トラックバックテーマ  第1512回「自転車でどれくらい走った事がある?」


FC2トラックバックテーマ  第1512回「自転車でどれくらい走った事がある?」



ブログに上げている中で一番長いのはこれです。
出雲に行ってきた【かみちゅ】

180km。お次はこれかな。

本渡-鹿児島 Road to Cape Sata

163km。後は150km越えがいくつか。長く走ることを目指すと寄り道する時間が少なくなるのが痛いです。走行距離を目指すのも結構ですが、その途中にある風景を楽しむのも大切ですよ。

そんなわけでこれをお勧めしておきます。

ロングライドをする君へ

広い広い倉敷を巡る 【めくりめくる】

前回【咲】御影編からの続きです。

六甲道から神戸の先まではまだまだ大阪都市圏。山陽本線の各駅停車に慣れていると快速がある区間が新鮮。その上に新快速があることを知ったのは快速に乗ってからだった。無駄に乗換えをこなして岡山到着。ここから南、児島駅に向かう。その前に乗り換え時間20分強を使って駅近くの探訪開始。

01 01

01 01

01 01

もう少し余裕があればと思いつつ駅に戻る。児島駅まではマリンライナー。乗るのは初めてでこんなんなってました。

01

児島駅から下津井循環線 とこはい号に乗って展望台へ。40分程で到着。バス停からちょっとだけ歩いて到着。

01

01 01

まあまあの天気でした。バスは一時間に一本なのでここで時間を潰す必要あり。昼時と言う事でレストランで食事。

01

こんな風景を眺めながら

01

こんなのを食べてました、旅情あんまり無いけど気にしない。しばらく休んでから帰りのバスに乗り込み児島駅へ。今度は旧野崎屋住宅。別のバスへ。せっかくの18切符の旅なのにバス代がかかってあまり甘みが少ない旅になっていった。バス停から少々歩いて到着。

01 01

満足して早々に立ち去った。これ入り口の近くです。児島はジーンズ発祥の地ということでこんな風景も見られた。

01

なんか微妙な空気かなと。児島駅に戻って岡山経由で倉敷入りするのが正しい18切符使いなのだろうけれど児島駅に戻るのが面倒になってそのまま倉敷駅行きのバスに乗り込んだ。直線だから列車より早く、大した料金かからないだろうと思った。その思いは裏切られた。1時間弱かかって料金も列車と大差なかった。唯一の利点は美観地区入り口に到着したことくらいか。

01

美観地区より乗ってきたバスを。前回タクシーが止まっていたところを再撮影。

01 01

今回は前回探せなかった5話の所を探し出そうと考えていた。結構歩き回ってどうにか発見。したと思ったら工事中でしたヽ(`Д´)ノウワァァァン

探訪する気が激しく低下したので帰宅することに。商店街を通って。

01 01

01 01

前回がかなり大雑把だったので取り直し。駅の北側へ。

01 01

今にしてみればもう少し引いて撮れと小一時間問い詰めたくなる出来。

01 01

人が居るのはしかたないとしてもまっすぐに撮るべきだったのに。この日の撮ったやつはどれもこれも不満が残るものだった。こんな日も有るかと気分を入れ替えていこう。

それはそれとして。後は帰るだけと簡単に考えていた。今回は駄目駄目だった。廿日市の踏み切りで人身事故があり山陽本線はボロボロ。他の路線が多数入り組んでいるわけでもないのに遅々として進まず。広島駅到着は1時間遅れた。

01

これが前回遭遇したら酷い目にあっていたのだなと、今回は帰宅できなくなる事態にはならずに良かったとそう考えることにした。

御影から朝の探訪 【咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A】

青春18切符5回目。これで最後。今回の目標地点は御影。ここまで行って帰ってくると寄り道する余裕無し。これはあまりにも面白くないので大阪まで夜行バスで行ってそれから帰ってくる事を目論んだ。0泊2日。なかなかの冒険の始まりです。

バスは値段に引かれて2500円の奴を選択。4列スタンダード。寝れなくても良いと開き直ったが、実際に寝れたのは2時間あったかどうか。これを二日続けろだったら泣いて謝りますが、一日だったのでなんとか頑張れた。大阪駅に6時過ぎに到着。ここから阪急御影駅へ。JR御影駅から歩く案も考えたけれど却下。山ということで歩く距離は押さえる方向で。

駅から降りると通勤通学の方々ばかり。こんな日に遊べるのは実に楽しいなと思ったり。逆に遊んでいるときに働くこともあるのだけれど。目的地は聞いていた通りの坂だった。
01

18%って何。この標識からもう少しして到着。兵庫県の方々は大阪に出るのは良いとして普段の生活が坂だらけで面倒そうだなと実感した。

01 01

到着。狙っていた時間帯に到着。この後下りとはいえだるいなと思ったらバス停発見。数分待てば来るようなので待って乗ってみた。簡単に駅まで到着。

01

坂を歩いた苦労はなんだったのだろうと小一時間思いながら西に向かった。めくりめくるに続きます。

ちなみにこの路線は32循環〔JR六甲道-公園前〕[神戸市営バス] です。JR六甲道駅もしくは阪急六甲駅から乗って公園前で降りるとスムーズに到着できます。

大急ぎで博多巡り【夏目友人帳】

前からの続き。せっかく博多まで来たのだからと夏目友人帳にもかかる。次郎丸駅までどう行ったものかと思案していたら福岡マリンメッセから次郎丸駅まで走るバスがあることを知る。それに乗って行くことにしたのだけれど余計に時間がかかってしまった。おそらく天神行きのバスに乗り、それから地下鉄で向かった方が早かった。駅には16:40に到着。これから巡るには時間が全く足りない。上手く行っても無理だったのだけれど。諦めて駅外観を撮影に留める。

01 01

01 01

01 01

地下鉄に乗って天神南駅へ。ここからは博多駅まで徒歩。途中かろのうんに寄って外観だけ。時間があれば寄ったのだけれど。

01 01

01 01

博多駅からは18切符使っての終電?となった。

良い青春18切符使いの諸君!
こういう芸当はやってはいけない。
在来線がトラブルで止まってしまうと
路線修復する余裕が無くて
帰宅できなくなるぞ。

と何処かの四次元殺方のコンビが言ってました。その時は新幹線、バスを使ってどうにかしようと考えていた。トラブルもまた旅の醍醐味であると。けれど意に反して何処も遅延することすらなく家まで辿り付く事が出来た。

新道寺へ 【咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A】

青春18切符四回目。今度は九州まで行って来ました。今回は人は島嶼にあらずさんを元に巡りました。

目標地点は新道寺。片道5時間越えの旅の始まりです。遠方ゆえ始発芸をしようと目論むも始発で行っても接続が悪く1時間弱待つことが判明。そのため出発を遅らせて開始。まずは新山口まで。

9月に入ってからの行動の為、学生さんの往来が続く。通勤通学の空気も9時前まで。その後はまったりとした地方ローカル線の旅。新山口まで乗った列車はこれでした。

01

新山口で小停止。外に出る時間は無かったので構内を一巡り。こんなのがありました。

01

お次は下関まで。下関で小倉行きに乗り九州上陸。小倉駅にて玄海蕎麦を注文。

01

正直あまり期待していなかったのだけれど美味しかった。小倉から日田彦山線(日田行)に乗って石原町へ。見るからにくたびれた列車登場。

01

5時間以上かけてようやく到着。

01

早速探訪開始。

01 01

何故こんな場所が判明したのかと小一時間。感心するしかありません。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

これにてお終い。石原町では1時間に一本位の感覚で上り下りの列車が来ます。私は1時間の間にこの区間を巡りきりました。原作は4ページ分しか無いのにこれだけ緻密な現地取材。それもまた感心させられます。予定はこの後引き返すつもりでしたが、冒険したくなって博多まで行きました。博多にて撮影。

01 01

これはマリンメッセ福岡の近く。博多駅から4km弱だったのでバスが居ないかと調べてみたら発見。乗り場を探すのに手間取りましたがどうにか乗り込み撮影地点近郊まで到着。撮ってすぐさま帰りのバス乗り場に向かいました。夏目友人帳に続きます。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。