ロングライドをする君へ

自転車に乗ってちょっと遠くまでお出かけ。その魅力に惹かれた貴方、僕と契約して友達になってよ、というのは半分冗談です。せっかく遠征して何某かの記念に残したい、けれど何を撮ればよいか分からない。私も最初は色々試行錯誤をしてなんとなく分かったような気がするのでそれをピックアップしてみます。何某かの参考になれば幸いです。

その前に撮影のコツのようなものを。と言っても私が書くよりぐーぐる先生に聞くほうが詳細。そんな中からお勧めなのがこれ。

写真をうまく撮るための4つのルール
http://matome.naver.jp/odai/2132831824255800601

これには書いてありませんが、他に知っていたほうが良いのが

・水平線を合わせる

傾いているとどうもしっくりきません。うまく水平に成らなかった写真も後から加工する事は可能。水平が合ってない写真を一度合わせてみると実感できると思います。

・カメラは可能な限り固定する

今時は手振れ補正がかなり優秀ですが、それでもカメラを固定しておくとよりくっきり撮れます。光量が望めない時、タイマーを使う時に安い奴でも三脚があると役に立ちます。ロングライドをやる方には必須のアイテムです。

それではさっそく上げていきます。まずは

・案内標識

大きな道路にある距離標識。面白みは少ないですが、目的地まで踏破した距離を把握出来るので充分いけます。

01

長野県上田市

01

鹿児島県佐多岬からの帰り道。国内ではこれが最長かな。

・特殊な標識

珍しいという意味で。都心では見られないものを見たら。

01

傾斜19℃。こんな道を走る予定は全く無く迷った結果。

・温度計

道路を走っていると時々見かける。状況が把握できるので良し。

01

長野県長野市。気温は35℃。

01

長野県軽井沢市。4℃。自転車乗りはこんな気温のときは走らないほうがいいと思う。

・坂

ロングライドの醍醐味の坂。上り始め、上り終わりを。

01

群馬県碓氷峠。延々と8%が続く。

01

兵庫県の某学校へ至る坂@涼宮ハルヒの憂鬱

・峠の頂上

大抵の峠には頂上の印があるので。

01

長野県南木曽町馬篭峠。

・県境

見落としてしまうことも多いけれど自転車ならば。

01

福岡と山口の境。自転車は地下道を通ります。

01

広島と愛媛の境。手書きの文字が味わい深い。

・橋

大きな橋は撮影地点を探してみよう。

01

下関大橋。自転車は通れない。

01

広島県尾道市しまなみ海道。

・高層ビル

撮りたい対象を奇数で。

01

東京都庁@シュタインズゲート

01

上野からスカイツリー

・駅

二度と寄らないような小さな駅が味わい深くなる。そこに寄ってローカル列車でも来た時は喜びましょう。

01

長野県上田市大屋にあるしなの鉄道線の大屋駅

01

熊本県宇土市にある三角線の赤瀬駅

01

広島県三次市にある芸備線の三次駅

・路面電車

都心にもありますが、路面電車ならではの味わいが。道路に敷かれたレールが素敵。

01

長崎駅前@SOLA

01

愛媛県松山市道後駅

・道の駅

道の駅は車だけのものにあらず。自転車乗りも積極的に利用して良い休憩所。外観が良いものも、中に惹かれるものが展示してあることも。

01

広島県安芸高田市 ドライブイン飛脚。内装も素敵。

01

長野県 国道19線沿いの道の駅

01

熊本県 海の駅 大矢野物産館さんぱ~る

・道路

交通量が少なく、道路と背景のみというスポットは撮ってみるとしっくりくることも。

01

熊本県阿蘇市 阿蘇パノラマライン。北側は結構交通量有り。

01

広島県呉市 とびしま海道。

・山へ至る道

霊峰となると四方に鳥居が有り、それが道を行くと目立つので。山が見える見晴らしの良い道路もお勧め。

01

山梨県 国道16号線沿い。

01

長野県小諸市かな。「あの夏で待ってる」より浅間山。

・神社

大きいものから小さいものまで多種多様。惹かれるものが合ったら寄ってみよう。ちなみに大きな神社だと朝9時に寄ってみると参拝の様子が見れるのでお勧め。

01

福岡県大宰府天満宮。この神社はアクセス良し。

01

鹿児島県佐多岬へ至る途中の海岸沿いの神社。

01

熊本県相良村雨宮神社@夏目友人帳

・教会

下調べが必要だけれど寄れるならばお勧め。

01

長崎県長崎市 黒崎教会@SOLA。市街地からかなり遠い。

・城

日本各地にある城。行く先々で遠回りしないでいけるなら寄ってみよう。天守からの眺めも期待。

01

長野県 松本城。

01

熊本県 熊本城。コスプレやっている城も。

01

山口県岩国城の展望より、錦帯橋他。

・水

目で見ると大したことが無いのだけれど撮ってみると以外と味有り。

01

岐阜県中津川市馬篭。

・ビューイングポイント

見晴らしが良いのだけれど、苦労することは避けられない。体力に自信があるならば。

01

長野県安曇野市 長峰山@咲

01

長野県 小熊山より木崎湖@おねがいティーチャー

・辺境

自転車乗りならば目指してみたい最果ての地。行くのがきつい場所。行くならば余力を持って。

01

鹿児島県 佐多岬。正に辺境。最果ての地。

01

他の端の紹介。全部行ける人は頑張って。

・季節ネタ

その時期にしか撮れないものも印象に残る。花はボカシを使って色々試してみるべし。

01

京都市南禅寺の前の水路跡。

01

広島県東広島市 地方だとこういう川を挟んだ奴を見かける。

01

熊本県人吉から八代に至る道の途中。11月の向日葵。

01

東京都奥多摩市 奥多摩湖。

・夕焼け

時間限定。日が沈みそうになったら太陽に合わせて撮ってみると違った印象になるかも。この時間帯に合わせて夕焼けのスポットに行くのを狙ってみるべし。

01

広島県尾道市千光寺から。

01

鹿児島県 最南端の道の駅根占。佐多岬からの帰り道。もう少し雲が少なければ良かったが充分。

・ライトアップ

この時間帯まで走ったら駄目だが、宿泊先から歩いていける範囲にあったら寄ってみるべし。

01

広島県尾道市千光寺のライトアップ。

貴方のロングライドが豊かになることを願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

庄原探訪のススメ【君のいる町】

ブログを開設にするにあたって新規の記事は広島周辺から始めようと思っていました。先の江田島、宮島に続いて今回からは庄原です。ここを舞台にした「君のいる町」少年マガジンというメジャーな雑誌に連載されているにも関わらず巡礼者は少ない。それはこの町が正に辺境と呼ぶに相応しい地だからか、と行ってみて納得できた気がしました。

主要な舞台は広島県庄原市高野町。庄原の市街地から更に北へ数10km進みます。庄原市街地も広島市から遠く、そこから先となるとちょっと行ってみようと思う奴は居なくなる事間違いなし。物語の中で東京から7時間かかったという台詞がありますが、これを検証すると

東京-広島 新幹線で4.5h
広島-高野 高速バスで2.5h

こんなものか。高野から広島行きの高速バス乗り場がある模様。本数は少ないです。

http://bihoku.ken-system.co.jp/Bihoku/ZIP_kousoku_120401.pdf

広島から列車の移動は最寄り駅が備後庄原。本数少なくてお勧めできません。直通は朝1のみで三次乗換え。備後庄原駅からはバスに乗り換えて高野まで行くことになります。

これは厳しい。たまゆら@竹原も接続悪い、なんて言っていたけれどこれに比べると楽。皆からあまり注目されないのも仕方なしか、と。宮島の方は行った人が居るようですがこちらは無し。正確には2chで行った人が居るらしいことが分かっただけです。

そんなわけで下調べからやる必要有り。まずは単行本1,4巻の後書きから主要地点の住所調べ。キャンプ場への所要時間のみ記載。これからどうしろと。ぐーぐる先生で調べてみると先人が調べた軌跡がありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/nao_bb89/folder/1501279.html

ぐーぐる先生で調べて終わりのようですが。これでも充分。後は現地で調べてということで行ってきました。

01 01

正木食堂。田舎の食堂ということで寂寥感満載。これと比較するとほりかわは都会の店です。

01 01

学校。単行本折り返しの写真と比較して色が違うけれど、分校から中学校に変更になった時に改装したのかな。

01 01

日帰り温泉。

01 01

キャンプ場。かなり違うのだけれど位置は正しいはず(受付の横)。有料施設の為一声かけてから撮影。10分程度なら入って良いとのことで数分歩き回ったが見当たらず。初回はこんなものか。後行っておきたい処は

01

ひょうたん池。近くの吾妻山の裾にあるらしいが、お祭り会場から歩いていくのはきついんじゃないかな。

http://www.geo.shimane-u.ac.jp/geopark/azumayama.html

01

バス亭。路線バスか。バスも一緒に合わせるのは無理そうだ。

01

祭り会場。帰ってきてから絵があることに気づいた。これは正木食堂の近く。町で唯一の信号近くか。

01

釣りに行った時の扉絵。橋の名前がそのままなら調べられそうだが。


より大きな地図で 君のいる町 を表示

とりあえず4箇所。ピンを打っておきました。

6月の宮島【君のいる町】

例年なら既に梅雨入り。この時期は宮島も観光客は少ない。故に晴れていたら歩き回るには最高。快晴とはいかなかったが晴天だったので行ってきた。

01 01

01 01

01 01

船もガラガラ。

01 01

鳥居は残念ながら工事中。

01 01

人が少ないせいか鹿は此処まで来ていた。

01 01

01 01

商店街歩きやすい。

01 01

ロープウェー待ち無し。料金は1800円とやや高いが歩いていくのはかなりヘビー。

01 01

割と構図合わせられて満足。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

構図を間違えた。背景違う。

01 01

欄干が違うが場所的に正しいキガス。

01 01

これ無駄に弥生山まで登って撮ったのだが獅子岩近辺で良かったかも知れない。宮島は標高こそそこまで高い山ではないのだが、自力で弥生山まで登りきれたらもう立派なクライマー。獅子岩から弥生山まで歩くだけでもかなり難儀。

出雲からの帰り道

本日は広島へ帰還。150km弱を。昨日は180km程走って精神的にくたびれた。本日はそれを踏まえて昨日の通行不能の迂回路を通らないルートを行くことに。迷いながら楽しむためには余裕が必要で今の自分には150km越えでは余裕なんて無かった。朝飯を食べて早々に出発。

01

なかなか良いロケーションなのだが、寝床さえあれば十分でやや勿体無い気も。昨日は54-184号線沿いに進んだのだけれど本日は早々に54号線に進むためにいきなり山越え。距離が短かったので大した登りではなかった。54号に入ったらまた登りになったけれどこの道は迂回なんて無くひたすら進めばよいので気は楽。

01

進んでいる途中【中国一】という看板に引かれて寄り道。普通の観光客はまず訪れなさそうなのが素晴らしい。観ても大したものではなかったが面白い。

01

更に進んでとある道の駅。本日はカレーの日というツイートを見かけたのでカレーを頼んでみました。

01

長い上り坂を登ってようやく県境。ここから70km強。三次まで下ったあとは緩やかな上り坂が続く。それが長くて精神的に疲れた。

01

その途中のドライブイン。前に庄原へ進んだ時はスルーしたのだけれど今回は補給がてら寄ってみた。

01

内装も凝っていてこの辺りに来たならば寄る価値はあると思う。ここから残り45kmを一気に進んだ。


出雲に行ってきた【かみちゅ】

前々から連休と分かっていたのだけれど例年だと既に入梅の時期。一泊遠征は無理だろうと思っていたのだけれど、天気予報は雨にならなかったために前日行くことを決意した。神社まで150km越えのロングライドの始まり。

01

初日は本当に天気も良く三次までは順調に進む。上の奴はお手製で惹かれたので撮ってみた。三次の道の駅で昼飯を食べ赤名峠へ。結構長い坂道で難儀した。

01

トンネルを抜けて島根県へ。まだまだ先は続き幾つもの坂道を上り下りするは目になった。当初予定していた行路が天災の影響で通行止めになり、迂回道を進む羽目になったのも辛かった。予定ルートに戻るもあまりにも交通量が少ないせいかコンビニが見当たらない。地元の農協がやっているような店に入って補給をすることになった。出雲市外に入るまで山の中を走り回る羽目になって心底くたばった。

01

到着。学校から始めるべきだったのだろうが、疲労困憊で頭が回っていない。早速探訪開始。

01 01

01 01

01 01

01 01

数年がかりの工事はまだ終わらない。

01

人が少ない時間帯だった。この参道を独り占め。

01

門前市も工事中で寄り道はせず。駅。

01 01

01

夕方だったのでこんなんなりました。

01 01

大鳥居

01 01

旧駅

01 01

01 01

学校を撮った後旧駅へ。開館時間は17時までで中は覗けなかった。

01

01

満足して本日の宿泊先へ。

01

近くの蕎麦屋にて夕食を食べホテルに向かった。


FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる