スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成最後の夏。自転車に乗って四国一周の旅に出た。【大洲~中村】

本日からガチの自転車走行。残り800kmの旅が始まります。




四国一周サイクリングは公式のような企画があります。それがこちら。

01

四国一周1000km。大体海岸線を巡りますが、四万十川は川に沿って走るのが特徴です。ですが私は四万十川は無視して進みます。昨日の行程でも大洲に寄ってる時点でずれています。尚、この行程10日で走るように言われていますが、私は4.5日です。10日取れるならゆっくり寄り道しながらやってみたいです。

01

まず起きて大洲城に寄ります。良い感じの朝です。

01

涼しいうちに距離を稼ぐのが夏場の鉄則ですが、少しは観光もするのです。このお城で20分ほど滞在して出発します。

01

56号線を南下しているとこの標識。この付近先日の大雨で被害が大きかった区間のようでこの先至る所で復旧工事がされていました。

01

特に酷かった区間では自衛隊の支援が続いていました。お疲れ様です。

01

宇和島について雨雲レーダーを見てみると不穏な雲行き。逆走台風は東シナ海に抜けたと思ったら九州南方で停滞し、その影響で四国南方で雨雲が発達していました。こんなん予想できません。

01

行けるところまで行って降ったら考えよう。道路標示でも傘マークでした。

01

小雨がぱらつくものの問題無し。幾つもの坂を上り下りしてどうにか高知県に入ります。

01

ですが、そこから土砂降り。これはアカンとファミレスに入って昼飯がてら雨宿り。小一時間程待って小雨になりました。

01

小雨の中走っていくと工事中。お疲れ様です。とにかく工事車両を見かける一日でした。

01

宿毛から南に分岐し交通量がさらに減ります。道の駅で休憩。向日葵畑もありましたが人がいませんでした。山の中を進みます。

01

そしてようやく海岸線に到着。道路の名は「足摺サニーロード」。天候も回復してくれてテンション上がりながら進みました。

01

黒潮展望台。先に家族一行がいて少しお話。松山から二つの岬を経て四国一周すると伝えるとめちゃくちゃ驚いてくれました。

01

展望台から。

01

更に進みます。太平洋がいい感じなので進行方向とは逆ですが撮ります。島はやはり時計回りが良いですね。

01

どうにか足摺岬到着。なんですが、だからどうしたんだろうみたいな感じしか出てきませんでした。此処までで既に最果て感は得ていてそれが極まる何かがあるのか、なんて考えてしまったのが敗因かもです。

01

ですが、これは達成感がありました。こういう分かりやすい何かがある方が良いのです。

01

こちらは少し歩いた先にあるビュースポット。一見してなにがどう良いのか分からないのが辛いです。自転車を止めた場所に戻ってきたら小一時間前に黒潮展望台であった家族一行と再会しました。これは嬉しい。早いですね、なんて言われて疲れも吹っ飛びました。テンション上がって中村まで。日が沈んで小一時間走ってどうにか到着。宿の近くで夕飯を食べることに。

01

せっかくなので名産の何かを食べようと奮発して四万十川産の鰻。満足して宿に向かいました。
この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

平成最後の夏。自転車に乗って四国一周の旅に出た。【松山観光港~大洲】

四国一周の旅に行こう。数年前から考えていました。ガチの四国一周ではなく、高知県の二つの岬を制覇しておきたい、位の緩い奴を。幸いにして2018年の夏に連休が取れそうという事で計画を立てました。

まず決めなければならないのはスタートゴール地点の設定。広島から船一本で行ける松山観光港をスタートゴール地点にすることに。
お次は進行方向。島の定番は時計回り(反時計回りと比べて海に近い為)なのですが、下灘の夕日を撮ることを目論んだため今回は反時計周りにしました。

そして計画の日が近づきますが良く分からない台風が来ます。





何ですかこれ?
驚いたものの開始となる7/31は愛媛県は晴れ予報が出てくれたので宇品から高速船に乗って松山に向かいます。



7/7の大雨は四国にも深刻な被害を与えていました。3週間過ぎましたが爪痕は至る所に残っていました。

01

松山観光港から市内へ抜けるトンネル。左側に崩れた跡有り。7/8は通行止めだったそうです。この付近で見れたのは此処くらいです。まずは松山市街地へ向かいます。

01

松山市で訪れておきたかった場所の一つがこちら。とんかつパフェです。

01

奇抜な料理でしたが美味しゅうございました。ただ、料理に時間がかかるのが難でした。少しばかり予定の時間を過ぎて大急ぎで下灘駅に向かいます。

01

その途中にて。雲多めでしたがどうやら夕日は見れそうで期待が膨らみます。

01

下灘駅到着。頑張って飛ばした甲斐があって日没20分間に到着しました。この下灘駅は無人駅なのですが、夕日の時間帯になるとこうして多数の人が訪れるようです。

01

駅敷地内にある向日葵畑が良い感じだったので撮ってみました。夕日の頃の向日葵も良いですね。

01

以下夕日です。

01

01

01

01

たっぷり日が沈むまで堪能しました。こうして夕日の名所で堪能するのは旅人冥利に尽きます。満足して本日の宿まで走ります。

01

その途中にて。日没後30分以上経ってますがまだ水平線には明るさが残っていました。それから少し内陸に入って真っ暗になり、しばらく走ってようやく宿に着きました。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

桜時々うどん そして松山城

連休最終日。本日は帰宅工程があるため行動が限られています。この香川でやりたいことはたくさんあるのですが時間が全く足りません。故にやりたい事を絞ります。この時期にここに来たのだから桜巡りは外せない。香川にいるのだからうどん屋を巡らないのはあり得ない。故にこの二つをやって残りの時間で「結城友奈は勇者である」の舞台巡りをしながら進めます。



01

まずは丸亀城の桜を。朝7時に行ったらガラガラでした。

01

霞が多かったのですが、それを見越して。この後は青山というちょっとした山に向かいます。地図を睨めっこして登り口を探し出します。少し迷いました。

01

ちょっとしたヒルクライムの後は駐車場からハイキング。歩いた先には桜が広がっていました。丁度地元の方一行が登ってきていてその会話を拾い聞き。曰く。

「今日はまだ満開手前」
「満開だともう少し凄いことになる」

なのだとか。これは来年も訪れたい所ですね。桜の先の展望台へ。

01

霞ぇ…。この時期は仕方がない。快晴だと瀬戸大橋が遠くまで見通せます。ここから琴弾公園へ。桜の名所100選の内の一家所です。その途中で

01

01

うどん屋に二軒立ち寄りました。もちろん美味しゅうございました。

01

琴弾公園到着。ですが、開花状況はイマイチ。ここは観音寺コラボポスターの場所です。

01 01

桜も合わせるのは至難の業です。

01

銭形砂絵。こちらも

01 01

ポスターの場所でした。ここから北側にある某お寺に向かいます。

01 01

アニメとコラボするお寺。新鮮です。元々お遍路の方々の休憩所として設けられていた所としてあったというのがコラボしやすい土壌だったのでしょうな。ここから道の駅とよはまに向かいます。

01

寄り道。某公園にて。もう少し構図他工夫したいものでした。

01 01

お次は一宮公園でした。

01

道の駅とよはまにて。一部の方に大人気になっている自動販売機でした。秩父他進んでいる?土地では既に導入されているものですが、ここ香川では珍しかったようで結構な話題になっているようでした。







01

お隣は観光案内看板。なかなかの扱いです。道の駅の中は

01

01

一角だけですがなかなかの量です。

01

こうした普通の道の駅の展示の中にあるのがシュールです。

01

ここから少し西に行くと愛媛県。なので最後のうどんを食します。ちなみにここで烏骨鶏を食べることも出来るのでそちらもありです。

01

愛媛県突入。県境で記念してる若者さんが居ました。おそらくコラボのスタンプラリーの途中だったのでしょうな。

01

愛媛県の駅にて。ここから輪行ワープして松山に向かいます。時間があまり良くなくてそこそこ待ちました。松山駅について輪行解除。松山城を目指します。

01

到着したのが16:35。天守閣の入場規制が16:30。無念の結果となりました。少しがっかりしましたが気を取り直して撮影にかかります。

01

01

01

満開の桜はテンション上がります。満足して松山観光港へ。

01

良い時間帯だったようでロビーでも良い感じになりました。チケットを買って出発を待ちます。

01

出発して船上から。満喫して船内へ。この船もwi-fi飛んでいて時間を潰すのが楽になりました。時代が進むと便利になるのは良いことですね。長い船旅を終え広島県へ。自宅まで自走してこの旅は終わりました。

この項はこれでお終いです。

曇り時々うどん ライド

香川県でうどん屋巡りをやりたい。
以前から考えてはいたのですが、それだけの為に行くのは厳しい。なら他に香川県に行く用事があったらその時に実行しよう。そう考えていました。そして今回その用事が出来たので実現することとなりました。
本日は生憎の空模様(曇り)だったのですが、うどん屋巡りならそこまで気にする事は無いのです。

さて、うどん屋巡り。他の方がやっているのを何度か拝見した事はあったのですが実際にやる段階になって初めて情報収集です。ざっと調べた限りでは

・朝早くから開いている店もある
・行列が出来る店もある
・けれど回転が速いので並んでも大して時間はかからない
・15時には大体の店は終わる
・とにかく安い
・多数の店を回るのならばトッピングは無しか控えめに

この位かな、と。後は実際に回って感触を楽しもうという方向で行きます。
後、せっかく香川県民の方と一緒に過ごしたのでお勧めの店舗を訪ねます。
2件程教えてもらい、後は自身の足で調べて行きます。



01
柳川うどん店(観音寺)。

まずは朝うどん。この店のみ他の面子と一緒に入ります。朝の段階で客が多数入ってました。流石うどん県です。
この後は宿に戻って他の面子に別れを告げうどんライドを始めます。
ここで道しるべにするのがGoogleMAP。うどん屋で検索し、進行方向近くの店の評価を見て琴線に引っ掛かった店に行くことにします。

01
うどん丸福(三豊市)

10時開店。まだ客が少ない状態で最初の店としては上々。感触を掴んで次に向かいます。

01
手打ちうどん 喰回(三豊市)

私以外客無し。時間帯によってはこういうこともあるよね、と。次に向かいます。

01
長田 in 香の香(善通寺市)

香川県の知り合いお勧めの店。お昼時ということでそこそこの行列でした。多数の店を巡るなら行列店は避けるべきだが、食べれる量を考えると一軒くらいは並んでも良いかもです。

01
本格手打ちうどん おか泉(宇多津町)

こちらもお勧めの店。で行列。20分位待ったのかな。ここで普通サイズを頼んだのでもうお腹いっぱいになりました。

01

この日はこんな感じだったのですが




混む日はこんな感じになるそうです。当初の予定では高松まで行く予定だったのですが、ここと前の店で時間を喰って、お腹もいっぱいになったので坂出で終わりにして帰路につくことにします。

01
こむぎ屋(坂出市)

最後なのでとっぴんぐ。とはいえこの竹輪80円です。本当にお腹一杯になって坂出駅に向かい輪行準備をして帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

観音寺に行く前に四国カルストに寄り道しよう 【無謀】

四国は観音寺でオフが開催される。久しぶりに会いたい友人が居るので早々に参加表明。後は天候が良ければ自転車で行って四国を堪能しよう。その位に考えていました。そしてオフが近づくとどうやら天候は良さそう。ならちょと冒険してみるのもいいかな、と四国カルストに行く案を練りました。と言ってもルートと出発時間位ですが。以前行ったことがある場所であり、行程が分かっているのでどうにかなるだろう、と。目的地である観音寺の宿に18時に着くことを考え、朝3:30に松山を出発すればどうにかなる、と判明。では広島から松山まではフェリー一択。そこから自走して松山の宿に泊まりすぐに就寝して出発する、というかなり無茶な行程となりました。



01

松山行きフェリーに乗って。なかなかの景色が撮れました。これは幸先良しか。船の中でおにぎりをほおばり揺れの中体を横にして時間を潰します。3時間程経過してようやく松山観光港到着。IPHONEで道を確認しつつどうにか宿到着。明日の準備をして早々に眠ります。

ほどなくして3時になり準備開始。眠り体を引きずって出発。長い長い戦いの始まりです。
四国カルストへは松山から距離80km、獲得標高ざっと2000m。5時間程の行程と目論見ます。
注意すべきところは四国は主要都市から離れるとコンビニをほとんどなくなるので補給に注意と言う事。今回はまだ松山市街地にいる間に多めに補給します。

01

とあるコンビニで朝飯と補給食と水。暗いイートインのスペースが新鮮でした。

01

松山市街から離れてまずは三坂峠。四国カルストへ行くにはまずその手前の峠を越えて下ってまた上るという過酷なルート展開になります。この三坂峠標高700を越えますが頑張って上ります。その途中にて夏場と言う事もあって日の出が早いのが助かります。

01

三坂峠を越えて四国カルストへの分岐道である440号線に入ります。
ちなみに2017年6月では途中の久万高原町にもコンビニありました。
440号線を上っていくとこんなものがありました。

01

更に進んで四国カルストへの入り口である地芳峠到着。ここからの上りがえぐくなりますが頑張ります。
進んでいくとなんと自転車乗りが降りてきました。こんな時間にこんな場所に来る自転車乗り、色々おかしいです。自分の事は棚に上げてそう言います。

01

四国カルスト西の端に到着。ほぼ予定通りの時間に到着でした。ここから多数の画像をお楽しみください。

01

姫鶴荘(めづるそう)。

01

その前の道から東方面を。この後脇道を探検。

01

01

01

01

晴れた日にここを巡れるのはなかなかの幸運です。頑張って上ってきた甲斐がありました。

01

01

01

01

五段城付近。四国カルストで一番高い所。

01

01

通常と望遠での比較。

01

01

こちらも。とりあえず両方で撮っておいて正解でした。今から見てみると空がたくさん入ってる通常撮影の方がなんとなく雰囲気を撮れた気がします。時の場合によりけりかな。

01

少し進んで逆方面から。

01

天狗荘。県境でお約束撮影。

01

この辺りが四国カルストの東端。ここからどういったルートで挑むか思案して同じルートを引き返すのは味が無いと考え高知方面に下りて東に移動しそこから北上することにしました。これが無理難題だったと気づいたのは後になってからでした。

01

439号線に出てひたすら東へ。国道だというのに凄く細い道。不安になりながら進行。商店があったのでまよわず補給。店の人がおらずしばらく探していたら裏から登場。地方クオリティー。

01

更に進むと集落。ですが、平地が少ないせいかとにかく山の斜面に立つ家々。畑だって例外じゃないくらい凄い斜面の段々畑でした。

01

439号線から33号線に合流。がしばらく進んでまた439号線へ。今度は494号線。とある公園にてお手洗い休憩。紫陽花が既に咲いています。

01

この三桁国道の連続は冒険という感じでした。そして長い長いトンネルを抜けて更に進行。民家が見えているとどうにか安心できます。439号線から194号線へ。この道を進んでいくと民家が無くなっていってやばさを感じ始めました。川が透き通って魚が肉眼で見えるくらいに人が居ません。

この194号線を走っている途中で足が攣り始め小刻みの休憩をする羽目になったのが本当に辛い所でした。

とにかくひたすら長い山道を進み長い長い石鎚トンネルを越えてようやく下り。本当に参りました。
西条市に入ってドラッグストアに立ち寄りエアーサロンパスを購入。痛む度に吹きかけて進行しました。
西条駅で進行を止め、輪行で移動する案も考えたのですが折角なので限界まで挑んで駄目だったら輪行と考え痛む足で進行します。

01

15時も過ぎるとどんよりとした空模様。後はほぼ平坦を延々と走るだけの簡単な作業のはずでしたが痛む足ではなかなかの大変な行程となってしまいました。

01

それでもどうにか目的地に到着。予定通りの時間で我ながら大したものだ、俺凄い、と達成感に浸りました。
この後の行程は別にしてこの項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (3)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。