2年度IHコース走行(宇都宮~沼田)DNF 【弱虫ペダル】

それでは走行記録を。前日宇都宮まで移動してたのですが、生憎の雨。次の日の予報は晴れだったのですがやきもきさせられました。そして迎えた次の日は見事に快晴でした。ホテルからまずは宇都宮城址公園に向かいます。朝早かったこともあって交通量少なくて快適でした。



01

城址公園。散歩してる人とか、掃除してる人が居ました。

01

日光街道に沿ってキャプ画像と睨めっこ。どうにかスプリングリザルト地点を探し出して次のコンビニで休憩でした。走ってて奥の山々が見えるのが良い感じでした。

01

日光駅を過ぎた辺りから交通量が増加。神橋交差点にて。何故橋を撮らなかったのか小一時間自分を問い詰めたい。

01

神橋交差点からいろは坂入口までが結構長くて参りました。いろは坂は斜度は低くて走っていて快適でした。ただ、交通量が多くて撮影するのに難儀したのが参りました。こちらは明智平展望台から上の方を。

01

男体山の方を。ロープウェーは40分待ちでした。

01

明智平レストハウスから。視界が開けているわけではないのでこんなものですか。

01

更に進んで中禅寺湖。観光客で溢れてました。

01

そして戦場ヶ原。車が少なければ道路の真ん中に立って撮影したのですが無理だったので端から。

01

男体山を。良い天気でした。

01

三本松の竜胆で昼飯。湯葉うどんでした。これでは足りずもっと食べるべきでした。

01

戦場ヶ原を後にして金精峠へ。この峠斜度がきつくて参りました。本日で一番きつい行程だったかと。僻地だから交通量も無いかなと思ったらそんなことはなく大型バスが何台も通って危険でした。そんな中でヘアピンの辺りから。

金精峠を抜けてからは延々と下り。標高1800mから沼田市の300mまで延々と走ります。私は下りは苦手なのでそこまで時間を稼げずに厳しい工程となりました。後、金精峠では雪がちらついて寒かったというのも速度を出せなかった理由です。30km程進んだコンビニで休憩。身も心も冷え切って写真を撮る余裕なんてほぼ無くなってました。本日これから榛名山に登るのは時間的に無理だろう、ということで高崎駅に向かい、そこからフォロワーさんに輪行で送ってもらうことになりました。

宿に向かう前にせっかくだから高崎市のフォロワーさんの行きつけの店を訪ねてみようということで行ってきました。

01

店の名は「承太郎」

01

こういう地元の人に好かれている店を巡るのは旅の醍醐味ですね。

01

満足して宿に到着しました。榛名湖から見上げた夜空はいい感じでしたが、装備が無かったので撮ることは出来ませんでした。
この項はこれで御終いです。
スポンサーサイト

二年度IHコース1日目、2日目途中まで(宇都宮~金精峠まで)

走行行程は後回しにしてキャプ画像から行きます。



01 01

1.宇都宮城址公園。以下この付近です。

01 01

01 01

01 01

01 01

2.二荒山神社
色々合わせられないカットでした。

01 01

3.高速の下

01 01

4.ファーストリザルト地点

01 01

5.見つけきれないカットでした、この後も歩道橋カットたくさんあります。

01 01

6.国道119号線日光街道杉並木
雰囲気の似た所はありますが、通り過ぎて撮ってないです。

01 01

7.神橋交差点
広角、一脚がないと合わない。そもそも有っても合わない可能性も。

01 01

8.日光駅のちょっと先
交通量多すぎの為妥協です。位置も合ってないです。

01 01

9.いろは坂スタート地点手前

01 01

同じ場所で逆向き、このカットがあるのに気づいたのは帰った後です。

01 01

10.いろは坂案内標識

01 01

11.いろは坂序盤

01 01

12.いろは坂途中 撮ってないです。

01 01

13.いろは坂終盤

01 01

14.ラインまで400m

01 01

15.防災トンネル

01 01

16.明智平展望台 ドローンがないと無理です。

01 01

17.山岳リザルト

01 01

18.明智第一トンネル

01 01

19.明智第二トンネルの先

01 01

こちらはトンネル出たすぐ上の絵も色々脚色入ってますが場所は此処だと思われます。

01 01

20.橋の先の交差点

01 01

同じ場所

01 01

ほぼ同じ場所で鳥居方面を

01 01

21.中禅寺湖横から鳥居を

01 01

22.戦場ヶ原へ続く九十九折

01 01

23.戦場ヶ原入口

01 01

24.三本松駐車場

01 01

駐車場内ですが、撮り忘れです。

01 01

25.三本松駐車場から出てすぐ

01 01

26.金精峠へ続く九十九折の途中

01 01

27.金精峠へ至る道終盤

01 01

28.金精峠付近

01 01

01 01

この後は疲労困憊で撮れてないです。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

劇場版弱虫ペダル「熊本火の国やまなみレース」

そんなわけでキャプ画像比較です。一致度は低いですが、雰囲気を楽しまれるのがお勧めです。序盤の秋葉原から出発までのカットはスルーです。



01 01

1.熊本空港。
到着ロビー。飛行機の到着時に来ると人が掃けるのには時間がかかります。

01 01

パーツは合うんですが全体の一致度はアレです。

01 01

01 01

01 01

到着ロビーの左側だと思われます。

01 01

ここから左の方面を。

01 01

01 01

到着ロビーに一番近い出口だと思われます。

01 01

2.熊本駅。
詳しく調べてない一発撮り。鹿児島行きの方面のこの新幹線は合っててホームは違うと思います。

01 01

こちらは新幹線口(西口)。

01 01

新幹線口(西口)の近くのえきマチ一丁目熊本前。

01 01

新幹線口(西口)改札。

01 01

熊本駅東口。

01 01

熊本駅東口改札付近。

01 01

3.熊本城。
このカットのみ内部に入らないと撮れないです。

01 01

4.熊本市電通町筋付近から熊本城方面を。

01 01

5.代継橋交差点を東から。

01 01

宇土半島南側は一致度が低すぎてスルー。パールラインへ。
6.一号橋入口。

01 01

7.一号橋を渡り終えた後のカーブです。

01 01

8.4号橋入口。

01 01

9.5号橋付近の岩場から。ここまでは入れますが、この先は進まないでください。

01 01

10.天草上島をすっ飛ばして天草下島。国道266号線から県道24号線への分岐地点。パールラインからここまで40km以上あります。

01 01

11.山岳リザルト、福連木トンネル手前、だと思われます。

01 01

12.十三仏公園の展望所から。

01 01

13.389号線に入ってから2つ目のトンネル出口です。レース一日目のカット御終い。

01 01

2日目。
14.ラピュタの道入口。標識とかはないです。

01 01

15.ラピュタの道のミルクロード入口近くのヘアピンです。以下この辺りです。

01 01

01 01

こんな雲海に出会える可能性は低いですが期待せずにどうぞ。

01 01

16.熊本城二の丸付近。

01 01

17.一気に飛んでファミリーマート阿蘇白水店付近。ローソンじゃないです。

01 01

18.南側から登り始めて振り返り。

01 01

19.南側登り口交差点。

01 01

20.池の窪ふれあい交流館付近。Googleマップには出てきません。

01 01

21.草千里展望台。

01 01

22.米塚とカーブ。パノラマで強引に合わせましたが一致しません。参りました。

01 01

23.北側登り口から少し進んだ所。

01 01

上と同じ場所。方向変えて。

01 01

24.阿蘇駅前交差点。

01 01

25.牧之内温泉入口交差点。

01 01

26.212号線平坦道の終盤の橋。後ろの外輪山を入れるなら望遠でどうぞ。

01 01

27.上り序盤。

01 01

上と同じ橋。逆方向から。

01 01

28.212号12号線分岐地点。

01 01

29.212号12号分岐地点。大回りで12号線(ミルクロード)に入ります。

01 01

30.先程下を潜った陸橋。

01 01

31.牧ノ戸峠レストハウス。阿蘇やまなみレースと言いながら最後は大分県です。いいのか。

走行ルートはお借りします。この場で御礼申し上げます。


一日目。


二日目。

実際に走るとかなりきついので準備は念入りにです。後阿蘇は背景が緑になる時期が良いですね。3月序盤ではまだ寒々とした風景で寂しいものでした。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

劇場版弱虫ペダル火の国やまなみレース熊本遠征3日目

本日は熊本駅まで戻り広島に帰る予定でした。しかし本日は雨予想。晴れだったならば自走してゴールしそれからと考えていたのですがやむなく自走を諦めカット回収を車で行うことにしました。



01

ゴールの十三仏公園。展望所から公園側を振り返るとこんな感じです。

01

1日目ゴール前の天草西海岸の模様。カットっぽい風景は完全一致は探しきれませんでした。空撮だったのかな。

01

ゴール手前のトンネル。ですが、ここからゴールまで結構あります。勝負かけるには早すぎです。

01

大体のカットを回収出来たので車を返却して本渡バスセンターへ。ここから熊本空港まで輪行です。

01

熊本空港。本渡バスセンターでは小雨だったのですが、空港に近づくにつれ雨は上がり空港では晴れ間が出てきました。こんなん聞いとらんよ。

01

空港に到着した時は丁度飛行機が到着した時間帯だったので、収まるまで待機。20分程待ってようやくお仕事にかかりました。

01

空港のカット回収を終えてせっかく晴れ間が出てきたので自走で熊本駅へ。途中でラーメンを一杯。

01

熊本城周辺のカットを。アングルと位置をちょっと変えてお遊び。路面電車とお城。

01

久しぶりの熊本城観光。アトラクション開始前で人だかりです。

01

人と比べると城は大きいですね。

01

熊本城の撮影ポイントの一つかな。

01

作品でも出て来たいきなり団子。

01

実は食べたのは初めてでしたが、微妙な味でした。

01

1日目のパレードランの途中の一枚。この作品他にも望遠カットが多いのですが、ここは遠くから撮ることが出来る数少ないポイントです。

01

到着時の1カット。作中よりくまもんに侵食されてます。ここまで地元のゆるキャラに染まっている主要都市は珍しいかな。この後は駅内のカットを回収して帰路に着きました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

劇場版弱虫ペダル火の国やまなみレース熊本遠征2日目

熊本遠征2日目。本日は初日のコースを走ります。が、その前にせっかく阿蘇に来たのだからと朝一でラピュタの道に向かいます。昨日寝る前に天候は晴れを予報していましたがはてさて。



日の出は6:40。ちょっと遅れて到着しました。
肝心の景色は部分点が貰えるかもという塩梅でした(´・ω・`)ショボーン

01

雲海が薄いです。

01

朝日は雲に隠れてます。もうね、坂道くんはもってるね、なんてレベルではないですよ。ちょっと目が冴えたからふらっと一走り。山道に入ったら絶景が見えました、なんてチートにも程がある。こちらは天候と時間と宿泊地とか色々揃えてもこの様ですから。まあ、天候ばかりはどうにもならないと分かっていても辛い。
せっかく来たのだからと色々撮ってみました。

01

これがラピュタの道。この九十九折の道もミルクロードへ至る道の一つです。

01

望遠で撮った一枚。このラピュタの道到着した時点で多数の人が居ました。話を聞いてみると日中は上にある駐車場のような所は満杯になって渋滞するとのことでした。整備されていない観光地でした。

01

こちらは下の方の公園から。低い雲海でも位置によっては良い塩梅になるのかな。
この後はひたすら熊本城へ。基本下りなので爽快に進みます。

01

初日のコース。こちらも結構鬼畜。とにかく長いです。水道町交差点から初日のコースに進みます。いきなり3号線に入りますが、こんな大通り使って良いのか。3号線から県道経由で266号線に入り宇土半島の南側を進みます。

01

道の駅不知火。なんという青空。これが数時間前もだったならば、と。
この付近で既に風強めで心が折れかかりました。

01

作中に天草五橋俯瞰図が出てきます。これはあるのかと調べたら出てきたのがこちら。大体合ってます。ならばこの場所はある、とこの一枚を撮ることを最大の目標にしました。が、下調べてNETで検索しても今一分からない。ならば現地調査ということで大きめの施設に寄ります。

01

藍のあまくさ村。現地の展望所一覧がある地図が無いか探すも見当たらず。唯一判明している千厳山展望台に向かいます。

01

千厳山展望台。ここからだと五号橋(赤い橋)が見えません。

01

トリミングしてみるとこんな感じ。故にここではないと、五号橋手前の岩の付近の調査にかかります。近くの店の人に聞いてみると昔は登れたが、今は手入れされなくなって見えなくなっているとのことでした。試しに近くまで進んでみると上までは登れませんでした。

01

行けるところから撮ったのがこちら。高さが足りません。この岩を登るには装備が足りず、例え登れても茂っていて見えない。故にこの目標は完遂ならず、と判明。しょんぼりして先に進みます。結構な時間を食ったので日没までゴールにたどり着けない事も確定してしまいました。

01

天草下島に渡って程なくして日没。本当に良い天候の一日でした。尚、次の日は雨予報です、辛い。

01

程なくして分岐点。このカットを回収して本日の宿に向かいました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる