スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆・修善寺|日本サイクルスポーツセンター(CSC) 【弱虫ペダル】

前項より。道の駅天城原峠の後は後はサイクルスポーツセンターへ行きました。場所はこちら。修繕寺駅まで下ってそこから10km程登って到着となります。

01

総北高校が合宿で1000km走った舞台はこちらになります。実際に走ることも可能です。ページから引用するとこんな感じになります。



大人気自転車漫画にも登場する本格的ロードコース!
全長5,150m・高低差約100m、各種自転車競技大会やバイクや自動車等の試乗会も開催される本格的なロードコースです。
コースは、左回りの一方通行で周回し、きついアップダウンとタイトなコーナーからなる本格的な山岳ロードコースです。
出来るだけ景観を損ねないように配慮がなされており、電線は地中に埋設しガードレールの代わりに樹木が植えられていますので
自然環境の中、思いっきり自転車を満喫頂けます。また、本コースで1番きつい『心臓破りの坂』の最大勾配は12%
あり、サイクリストの脚力が試されます。ただし、夏の間は熱中症にご注意を!!

コースを1周するのにかかる時間は、健脚の方でおよそ20分。のんびり行っても30分程度で帰って来られます。
ロードタイプのレンタサイクルや自分の自転車を持ち込んで、5キロサーキットに一度チャレンジしてみませんか?



大人気自転車漫画、なるほど。まずサイクルスポーツセンターの入場料が820円。各々の施設の利用料が別に有り、5kmコース利用料は1時間520円で、更に別に自転車の使用量が。持ち込みなら520円。レンタル自転車(1時間毎に)もあります。

重要な事はこの施設弱虫ペダル本編同様にで施設を貸しきることが有り、走行可能がどうかを施設稼動カレンダーを見てから行かないと辛いことになるということです。

はい、良く見てなくて入れなかったのが私です\(^o^)/オワタ
せめて入れる所だけでも回収と凹みながら入場料(820円)を払います。辛い。

01 01

入り口。

01 01

展望所?から撮りたかったのですが、この日は入場出来なかったのでおみやげ屋さん付近から。この日は車の試乗会でした。このお土産やさんには

01 01

01 01

01

こんなものが展示してありました。
出来ることが無くなったので真っ直ぐに帰路につきました。
この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

箱根学園 最後の走行会 【弱虫ペダル】

弱虫ペダル新世代。箱根学園の追い出しレースで走行された場所の一部は確認できていました。都合がついたのでようやく行ってきました。



「コースは国道に出て海沿いを南下。河津を右折して天城原峠を越える市営駐車場までの120kmだッ」
コースの説明文はこんな感じです。スタート地点の水面が芦ノ湖だとするとこんなコースかなと思われます。

が、いきなり。最初のコンビニが全然違います。こんなコンビニありません。場所としてはセブンイレブンと思われますが、この前は駐車場で湖の視界はかなり悪いです。離れたローソンは右に進むと登りです。架空の店と思われるのでパスです。

1号線を延々と下って湯河原方面へ。その交差点の描写も明らかに違います。現地は鉄橋の下を曲がるのですが、そんなものは描写されていません。ここもパスです。

01 01

泉田さんと新開さんのスプリント勝負のゴール地点は存在。原交差点という名称です。道路の描写とか色々違いますが、案内標識があっているのでここで良いと思われます。

01 01

標識ズーム。

01 01

反対から。

01 01

この交差点を右折して行きます。原作は海側からでしたが、アニメでは逆方向からでした。

01 01

河津ループ橋。

01 01

細かい所を上げたらキリがありませんが

01 01

大体合っているということで。ここから天城原峠まではかなりの距離がありますが、このお二方あっさり到着してます。

01 01

色々端折られて描かれてます。
問題はこの後で「いのわさランド」は明らかに架空の施設で何某かの施設だと思われますが

01 01

この道の駅でもまだ下りの途中です。下りきった先がゴールと言ってますが、この道の駅トンネルから4kmは離れてます。そして下りが終わると思われる場所は10km位先になります。架空の場所なのでしょうが、雰囲気的に道の駅ということにしておきました。

色々突っ込みどころのあるレースですが「細かい所はいいんだよ」というのりと勢いで進むアニメに突っ込むのは野暮というものです。実際に走るとなると小田原から河津までの伊豆半島東海岸沿いの道はアップダウンがきついので覚悟が必要です。巡るだけなら川津駅まで輪行してそこから北上するくらいでも良いかもしれません。

この項はこれでお終いです。

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

2年度IHコース走行(宇都宮~沼田)DNF 【弱虫ペダル】

それでは走行記録を。前日宇都宮まで移動してたのですが、生憎の雨。次の日の予報は晴れだったのですがやきもきさせられました。そして迎えた次の日は見事に快晴でした。ホテルからまずは宇都宮城址公園に向かいます。朝早かったこともあって交通量少なくて快適でした。



01

城址公園。散歩してる人とか、掃除してる人が居ました。

01

日光街道に沿ってキャプ画像と睨めっこ。どうにかスプリングリザルト地点を探し出して次のコンビニで休憩でした。走ってて奥の山々が見えるのが良い感じでした。

01

日光駅を過ぎた辺りから交通量が増加。神橋交差点にて。何故橋を撮らなかったのか小一時間自分を問い詰めたい。

01

神橋交差点からいろは坂入口までが結構長くて参りました。いろは坂は斜度は低くて走っていて快適でした。ただ、交通量が多くて撮影するのに難儀したのが参りました。こちらは明智平展望台から上の方を。

01

男体山の方を。ロープウェーは40分待ちでした。

01

明智平レストハウスから。視界が開けているわけではないのでこんなものですか。

01

更に進んで中禅寺湖。観光客で溢れてました。

01

そして戦場ヶ原。車が少なければ道路の真ん中に立って撮影したのですが無理だったので端から。

01

男体山を。良い天気でした。

01

三本松の竜胆で昼飯。湯葉うどんでした。これでは足りずもっと食べるべきでした。

01

戦場ヶ原を後にして金精峠へ。この峠斜度がきつくて参りました。本日で一番きつい行程だったかと。僻地だから交通量も無いかなと思ったらそんなことはなく大型バスが何台も通って危険でした。そんな中でヘアピンの辺りから。

金精峠を抜けてからは延々と下り。標高1800mから沼田市の300mまで延々と走ります。私は下りは苦手なのでそこまで時間を稼げずに厳しい工程となりました。後、金精峠では雪がちらついて寒かったというのも速度を出せなかった理由です。30km程進んだコンビニで休憩。身も心も冷え切って写真を撮る余裕なんてほぼ無くなってました。本日これから榛名山に登るのは時間的に無理だろう、ということで高崎駅に向かい、そこからフォロワーさんに輪行で送ってもらうことになりました。

宿に向かう前にせっかくだから高崎市のフォロワーさんの行きつけの店を訪ねてみようということで行ってきました。

01

店の名は「承太郎」

01

こういう地元の人に好かれている店を巡るのは旅の醍醐味ですね。

01

満足して宿に到着しました。榛名湖から見上げた夜空はいい感じでしたが、装備が無かったので撮ることは出来ませんでした。
この項はこれで御終いです。

二年度IHコース1日目、2日目途中まで(宇都宮~金精峠まで)

走行行程は後回しにしてキャプ画像から行きます。



01 01

1.宇都宮城址公園。以下この付近です。

01 01

01 01

01 01

01 01

2.二荒山神社
色々合わせられないカットでした。

01 01

3.高速の下

01 01

4.ファーストリザルト地点

01 01

5.見つけきれないカットでした、この後も歩道橋カットたくさんあります。

01 01

6.国道119号線日光街道杉並木
雰囲気の似た所はありますが、通り過ぎて撮ってないです。

01 01

7.神橋交差点
広角、一脚がないと合わない。そもそも有っても合わない可能性も。

01 01

8.日光駅のちょっと先
交通量多すぎの為妥協です。位置も合ってないです。

01 01

9.いろは坂スタート地点手前

01 01

同じ場所で逆向き、このカットがあるのに気づいたのは帰った後です。

01 01

10.いろは坂案内標識

01 01

11.いろは坂序盤

01 01

12.いろは坂途中 撮ってないです。

01 01

13.いろは坂終盤

01 01

14.ラインまで400m

01 01

15.防災トンネル

01 01

16.明智平展望台 ドローンがないと無理です。

01 01

17.山岳リザルト

01 01

18.明智第一トンネル

01 01

19.明智第二トンネルの先

01 01

こちらはトンネル出たすぐ上の絵も色々脚色入ってますが場所は此処だと思われます。

01 01

20.橋の先の交差点

01 01

同じ場所

01 01

ほぼ同じ場所で鳥居方面を

01 01

21.中禅寺湖横から鳥居を

01 01

22.戦場ヶ原へ続く九十九折

01 01

23.戦場ヶ原入口

01 01

24.三本松駐車場

01 01

駐車場内ですが、撮り忘れです。

01 01

25.三本松駐車場から出てすぐ

01 01

26.金精峠へ続く九十九折の途中

01 01

27.金精峠へ至る道終盤

01 01

28.金精峠付近

01 01

01 01

この後は疲労困憊で撮れてないです。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

劇場版弱虫ペダル「熊本火の国やまなみレース」

そんなわけでキャプ画像比較です。一致度は低いですが、雰囲気を楽しまれるのがお勧めです。序盤の秋葉原から出発までのカットはスルーです。



01 01

1.熊本空港。
到着ロビー。飛行機の到着時に来ると人が掃けるのには時間がかかります。

01 01

パーツは合うんですが全体の一致度はアレです。

01 01

01 01

01 01

到着ロビーの左側だと思われます。

01 01

ここから左の方面を。

01 01

01 01

到着ロビーに一番近い出口だと思われます。

01 01

2.熊本駅。
詳しく調べてない一発撮り。鹿児島行きの方面のこの新幹線は合っててホームは違うと思います。

01 01

こちらは新幹線口(西口)。

01 01

新幹線口(西口)の近くのえきマチ一丁目熊本前。

01 01

新幹線口(西口)改札。

01 01

熊本駅東口。

01 01

熊本駅東口改札付近。

01 01

3.熊本城。
このカットのみ内部に入らないと撮れないです。

01 01

4.熊本市電通町筋付近から熊本城方面を。

01 01

5.代継橋交差点を東から。

01 01

宇土半島南側は一致度が低すぎてスルー。パールラインへ。
6.一号橋入口。

01 01

7.一号橋を渡り終えた後のカーブです。

01 01

8.4号橋入口。

01 01

9.5号橋付近の岩場から。ここまでは入れますが、この先は進まないでください。

01 01

10.天草上島をすっ飛ばして天草下島。国道266号線から県道24号線への分岐地点。パールラインからここまで40km以上あります。

01 01

11.山岳リザルト、福連木トンネル手前、だと思われます。

01 01

12.十三仏公園の展望所から。

01 01

13.389号線に入ってから2つ目のトンネル出口です。レース一日目のカット御終い。

01 01

2日目。
14.ラピュタの道入口。標識とかはないです。

01 01

15.ラピュタの道のミルクロード入口近くのヘアピンです。以下この辺りです。

01 01

01 01

こんな雲海に出会える可能性は低いですが期待せずにどうぞ。

01 01

16.熊本城二の丸付近。

01 01

17.一気に飛んでファミリーマート阿蘇白水店付近。ローソンじゃないです。

01 01

18.南側から登り始めて振り返り。

01 01

19.南側登り口交差点。

01 01

20.池の窪ふれあい交流館付近。Googleマップには出てきません。

01 01

21.草千里展望台。

01 01

22.米塚とカーブ。パノラマで強引に合わせましたが一致しません。参りました。

01 01

23.北側登り口から少し進んだ所。

01 01

上と同じ場所。方向変えて。

01 01

24.阿蘇駅前交差点。

01 01

25.牧之内温泉入口交差点。

01 01

26.212号線平坦道の終盤の橋。後ろの外輪山を入れるなら望遠でどうぞ。

01 01

27.上り序盤。

01 01

上と同じ橋。逆方向から。

01 01

28.212号12号線分岐地点。

01 01

29.212号12号分岐地点。大回りで12号線(ミルクロード)に入ります。

01 01

30.先程下を潜った陸橋。

01 01

31.牧ノ戸峠レストハウス。阿蘇やまなみレースと言いながら最後は大分県です。いいのか。

走行ルートはお借りします。この場で御礼申し上げます。


一日目。


二日目。

実際に走るとかなりきついので準備は念入りにです。後阿蘇は背景が緑になる時期が良いですね。3月序盤ではまだ寒々とした風景で寂しいものでした。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。