スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三次の雲海(高谷山展望台から)

雲海を撮りに行こう。
そう考えたことは何度かありましたが実行に移したことはありませんでした。色々条件が面倒くさくて後回しにしていたのですが、今回やる気が湧いたので行くことにしました。



さて雲海は簡単に撮れるものでしょうか。答えは否、です。
発生条件が厳しく、運の要素に左右されます。

wikiから引用すると


発生の原理
夜半、山間部などを低気圧が通過して湿度が高くなったとき、放射冷却によって地表面が冷え、それによって空気が冷やされていく。ここで風の流れがない場合に、冷えた空気は(ボウル状の地形のため)その場に留まり、さらに冷却され続ける。やがて一帯が飽和状態となり、空気中の水分が霧となって発生する。このときの様子が、山頂などの高所からは雲海として観察できる。

発生条件
雲海の発生条件を明確な箇条書きにすることは難しいが、おおむね次のようであるといえる。
季節:春、または秋(冬を除く10月~2月ごろ)
時間:夜明け前~早朝
気象:湿度が高く十分な放射冷却があること(なるべく無風状態)
地域:山間部、盆地


こんな感じです。

そして見れる場所に見れる時間帯に行くのが本当に面倒です。
大体が高い場所、公共交通機関では行けず、その時間帯は寒いものです。
そこに自転車で行こうとなると作戦を練る必要があります。

故に行動指針としては

1.前日に道具を揃えて近くの宿泊施設まで移動。
2.次の日の夜明け前に目的地まで移動。
3.後はその場で祈りつつ待つ。

とこんな感じです。今回は割と近場?で有名な三次の雲海を狙いに行きました。
道具、と言ってもカメラと三脚のみ。それでも軽さが命の自転車にこれを積んで走るのはなかなかの重労働となりました。仕事を終えてから三次までは3時間ほどのナイトライドで結構疲れました。明日の天候を眺めつつ睡眠。

そして迎えた次の日。ホテルの窓から見ると良く分からない(まあ暗いから仕方ない)。多分霧だろうと思いつつ外に出て自転車のライトを付けてみると霧でした。これは勝ったな、と思いつつ展望所まで進みます。こんな辺境の早朝の時間帯というのに追い越していく車が何台も。同じ目的で向かっているのだろうと期待も弾みます。駐車場に着いてみると満車。自転車だから関係ないのですが、車は車で雲海撮りに来るのは大変なのだな、と知りました。

01

展望所に着いてみるとこんな感じ。何時もは人なんていやしない場所にこれだけの人がいるのは雲海様様か。wktkして朝日を待ちます。

01

夜明け前。

01

少し日が昇って周りのカメラも撮影を開始しました。

01

かなり昇った状態。この間周りの人が色々な感想を吐き出していました。


「前に来た時は朝日が見えなかった」
「雲海も少なかった」
「ここに来たのは7度目だが、ここまで大きな雲海は今年初めて」

等。今回撮りに来て本当に良かったと思えた瞬間でした。

01

その大きな雲海を写真に収めたいとは思ったのですがなかなか上手くいかないものですね。他の方ならどんな構図で撮ったのか本当に気になります。

01

雲海と青い空。こちらも良いものです。

01

朝日が昇りきってから立ち去る人も居ましたが、この時間に訪れる人もいて賑やかなままでした。去る前に自転車乗りの方が来て愛車と共に雲海を撮っていました。それを遠景から。手前のテント等も入って賑やかな雰囲気が伝わるでしょうか。

この後はホテルに戻って朝飯を食べ帰路に着きました。
この項はこれで御終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

倉吉からの帰還

本日は帰還するのが絶対条件。昨日予想より距離が稼げなかったので頑張って走る必要があります。天気予報では夕方から雨ということで覚悟だけはして走り始めます。



それはそうと昨日TVで9/12はとっとり県民の日ということを知り、では道すがら何某かを買ってお金を落としていこう、そう考えていました。しかし、倉吉のホテルを出発して岡山県との境目である人形峠までの間にお金を落とすスポットはありませんでした。正確には道の駅があったのですが、まだ開いていなかったので目論見は外れて岡山県に入ります。

01

岡山県に入ってからのとある道の駅。ここもまだ店の営業時間外。僻地の道の駅ってやつは計画的に行かないと楽しめないのが辛いです。トイレや自販機等の最低限の施設の設置場所という意味では価値はあるのですが。

01

そんなこんなで津山市突入。最初に入ったコンビニで朝飯を食べる有様でした。旅先の抒情とか味わえないの本当に辛いです。お城には寄らずに先に進みます。

01

途中のとある橋にて。雲がいい感じだったので足を止めて撮ってみました。

01

なんだか良く分からない道を進んで県境。ようやく兵庫県に突入です。ここからもまだ遠いのですが。

01

天気が悪いとか言ってましたが普通に30℃を超える塩梅でした。

01

電車の音が聞こえて来たので足を止めて構え。突発ではこんなものですか。

01

ようやく姫路まで戻ってきました。天気予報を見てみると雨予報は無くなってました。逆は本当に辛いだけなのですが、こちらもこちらでもやっとします。この後はラーメン食べてパフェ食べたりして帰宅しました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

江津から東へ…

久しぶりに土日休みだったので江津まで足を延ばしてきました。シノハユ作中でも松江から遠いとぼやいておりましたが、大人の私でもその遠さに参りました。距離の遠さに交通機関の不足(高速道路、高速鉄道無し)が加わるとここまで時間がかかるものだな、と。狭い日本というけれど全国各地を回るなら十二分に広い、そういうことにしておきましょうか。まずは江津に一泊してそれから松江を経由して神戸に帰還するという大まかな計画で挑みます。初日の今日は何処まで東に行けるかが争点だったのですが、ちょっとした問題に見舞われました。




01

まずは江津駅から。この駅は三江線の起点でもあるターミナルなのですが、こじんまりとした街です。ホテルは駅前に一軒あるのみです。

01

シノハユ舞台へ。この付近は浅利崖下Pとswarmには名づけられていました。

01

こちらが浅利海岸。いい天気でした。ここから松江まで(100km強)走ります。

01

途中補給を兼ねて何件かLawsonを巡ってみましたが、大体売れ残ってました。こんな地方でも都心部と同じものが買えるのがコンビニの利点ですが、流石に客層は大きく違いがあるようです。

01

松江周辺と一通り巡って更に東へ。あわよくば鳥取まで行けないものか、と考えていたのですが本日は予想以上に風が強くて速度が出ずそれは断念せざるをえなくなりました。ではどの辺りまで走れば良いか不明のまま鳥取県に突入します。

01

大山。天気が良ければもっと良い塩梅なのですが、朝方天気が良かっただけに午後から曇ってきてテンションも下がる一方でした。

01

更に東へ。日も暮れかかって嬉しくない状況に。もう少しだけ走って適当な焼肉屋に入り、夕飯を食べる傍ら本日の宿を検索。残りの時間と体力を考えて倉吉の宿に決定。更に2時間ほど走って一日目は終わりました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

明石から広島のライド

GW突入。長い人は既に連休に入っていたのでしょうが、私は3-5まで。せっかくだからと広島に帰省することにしました。普通なら公共交通機関を使っての移動なのですが、せっかくの連休。なら自転車で移動するのも悪くない、と片道290kmを一気に駆け抜けることを計画します。

問題は天気。3日の夕方からは雨ということでその前に到着している必要があります。16時到着を目論んだ場合、ざっと余裕を見て20時間程必要だから出発は2日の20時。夜戦を経てからの走行となりました。



とりあえず姫路までは既に何度か行ったことがあるので問題なし。2時間ほどで到着し、その先は未知の領域。しばらく進んだら飯にしようと考えてはいたのですが、適当な店を見いだせずに県境まで進んでしまいました。これはまずい、とちょっと先に進んだコンビニで休憩。こんな辺境では飯屋なんてやってない。調査不足を嘆きつつ、軽めに補給をして先に進みます。

しばらく進むとトラブル発生。なんとライトの電池切れ。先ほど休憩したコンビニで充電を少しやったのですが、その程度では足りなかった模様です。アイフォンの懐中電灯をライト代わりにして少し進むとコンビニ。ここで懐中電灯と電池を購入し自転車に括り付けます。その間にライトは充電。近くにあった吉野家にて飯を食べます。24時間営業って素敵。

01

ありあわせのライトということもあって速度は緩め。で進んでいたら眠い事眠い事。これはまずいと別のコンビニで眠気覚ましのガムを購入します。これがかなり効きました。それでも夜が明けたらどこかで仮眠出来る所でも無いかなあと思いつつ進んだら夜明けになりました。

01

これはもう行ける所まで行くしかないと腹をくくって先に進みます。広島県に突入し、自分の活動範囲に近づいてきました。福山バイパスから良く分からない分岐道を経て尾道へ到着です。

01

適当な喫茶店が無いものかと探していたら発見。メニューも見ずにモーニングを頼みます。

01

食事を終えて出発。しばらく尾道を散策します。いつもの向島フェリー。

01

尾道レンタルサイクルセンターでは大行列。本日は午後から雨だというのに凄い人。これがGWという奴なのだな、と思い知らされました。それを横目に広島まで後90km。途中天気予報を眺めつつ天候が回復して来たら竹原にでも寄ろうと目論んだのですが、それは叶わず。12時位から雨が降り出すということでまっすぐ進むことにします。12時前から雨が降り出したものの、12時過ぎに到着。予定より4時間早い到着となりました。

01

その後は風呂に入って選択をしてお布団へ。夜になって起き上がり行きつけの喫茶店に行って夕飯を食べに行きました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

島根桜巡り 「三刀屋城址公園、斐伊川堤防桜並木、玉造温泉」

3月の終盤。連休が貰えたので桜遠征に出ることにしました。まず調べるのは桜の開花状況。今年は早いといいつつも開花宣言から満開までの期間が長くて見頃になかなかならなかったのも特徴でした。調べてみるとどうやら松江の方が広島より早く満開になる、ということで行き先を松江にしました。

今回は桜巡りということで朝一の出発で体力を消費しすぎるのは考え物。故に前日夜から少しでも走って距離を稼ごうと三次まで走って一泊しました。そして当日。夜明け前に出発し54号線を北上します。道の駅頓原で朝飯を食べて小一時間ほど走って最初の目的地である三刀屋城址公園に到着です。



01

満開予定日は2日後。それでも満足すべき開花具合でした。

01

橋の上から。お次は斐伊川堤防桜並木へ。

01

後2日後に来たかった。

01

ここから木次駅を望遠で撮ってみたら良い感じでした。

01

切り上げて道の駅さくらの里きすきへ。ここで販売されている桜大福が美味しい。今年は二つ買いました。丁度通り雨に振られて小休憩となりました。

01

玉造温泉付近は一度寄りましたが、次の日も来たので割愛。ただ、この「シノハユ」物件だけはこの日だけ撮ったので掲載。去年はこれを撮れなかったので一年越しの回収となりました。

01

時間をつぶして宍道湖夕陽スポットにて。霞が多くて沈む直前の奴は完全に隠れたので見えている間の奴を。この日はこの後ホテルに泊まり回収できなかった物件の調査をして眠りました。そして次の日。日も明けないうちから堺港に向けて出発しました。

01

橋の上から堺港方面を。興味本位でこの橋まで来ましたがそこまでではなかったかな。ここから七類へ。

01

静かな朝の港町です。

01

例の「シノハユ」物件を。やや青成分が足りない。七類の探訪を終えて再び玉造へ。

01

まずは駅から。このカットが最善かなあ。

01

ここからは温泉街。満開手前ということで何枚も撮った中で比較的満開に見えるやつを数枚。

01

01

平日というのにそこそこの人がいました。土日はもっと居たのでしょうね。この後は早々に松江駅に戻りカットを回収して帰路につきました。この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。