中国SAN値往復(広島-江津)

中国山地を越え日本海を見て再び帰ってくる。そこそこ足に自信のある自転車乗りがやっていると聞いたことがあります。かく言う私も挑戦しても良いかな、とた。丁度江津に行く用事(シノハユ)もあったので行ってきました。



01

島根県境の手前数kmの所のコンビニで小休憩。その後は県境を越え幾つものアップダウンを超えて江の川沿いの261号線を進行します。生憎の曇り模様が続きこのままずっとだったら辛いと思いつつ進行。鯉のぼりがあったので足を止めて撮影します。風が無くて味気ないのが辛い。

01

更に進むとようやく晴れ間が広がりました。この工場の煙突が見えると江の川河口、日本海が間近です。

01

9号線に入り東へ進行。浅利海岸を見渡せる地点で撮影。この時に東から来た自転車乗りのお爺さんと少しお話をしました。曰く、連休中に長門目指して走っている。今日はこれから益田まで向かう、と。私はこの先は高い峠は無いけれどアップダウンが萩まで続いて体力を削られるので頑張ってください、と言って分かれました。

01

しばらく舞台探訪を嗜みます。この案件が難儀でした。ここから石見福光駅近くの物件を回収して帰路に着きます。その前に道の駅に寄って昼飯にしようと目論見ます。

01

道の駅の隣のレストラン?にて。GWということもあって人多すぎ。少し待たされました。待つ間大量の水を飲んでました。

01

食べ終わって石見福光駅近くの物件。普通に撮るとこんな感じです。

01

石見福光駅は小さな駅です。まず途中下車しようとは思えない駅です。ここから261号線に戻って帰路に向かうのですが、先日越えた県道30号線を越えます。

01

分かっては居ましたがアップダウンが続く中国山地。ヘロヘロになって進むと何かいい感じの田んぼ。

01

田んぼに映った雲を良いと感じたようでした。自転車抜きで田んぼを中心に撮っても良かったかもしれません。

01

この日は晴れ間が広がってからは暑くなり、補給回数が多くなってまいりました。そんな中で食べたのがこちら。疲れた体には大層なごちそうになりました。

01

道の駅。通過しただけでしたが、後ろの山の新緑が良い感じでした。

01

広島県に戻ってきましたが、凄い南風。鯉のぼりも見事にはためいています。ここからは基本下り多めですが幾つかの上りで派手に体力を削られました。

01

疲労困憊で広島IC付近。家まであと少しという所でこの表示。GWは大変だなあと思いつつ気力を振り絞って帰宅しました。
この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

ビックブリッジの死闘(吉和経由錦帯橋)

GW突入。なれど私は単独の休みが数回のみ。それはそれと割り切って楽しみます。
まずは4/29。この日は錦帯橋で祭りがあり、大名行列が14時からとなっていました。それに合わせて山口へのポタリングに向かいます。
難しく考えないなら2号線往復で良いのですが、あまり起伏の無い道で温いと感じたので広島県の山から下ってきて山口県に入るルートを検索します。
先日もう一度行きたいと考えていた羅漢ダウンヒルを通って186号線経由で行くことにしました。



01

まずは井二の棚田から。この道ショートカットとして優秀なので毎度通ります。この時点では結構曇っていて先行き不安な塩梅でした。
ここから下って道の駅でコロッケをもぐもぐ。補給を終えて吉和まで上ります。

01

吉和の先のすいせんロード。丁度良い時期だったようでこんな具合にすいせんが咲いてる道が数km続きました。
上り終わって楽しい楽しいダウンヒル。あっという間に終わって186号線をひたすら大竹まで走ります。
湖畔はアップダウンが続いて地味に体力を削られました。

01

ようやく186号線終点到着。錦帯橋に行くにはこのかなり手前から曲がる道もあったのですが、この標識を見たかったのでここまで来ました。ここからは2号線沿いに進んで途中で標識に従って曲がるだけの簡単な行程です。

01

錦帯橋に到着。橋の駅に自転車を置いて徒歩移動。岩国城へ向かいます。
行列を何処で見るか考えた挙句上から撮ろうと。150mmの望遠があればどうにかなるだろう、と甘い考えで向かいます。

01

岩国城天守閣から。この景色を見るためにロープウェイの金額と入場料を払う価値はあります。

01

ロープウェイ山頂駅に戻って行列待機。150mmではこれが限界でした。もっと凄い倍率でないと駄目でした。

01

こちらは降りるロープウェイから。少しだけ近くなりましたがまだ遠い。

01

その遠い画像からトリミング。雰囲気だけ。

01

こちらも。上から撮るのは良い手ですが、かなりの望遠が必要であることを学びました。
行列が終わってから帰路へ。途中自転車乗りの方が居たので話しかけてみると廿日市から来たのだ、と言われてならば一緒に行きましょう、という流れになりました。橋の駅に戻って自転車にまたがりいざ帰路へ。結構な追い風で勢い良く走り出します。

しばらく進むと前に自転車乗り。話しかけてみると福岡から大阪まで走っている途中との事。彼もまとめて一緒に私が先頭を走って引き始めます。
廿日市に入ってしばらく行くと廿日市の自転車乗りの方が離脱。これだけ近いと錦帯橋は毎日行けそうですね。
大阪に向かう彼を引き続き引いてとあるセブンイレブンで休憩。

01

こんな感じでした。私も連休が有れば長ロングライドしたいGWだったなと思いつつ、広島市街まで引き続けて分かれました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

桜遠征(尾関山、三刀屋城址、斐伊川堤防、玉湯川、松江城)

本日の予報は昼からは晴れ。それまでは曇り。故に普通に出発して晴れ間が早々に広がることを祈りつつ進みます。



01

まずは尾関山公園に立ち寄り。

01

明け方すぐで曇りでしたがそれでも桜は良いものです。ここから三刀屋城址公園まで数時間のライドです。

01

赤名峠を越えて進むと小雨が続いて堪らず道の駅赤来高原で雨宿り。曇り予報で雨が降ると本当に参ります。
少しだけ弱まってから先に進みます。

01

道の駅頓原で飯を食べてからようやく三刀屋城址公園。時間がかかったので晴天が広がってくれたら良いなと思ったのですが曇天でした。

01

晴天が欲しい。

01

小一時間ほど彷徨ったものの曇りのまま。こんな場所もありました。次は斐伊川堤防桜並木へ。

01

曇天のまま。ここも小一時間彷徨いましたが青空は見えませんでした。

01

開花状況は最高なのに悔しい。松江に向かうと晴天になってる事を期待して先に進みます。

01

54号線を終えて宍道湖畔に着くと晴天が広がってきました。

01

以前寄った喫茶店で昼飯。湯町へ向かいます。

01

曇りになったり晴れ間になったりと安定はしませんでしたが、それでも青空と桜が撮れれば幸いです。

01

一番晴天だったのがこちら。2017年最高の桜の写真かな。

01

せっかくなので桜と列車を合わせてみました。ここから松江城に向かいます。

01

現存天守閣。中に入ってみると老人の方で渋滞していました。

01

天守閣から。桜の本数は他の所より少ないですが、それでも城と桜の組み合わせは良しです。
この後は松江駅に戻ってバスをそこそこ長い時間待って帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

春の山陰ポタリング(温泉津経由の松江行き)

こちらは走行記。まずは初日松江到着までを行きます。





今回の主目的は第42話の県大会会場へ移動中のカット撮影。その為松江に辿り着け中たらその手前、出雲市辺りに宿泊しようか位の適当な考えでした。

01

いつもの54号線三次経由ではなく261号線北広島経由で。その途中にて。朝晩の冷え込みの影響でこんな感じになってました。適当な高い所から俯瞰したら雲海になっていたと思われます。

01

島根県に入ってもひたすらアップダウンを繰り返します。261号線から県道32号線へ分岐。交通量が更に少なくなります。もう上り下りは勘弁と思いつつ進行。途中の菜の花で多少癒されました。

01

温泉津港にて最初の撮影地点到着。こんな辺境まず来ようと思わない。目の付け所がシャープすぎます。最寄の駅はこんな感じでした。ここからは海岸沿いに東へ進みます。

01

神島。左の小さな島です。良い天気だったので立ち寄りました。

01

本日二つ目の回収地点。せっかくなので別角度の写真もと挑戦。それは良かったのですが、本命の踏み切り写真が微妙にずれたのが失敗でした。二兎を得るものは、ってやつです、ぐぬぬ。

01

出雲市に入ってようやく道が平坦に。信号も増えてマッタリ進行。いつものポプラに寄ろうとするも店が変わってました。人も建物も変わってしまうものですなあ。そんなこんなで少しだけ湯町を散策して宍道湖夕日スポットへ。

01 01

まずはシノハユ4巻の目次シーンを。別に元画像が夕暮れ時ではないのですがなんとなく。

01

何時もの。

01

愛車と共に。この後は松江市街地に入って一泊。せっかくなので適当な飯屋を検索します。候補に挙がったのがレストラン 西洋軒 (松江市片原町)

01

01

良い雰囲気の店でした。次に松江に泊まる時も此処にするかもです。

01

遊覧船乗り場付近を散策して一枚。この後はホテルに戻ってキャプ画像の確認に勤しみました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

吉和までなんとなく ライド

桜の咲いてない3月末の休日。何処に行こうかと地図と睨めっこ。日帰りで行ける範囲で行ったことの無い場所を探します。何回も行っている範囲の一寸だけ外へ行ってみようと調べてみると結構な山の中。それでも自力は上がっているからどうにかなるだろうと吉和まで行くことにしました。



まずはショートカットもかねて何時もの棚田へ。その前に上り口付近の廃駅に寄り道。

01

01

時刻表。1日8往復もあるのに廃線。これを見ると8往復も無い路線は年々恐々ですね。

01

良い開花状況が道から見えていたので寄りました。

01

棚田。そこそこ人が訪れるのは4月には行ってから水田に水が張られてからで、今はまだ滅多に人は来ないですね。ここから下ります。

01

吉和に向かう前に一息。モーニング。自転車で走った後はとても美味しいのです。

01

一息入れた後は吉和まで一気に上ります。先の棚田より標高が高い所まで行きます。雪残ってます。

01

少し下って人里。女鹿平山。スキーのシーズンは終わりですね。

01

辺境のコンビニ。24時間じゃないです。入ってみるとコンビニというかスーパー、この付近のライフラインを担う店のようでした。ここからもう少しだけ登って冠高原付近へ。そこから楽しい楽しいダウンヒル。これが楽しい。この道交通量が少なくて見通しも良くカーブも緩やかで速度上げて走ることが出来る良い道でした。これを味わうためにまた此処に来ましょう。

01

その途中の道の駅。温泉もありますが入るのは自転車ではないかなあ。

01

186号線を外れて30号線へ。その途中のとある神社。

01

落ちそうで落ちないということで受験生にご利益があるとかないとか。撮っただけで早々に立ち去ります。この後は市街地に向かって信号も増えてきます。

01

2号線付近まで来て踏み切りで待たされたので突発で撮り鉄。この後はアップダウンも無くなってゆっくり走ります。

01

予定より早い帰宅になったのでいつもの河川敷で試行錯誤。ボトルで自転車を支えてみると上手く立ったので狙いの構図を。もう少し青い空の日に再挑戦ですね。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる