スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある晴れた日のこと 【涼宮ハルヒの憂鬱】

朝一で再び西宮北口駅にて自転車を借り踏切へ。

01 01

OPの絵の右側。良く気づいたなあ。

01 01

01 01

01 01

01 01

ここまで踏切。長門のマンションをスルーして駅へ。

01 01

01 01

こちらは近くの駐輪場。

01 01

01 01

甲陽園駅前。

01 01

01 01

入場券?を買って中に。

01 01

01 01

01 01

駅を出て通学路へ。2009/04の時点で薬局はありません。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

やっと最後の坂。駅から遠い遠い。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

こちらは校門を過ぎて更に上に。

01 01

甲山森林公園へ。割と遠かった。

01 01

01 01

関西スーパー前の交差点。

01 01

キョンが夜歩いていた坂道。

01 01

図書館へ。残念ながら閉館日でした(´・ω・`)ショボーン

01 01

これにて御終いです。
スポンサーサイト

桜の西宮 【涼宮ハルヒの憂鬱】

サンタクロースを何時まで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいい話だが

01 01

それでも俺がいつまでサンタなどという想像上の赤福じいさんを信じていたかと言うと

01 01

これは確信を

01 01

持って言えるが最初から信じてなどいなかった。

01 01

幼稚園のクリスマスイベントに現れたサンタは偽サンタだと理解していたし

01 01

オフクロがサンタにキスをしているところを目撃したわけでもないのに

01 01

クリスマスにしか仕事をしない爺ジジイの存在を疑っていた賢しい俺なのだが

01 01

宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や悪の組織や

01 01

それらと戦うアニメ的特撮的漫画的ヒーローたちがこの世に存在しないのだということに気付いたのは

01 01

相当後になってからだった。

01 01

いや、本当は気づいていたのだろう。ただ気づきたくなかっただけなのだ。

01 01

俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や

01 01

超能力者や悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ 。

01 01

しかし現実ってのは意外と厳しい。

01 01

世界の物理法則がよく出来ている感心しつつ

01 01

いつしか俺はテレビのUFO特番や心霊特集を

01 01

そう熱心に観なくなっていた。宇宙人、未来人、超能力者

01 01

そんなの居るわけねえー。でもちょっとはいて欲しい、みたいな

01 01

最大公約数的なことを考えるくらいにまで俺も成長したのさ。

というわけで第一話の冒頭に合わせてみました。神戸巡りの昼の部が早く終わったので少しだけハルヒ巡り。駅周辺と夙川公園までです。

01 01

西宮駅北口。もう少し早く来たかった。今(2013/03)ではこの面影すら残っていませんが。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

ここ本数多いので列車とは合わせやすいです。

01 01

珈琲屋ドリーム。中に入ったのは2012年になってからです。

01 01

球場へ。駅で自転車借りて移動しました。

01 01

01 01

01 01

これは近くの歩道橋から撮ってます。

01 01

01 01

01 01

近くのファミレス。

01 01

新池。夕暮れ間近でした。

01 01

01 01

01 01

01 01

夙川公園。このベンチ特定出来ないので雰囲気だけで。この後はホテルに戻りました。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。