高山市街編(2クール目)【氷菓】

既に一回訪れている-場所なのでその時に撮っていないカットを求めて朝一から高山市街を巡ります。まずは学校へ。

01 01

キービジュアル。もう少し遅い時間帯でないと陽が薄かったようです。弥生橋へ。

01 01

11話。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

18話。

01 01

筏橋へ。

01 01

筏橋から鍛冶橋方向を。撮影位置間違ってます。かなりの望遠なので分かりませんでした(汗
ここから商店街方面へ。

01 01

15話。国分寺通り南です。

01 01

高山駅南側の橋へ。

01 01

21話。

01 01

アルプス展望公園「スカイパーク」へ。

01 01

ここから連峰が見えるのはかなり条件が良くないとダメそうです。本日もダメでした(´・ω・`)ショボーン
この頁はこれで御終いです。
スポンサーサイト

平湯温泉 【氷菓】


飛騨一宮水無神社の後は平湯温泉まで足を伸ばします。結構な距離でした。

01 01

まずは平湯バスターミナルから。

01 01

柱の太さが違います。

01 01

この角度で撮るのは難しいのです。かなり妥協。

01 01

01 01

01 01

今回は使っていませんが濃飛バスです。

01 01

一行が泊まった旅館の前の風景です。もっと道路を登った先から斜めに撮るべきでしたか。

01 01

旅館の近くの公衆温泉へ歩きます。その途中のカット。上と同様に斜めからかなあ。

01 01

01 01

01 01

到着。先人達同様、ここが駐車場になっている関係で車が入りますヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

01 01

温泉。人が入っていたので内部カットは省略です。

01 01

ここも温泉と旅館の間のカット。

01 01

01 01

01 01

最後は旅館前のカットです。これでこの項は御終いです。

飛騨一宮水無神社と臥龍の桜 【氷菓】

桜の季節に飛騨一宮水無神社へ行ってきました。天候にも恵まれ良い塩梅でした。

01

神社手前の道から望遠にて。

01 01

まずは入口の鳥居。

01 01

石段を手前に入れて。

01 01

もうちょっと引いて撮るべきでした。

01 01

社務所へ。

01 01

上手く合いません。

01 01

01 01

入口鳥居別角度。

01 01

01 01

階段が細くないです。

01 01

立ち入り禁止場所から望遠にて。

01 01

こちらは文化祭編の冒頭のシーン。これも望遠です。

01 01

01 01

01 01

もう一回社務所。そして臥龍の桜のカット。

01 01

生き雛道中のカットはこの向きで。

01 01

終盤の会話の背景のこれは斜めからか。正面の奴で誤魔化しておきます。

01

絵馬を覗いてみたらこんなものがありました。まだまだ氷菓熱は残っていそうですね。この項はこれで御終いです。

正月の加茂荘 【氷菓】

浜名湖作目米から原田までは日も登ってまったりとした列車旅になります。1時間ちょっとで原田駅に到着。降りたのは私だけでした。ここから1.5km程歩いて加茂荘へ。

例によってリジスさんのページを参考にしています。

01 01

近づいてくると本当に大きい屋敷でした。まずは門から。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

門を潜って中に入ると門松が残っていました。まあ1/7でまだ正月ではあるのですが。

01

01 01

01 01

入口の戸に入るのも反応なし。声を上げてしばらく待つこと数分。ようやく料金が払えました。こんな日に来る奴なんていないんですね。

01

入口付近のチラシはこんな感じでした。

01

案内をされた後にお茶とお菓子が貰えました。おにぎりではなくなってます。おにぎりがイレギュラーだったのでしょうな。

01 01

玄関ですが、この屋敷にある小さなものを合わせてもどうかと思ったのでここを合わせてみました。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

ここから庭へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

もう一度戻って

01 01

トイレに続く道。

01 01

えるの部屋と思われる場所です。この後は原田駅に戻って掛川駅に向かいます。

01

原田駅にて。この後迷いましたがここから帰路に着きます。18切符でw。寄り道する時間はあまりなかったのですが、浜松駅にて鰻を食べることにしました。店は決めていなかったので適当にぐぐって藤田という店に行きました。

01

並を注文。ものすごく美味しくてあっさり平らげてしまいました。浜松駅周辺は本当に鰻の店だらけで何処に行けば良いか分からないのが困ります。駅に戻って何度もの乗り換えを繰り返して家に着きました。テキストにするとこうなります。

発着時間:13:21発 → 23:38着
所要時間:10時間17分
乗車時間:9時間20分
乗換回数:6回
総額:9,350円
距離:637.1km

■浜松
|  東海道本線(東海)(豊橋行) 188.8km 中・後
|  13:21-13:55[34分]
|  9,350円
◇豊橋 [8分待ち]
|  東海道本線(東海)快速(大垣行) ↓
|  14:03-15:31[88分]
|   ↓
◇大垣 [6分待ち]
|  東海道本線(東海)(米原行) ↓ 前~後
|  15:37-16:12[35分]
|   ↓
◇米原 [6分待ち]
|  琵琶湖線新快速(播州赤穂行) 198.4km
|  16:18-18:49[151分]
|   ↓
◇姫路 8番線着・7番線発 [19分待ち]
|  山陽本線(岡山行) 249.9km 前~後
|  19:08-20:34[86分]
|   ↓
◇岡山 2番線着・1番線発 [17分待ち]
|  山陽本線(糸崎行) ↓
|  20:51-22:17[86分]
|   ↓
◇糸崎 [1分待ち]
|  山陽本線(広島行) ↓
|  22:18-23:38[80分]
|   ↓
■広島 3番線着

あまりお勧めしない18切符の使い方でした。

高山を自転車で巡る 【氷菓】

昨日頑張って高山に到着。本日は朝一から舞台探訪。まずは4話の自転車移動の場面から。



01 01

初っ端から構図合わせが難しい。この難易度はまだ序の口だと後で知らされる。

01 01

01 01

01 01

01 01

この時間帯実際に学生が通ってた。

01 01

01 01

01 01

01 01

この辺りまで交通量が多くて面倒だった。

01 01

01 01

難易度高い田んぼのシーン。特定する方々は凄い、と言わざるをえないな。

01 01

千反田邸があるとされる場所。

01 01

帰り道の鳥居。一致度は低い。ここから市街に戻って学校から巡る。

01

学校の前の花壇を一枚。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

以上、学校でした。校舎のアップとか諦めました。

01 01

病院。正面からは無理なので橋からで妥協。

01 01

01 01

2期OP。この後は結構動き回ってるけれど時系列はバラバラです。1期OPをまとめて。

01 01

望遠が足りません。橋だけ合わせてます。

01 01

望遠を使ってそれをトリミングで誤魔化してます。

01 01

望遠が足りません。看板のみ合わせてます。

01 01

丁度猫の季節でした。

01 01

望遠が足りません。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

ここまで川べりでした。人が多くて難儀しました。

01 01

南に移動して日枝神社。この絵も合わせるのが難しいです。これから先は商店街です。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

人通りが激しくて困った。まるっとプラザに立ち寄り。

01

01

時間があればもう少し長居したのだけれど。一本杉白山神社へ。

01 01

01 01

01 01

01 01

また街の中央へ戻る。

01 01

川沿い。撮り忘れていたのでもう一度。ここから図書館へ。

01 01

01 01

車が多いのが難点。古い町なみを。

01 01

01 01

01 01

時間があればもっと他に撮ったであろう場所もスルーして先に。バグパイプ。ここにて高山を去ります。

01 01

01 01

店内は他の客も居たので撮影は断念。

01

ノートとウインナーココア。で、このノートなんですが盗難にあったそうです。

「交流ノートを持って行った方、もし、つい出来心でしてしまったのであれば、どうかバグパイプさんに返して下さい。本当に宝物のように大事に思っているものです。店に来て下さったみなさんにとってもそうだと思います。」

紹介しておきます。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる