スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平日の鷲宮 【らき☆すた】

足利市駅から鷲宮は1時間。夕暮れ時に鷲宮に到着しました。もう北関東とも呼べない範囲。最後に寄ってみたという塩梅です。電車を降りて改札に向かうと

01

痛神輿が展示してありました。神社に向かいます。

01

途中ののぼり各種。年月が経っているだけあって破れほつれがありました。

01

茶屋の前の石碑もこんな感じ。

01

設置当初はこんな具合でした。

01

神社は平日だけあって静か。

01

この雰囲気がいいんだよね、と絵馬掛けを見てみると違和感。

01

こうなっていましたか。後は絵馬を眺めます。

01 01

らき☆すた関係の絵が多いのですが

01 01

違う神社、作品の絵馬も。

01 01

ガルパンですね。

01 01

某フォロワーさんにも目が止まったようで笑いました。これにて6日に渡る探訪旅行は御終い。帰路に着きました。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

埼玉県鷲宮町が「らき☆すた」の主人公一家に交付する特別住民票 【らき☆すた】

私が書くよりも動画を見た方が早いのでとりあえずこちらを紹介



そんなわけで行ってきました、鷲宮。今回で三回目になります。実は何をするのか事前に調べておらず、行き当たりばったりな行程でした。

イベントの開始時間すら知らず、友人との合流時間も曖昧3cm。前回は列車の中で合流出来ましたが、今回は出来ず。駅で降りて違う列車かと思って先行したら、その列車だった模様。合流した後、町役場へ。

01

イベントの案内ポスター。

01

町役場前に行列が出来ていると思ったらそうではなく、役場の裏の広場に人が集まっていました。

01

01

天気も良く、イベントの開始を待つことに。時間になって司会の方が挨拶。早速住民票の交付かと思いきや、町長が遅れており連絡が付かないとのこと。イベントは生物だ、と。来るまで繋げと支持されたようだけれどもイベント慣れしていないようでぎこちない様子でした。

そして町長、町議会議長、かがみ、つかさ役の声優さん、鷲宮神社の宮司さん、そして白石さん登場。盛り上がる会場。何故か椅子が四つしか用意されておらず立たされる白石さん。ああ、これは仕掛けね、と。

まずは町長挨拶。彼はオタクではなかった。町役場に彼女たちのような若いお姉さんが来たら嬉しいなどと言う様はどう見てもおっさんでした。次に議長挨拶。曰く、らき☆すたが放送中に鷲宮が舞台となっているアニメがあることを知り、実際にアニメを拝見したとの事。彼によって鷲宮町役場にらき☆すたが話題となったのだと。

それから街の太鼓叩きのイベント開始。一番手は幼女達。東鳩2のような赤と白の制服を着て叩く様は写真を撮らせてください、と言わんばかりに。その後の大人の太鼓の演技はどうでも良かった。

そして公開住民票交付。声優さんの生声ですよ。生声。片田舎に声優。微妙に合わない気がしたけれど気にしない。このイベントが終了して住民票の販売開始。列移動の際に数えてみたけれど、イベント開始前から来ていた人の数はざっと6×40×5で1200人。後から来た人が同じくらいと考えると午前のイベントの参加者は2400人程か。

住民票を買うにあたって住所と名前を書くことになったのだけれど、ネタの住所でも良かった模様。真面目に書いてしまったのが勿体なかった。

その後午後のイベントまでの繋ぎとして間違い探しにイベントに参加してみる。数人掛かりだとあっさり判明してしまった。私は最初の一箇所以外は全て答えを写すだけだったけれども。

01

商店街の軒先には色々と宣伝もありました。

01

途中でおなじみの痛車を発見し撮影。

01

それから昼飯を食うことになり、何処に行くか思案する。飲食店ではスタンプラリーを催しており、せっかくだからこの店のどれかに行くことにしました。

01

町役場に向かう途中の広告に惹かれたこの店に行くことに。

01

しかし、元々小さい個人営業の店に大勢のオタクが並んでも捌ききれずハズもなく。それでもせっかくここまで来たのだから、と並んで待ちました。

食べたのは皆カツ丼。箸袋がラブリーでした。

01

食べ終わって店を出るまでに1時間かかっていました。この街で買い物するとくじ抽選券が500円毎に一枚貰える仕様。カツ丼は800円だったけれども2枚頂きました。さっそく削ったが両方とも外れ。うちらの面子の一名は2枚当たりを引いていました。

それから午後のイベントに行くべく鷲宮神社へ。イベントの内容を全く把握していなかった為開催時間までぶらぶらする。

01

01

01

桜と大勢の人。

01

絵馬も多種多様でした。

01

神社の前の茶屋の中に入って色々と奉納されたものを眺めたり。

01

茶屋の前の、私は前回スルーした石碑を撮影。

01

その上には真新しい掲示板があり、らき☆すたの絵が描かれていました。

ようやく午後のイベントが開始。司会は白石さんでした。まずは近くの高校の吹奏楽の演奏。本物の学生である。演奏した曲は2曲目がアレグロカンタービレ@のだめカンタービレOP曲、4曲目がもってけセーラー服@らき☆すたOP曲、趣味の上、一番注目したのはドラムでした。周りは女生徒ばかりの中で独りドラムを叩く彼はどう見ても勝ち組です、本当にありがとうございました。アンコールでもう一度もってけセーラー服を演奏して、それに合わせて白石さんが熱唱していました。

その後は抽選によるイベント。まずは爆弾ゲーム。抽選で選ばれたゲスト4人が一つだけわさびが入っているチョココロネを食べ、その後誰がそのチョココロネを食べたかを声優さんが当てるというもの。ゲストの演技が上手く、見事に商品を得ていました。

次がバルサミコス一気飲み大会。バルサミコスは普通に飲むものではありません。優勝した彼は見ているだけでつらそうでした。この商品は勿論バルサミコ酢。

その次は○×クイズ大会。問題は

・こなたの好物はチョココロネと鷲宮饅頭である。
・「日下部みさお」と「峰岸あやの」の二人と柊かがみは中学から6年の付き合いである。
・「峰岸あやの」の所属している部活は書道部である。
・らき☆すた原作5巻表紙にはつかさは載っていない。
・去年埼玉県で一番参拝者が多かったのは鷲宮神社である。
・柊姉妹の長女のいのりは大学4年生である。

後は
・白石稔が今日食べたのはそばである。
・加藤英美里が今朝食べたのはおじやである。

他にも問題があった気がするが曖昧3cm。

その次がコンプティーク主催のメアド事前登録で会場からそのアドレスにメールを送るというもの。NETからのイベント故、この会場に居ない人も対象となったけれど、運良く一人はこの会場に居たようで景品を手に入れていました。

後は余った景品を抽選を使って捌いて終了。

それから時間を潰して帰途に着きました。

01

ブランチ 公式参拝に行ってきた【らき☆すた】

初めて鷲宮神社に訪れてからしばらくしてイベントが行われることになり、友人も行く気満々だったので皆で行くことにした。7:09発の列車に乗り込む。ここから乗り換え4回の長旅の始まりである。

東武伊勢崎線区間急行(太田行) で合流する予定ではあったが各自乗る場所はばらばらである。私は北千住から乗り込んで牛田から乗り込んだ彼と携帯メールで連絡を取って合流に成功。鷲宮までだべりながら進む。鷲宮で降りたら同じ列車に他二名も乗り込んでいたことが判明。鷲宮まで行く適当な列車は数が少ないので想定された事態ではあったが。

いかにもな面子は列車内から拝見していた。鷲宮についてからデジカメを使う人ばかりを見て確かに怪しい一行だよなと感じた。行く途中に誘導員のような人が数人居た。鷲宮町商工会、本気である。信号を曲がって神社が見えたら既にいました、長い列が。現場に到着して状況を把握。既に茶屋の整理券は無理の模様。諦めて物品販売の列に並ぶことに。4列分けということで、丁度4人だったため分散して並ぶことに。販売しているストラップの数が把握出来なかったためこういう芸当に出た。結果として何処に並んでも買えたモノは同じであった。9:45前に到着していたならば。

641907254_220.jpg


4列分けの意味は単に分散するという名目であった。4人分散したために最後の一人の買い物が終わるまで先に買った人は待つことになってしまった。最後に買う羽目になったのは私なんだけれども。念の為に持ってきていた折り畳み椅子が大活躍であった。私が買い終わったのは12:00前だった。2時間強並んで待っていたことになる。

後は境内を見て回る。銀杏が風に散っている様はなかなかに綺麗であった。境内の売場では絵馬を買って色々描き込んでいる人を多々見かけた。そんな中に七五三と思しき家族連れが居た。こんなイベントがある日に大変ですね、と。デジカメでタイマーを使おうとして難儀しているのを見かけて、私が撮ろうかと提案してみた。それではとお願いされて写真を撮ってみた。一般の方にオタクの印象は良いということを知らせることは悪い事じゃないよね。

645867875_196.jpg

645867875_60.jpg



13:00前後に鳥居付近の駐車場でくつろいでいたら読売新聞の記者と思しき人に声をかけられた。俺達人畜無害と思われているのだろうなと。実際そうなんだけれども。どちらからと問われたので各自答えた。関東からの人ばかりなんですね、と問われて並んでいる最中に北海道から来たとの声を聞いた事を伝えてみた。このイベントに面を食らっている様子が伺えた。

しばらくして茶屋の前から歓声が上がっていた。どうやら白石さんが茶屋の前に出て何か話していた模様である。残念ながら人だかりで拝見することは適わなかったが。その後つかさ役の声優と思しき声が聞こえていたが確認は出来ず。

それから神社の南口の橋を写真に納めてから鷲宮を後にした。次の目的地は春日部である。ここは色々と巡礼ポイントがある場所である。尤も説明を受けないと分からない場所だらけだが。駅構内のポイントで止まっていたら同じような集団を拝見した。皆考えることは同じである。

構内の写真を撮った後は西口入り口である。ここはOPでつかさが踊っている場所である。私達の前の集団の一人が不思議な踊りを踊っていた。自重しろ、と心の中で唱えた。陽が陰っていたせいか春日部駅の文字の映りが微妙だったのが残念。その後、バス停のポイントに。ここも既に多くの人が訪れた後だったようでそこに居た警備員のおじさんがポイントを教えてくれた。手慣れたモノである。

警備員さん曰く、「皆同じような服装な人だね」。個性無くてすいません。オタクは服飾にはほとんど金を使わないのです。

その後、春日部で食事。イトーヨーカドのファミレスに入った。イトーヨーカドにも巡礼ポイントはあったのが無視した。そして各々が買ったストラップを拝見、とやってみたが私以外の三人が買ったのは

こなた1
かがみ2

である。デフォなのか、この組み合わせがデフォなのかと小一時間問い詰めたかったが止めておいた。私が買ったのはつかさ1、2である。ちなみに私達が撤退する段階になってもみゆきさんのは残っていた。先にみさおが売り切れていたようだ。人気無いにもほどがある。

641907254_174.jpg


それから駅で分かれた。ここから長い帰途についたわけだが見事にやらかした。そう、寝過ごしである。目を覚ましたら所沢であった。そこから引き返して家についたのは20:00前である。

2007年の頃の様子 

探訪写真はこの後何度か来てその都度増えるのだけれど便宜上この記述で関東分を上げておきます。

神社

01 01

幸手駅他

01 01

01 01

01 01

01 01

春日部駅他

01 01

01 01

01 01

01 01


01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

大宮

01 01

01 01

01 01

01 01

三浦海岸

01 01

01 01

01 01

01 01

最初の舞台探訪【らき☆すた】


ブログ移行に伴い、今まで行ってきた舞台の日記を少しづつこちらに移します。全部となると半年はかかるかなあ。まずは最初の舞台訪問、らき☆すたから行きます。



さて、この作品。内容の面白さもさることながら舞台背景に実際の町並みが出てきたことが大きく話題になりました。その流れを加速したと思われるのがアニメ雑誌ニュータイプの付録。秋葉原からの行路等が紹介され、実際に行ってみようと思う奴の背中を押すことになりました。私もその一人だったわけですが。


秋葉原で知人と徹夜カラオケすることになり、その帰りに鷲宮へ行くことにしました。最初から無茶無謀です。朝一ということで都心からの電車は空いており、埼玉県に入ってからの田園の風景は面白かったことを覚えています。1時間ちょっとで鷲宮駅へ到着。資料も下調べもなし。神社は歩いて数分だったにも関わらず、見知らない土地で小一時間迷いました。どうにか到着。人通りの少ない通りで鳥居が見えてくるさまはささやかながら感動するものがありました。


構図とか記憶に無かったのですが、大酉茶屋の掲示板にニュータイプの付録の抜粋がありそれを参考にして撮りました。


20111015105620_original_R.jpg


らき☆すた




他の背景は無視でこの一枚のみ。この後此処には何度か訪れることになります。絵馬が飾ってある所まで行き多数の様々な絵馬を見て驚き。これだけを見るためにここに来る価値はある。そう思う奴が今後多数現れるだろうと思える、そんな感じでした。



らき☆すた02


FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。