最初のたまゆら【たまゆら】

前々から行っておきたかったのだけれどようやく決行。調べて見ると竹原だけではなく、呉の辺りにも巡礼箇所があるということなので呉方面から潰していく事に。更に見ていくと島嶼部にも。ルートを考えていくと島嶼部を進んで最後はフェリーで竹原へ行くルートが見えた。朝6:30に出発。

呉の辺りまでは軽快に進み平均時速は20km/hを超えていた。海岸沿いで平坦な道が続けばこうなるのか。良いペースで進んでトンネル突入。GPSロガーは長いトンネルを抜けると位置がずれてログが乱れるのが困る。

最初の地点広駅。

01 01

01 01

01 01

いよいよ島嶼部へ。有料道路と書いてあったのだけれど自転車は無料だった。

白雪楼。300円で抹茶が付いてきた。入り口にはポスターが張ってあった。たまゆらの方も良く来ると言っていた。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

松濤園。こちらは800円。一箇所しか撮影地点が無いのがつらい。建物を散策することは放棄して次。

01 01

付近を撮影。色々構図を間違えているなあ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

次の島は撮影地点は無し。爽快に駆け抜ける。途中はこんな感じか。

01

01

豊島。ここの展望台が山場。上り口付近の街並みが意外と手間取った。家が改築されてたとかあったからなあ。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

12:30に林道へ。この時期、この時間帯。無理すぎるだろ常考。既に80km走った後でこれはつらかった。小さな島なのに標高は300m。体力を根こそぎ持っていかれた。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

展望台には自転車乗りが2人居た。たまゆらは知らなさそうだったけれど。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

島を降りて一つ目のフェリー乗り場へ。15:05発。30分前について飯でも食うかと思ったら食堂は14:00で終わっていた。小さな島はこれが怖い。お菓子でささやかながら補給。フェリーの本数は一日数本の為他にも自転車乗りが待っていた。先の展望台に居た方とも合流した。どちらへ行くのかと尋ねたら三原へ帰ると言われた。他の方にも色々と話しかけてみた。暇だったし。これから今治へ向かうという方も居た。行き先は様々なのだなあと面白がってみた。

フェリーが来て次の島へ。この島の北のほうから竹原行きのフェリー。40分で行けるかのタイムアタック。体力が万全ならば問題なしなのだが、既に疲労困憊。さてどうなるかと思って進んだら見事に足がつった。先のフェリー乗り場で話した方にエアーサロンパスを借りてどうにか復活。どうにか間に合った。この島は撮る余裕は無かったなあ。

白水港から竹原へ。このフェリーのBGMは「瀬戸の花嫁」だった。この路線で自転車乗りは私だけだった。港から竹原保存区域へ。早速巡ろうとするも今一良く分からない。竹原市街は時間が取れないだろうからと資料をあまり揃えてこなかったのが失敗か。途方に暮れていると地元の方と思しき方にパンフレットを貰って街並みを色々と教えてもらった。どうにか巡る算段が出来てほっとした。

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

01 01

色々巡って竹原駅前へ。広島行きのバスに。1時間に一本で次のバスは残り数分。急いで輪行準備、どうにか間に合った。

スポンサーサイト
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる