大谷石採石場跡 【喰霊-零-】

今(2013/02/16)振り返ってみるとキャプ不足でやり直しを要求?したくなる出来ですが当分行くことはないのでこの状態で公開します。

8話の終盤の戦闘舞台、大谷石採石場跡。一度行った後に放送されるというパターンで二度目の訪問です。宇都宮駅から自転車で。9時ちょっと過ぎに到着して一番乗りでした。じっくりと三脚を使って地下の大空洞を撮りにかかります。

01

入口の建物のポスター。

01

最初の狭い階段を下りると早速空間が広がっています。

01 01

01 01

他にもあるんですが当時はこれだけで満足してます。

01

これにて御終いです。
スポンサーサイト

碓氷峠鉄道文化むらに行ってきた【喰霊 -零-】

小旅行に行かないか、と言われたのでたまには探訪とは関係のない素の旅行も良いかなと土日の休みを使って横川まで行って来ました。

まずは行きの行程から。私以外の方は高崎線に乗って合流していたようですが、私は敢えて八高線に乗って高崎へ。片道2:20。1時間に一本というローカルな路線。通勤通学に使うにはやや難のある路線ですが、休日と言うことで冒険をかねて乗ってみることに。ずっと都会らしいき所を通らずに高崎まで到着。なかなか面白い路線でした。

高崎にて信越本線の横川行きの列車に乗って高崎線経由の方々を待つ。無事に合流。一名が遅刻のため新幹線を用いて合流するとの事。その方も無事に合流。というか新幹線2分乗り換えは荒技。そして列車は動きだし横川へ到着。

01

早速朝飯を食べようと何故か弁当を買って食べることに。私は釜飯を美味しそうに思えなかったのでおにぎり弁当を買って食べる。食べ終わった後、碓氷峠鉄道文化むらに移動。ワンデーパスポートを購入し入場。

まずは資料館へ。ここにプラレールを用いたかなり豪勢なジオラマがあったのだけれどこれがなかなか酷かった。有料にて各々のプラレール用の列車を乗せることが出来たようなのだけれど、その時に各々がお人形さんをジオラマの中に忘れて(設置する)行くのでかなりカオスな光景になっていました。こんな感じ。

01

01 01

01 01

01 01

01 01

編集で拡大してみたけれどこれが限界。カメラの限界と言うよりガラスの制約でこうなった。オタクは何処にでも居るのだと再認識。

01 01

しばらくこの付近を彷徨いた後13:00発のトロッコ列車に乗り込む。人多し。運転手さんの解説を聞きながら進む。ここが最大の勾配だった路線。

01

当時の苦労を忍びながら峠の湯へ到着。まずは昼飯。食べた後は野郎共で下ネタ話等で盛り上がっていた。何処に行こうとやることが同じなのは自重するべきだと思う。無理とも思うけれど。飯を食べた後風呂に。景色は確かに良かったけれど所詮温泉もどき。とはいえ、良い時期だった為外の風は心地よかった。しばらく休んだ後、めがね橋まで歩いていくことに。

ここから1.9km。私は一人先行して到着した。日が暮れてきており少しでも日が高い内に撮影しておくべきと考えた為。

01

かなりの時間待ってから他の方々も到着。各々撮影を終えた後横川駅まで歩く。帰りの道を進む時に虫が前から相当の数が飛んできて避けたり、迎撃したりで端から見ていると不思議な踊りをやっているように見えたと思われる。小一時間程歩いてどうにか到着。駅近くのこれが懐かしかったため撮ってみた。

01

帰りの列車を待つ間に日も暮れてきていた。乗り込む時はこんな感じだった。

01

続きを読む

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる