桜遠征(美波羅川経由尾道)

今年も桜の季節がやって来た。桜の開花状況を見ながら連休を申請。後は天候が良いことを祈るばかり。なれどその祈りは届かずしょんぼりな結果となりました。まずは美波羅川、尾道です。



当初の予定では尾道から更に他の場所を巡って適当な所で一泊でした。しかし雨が来るということでその案を廃棄。本日は輪行袋を積んで雨が降った時点で引き返すという方針で進みます。

01

美波羅川。とある橋の上から。かなりの本数の桜です。

01

この付近の枝垂れ桜。満開です(曇りですが)

01

道路沿いからだとこんな感じ。

01

歩道に少しだけ踏み入れて撮影。この辺りで切り上げて尾道へ向かいます。

01

その途中の世羅町にて。他の何某かと混在していたので足を止めてみました。世羅町から先はは下りだけかと思ったらそんなことはなく幾つかの峠を超える羽目になりました。体力を消耗しながらどうにか尾道に到着。せっかくなので東側から千光寺公園に上ります。

01

まずは展望台へ。開花状況は満開、満開なんです。

01

ここも。

01

展望台を振り返ってみても。ほぼ満開状態だったのですが生憎の空模様が惜しまれました。この辺りで小雨がぱらついたので駅に移動。まだ日が沈むには早い時間だったのですが予定通りに撤退しました。
この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

松江ポタリング

目覚めると知らない天井。そう、ここは松江。今日は松江市街をぐるぐる走ります。目覚めて早々に宍道湖ふれあいパークへ向かいます。



01

途中の白潟公園にて。空と湖の境界が分かりづらいのです。

01

宍道湖ふれあいパークから湯町に向かう途中にて前々から気になっていた喫茶店で朝飯を食べることに。何時ものようにtwitterにUPするとこんな呟きが上がってました。



前情報無しに評判の店に辿り着けると嬉しいですね。

01

湯町にて。今年の桜は遅いのでまだこんなものでした。天気が良いだけに勿体無い。この後は七類に向かいます。途中の道の駅で休憩。ロード乗りのお爺さんが居たので会話をしてみました。今日は枕木山の登りで練習して今は帰りの途中なのだと。枕木山はシノハユでも1カット出てきた場所です。この辺りの自転車乗りは結構練習に訪れる模様でした

01

海岸沿いの道はアップダウンがきついのですが、景色は良いので辛さだけではないのが救いです。35話の扉絵を回収した後は天候が良かったので枕木山に再訪することにしました。

01

その途中。そこそこの斜度の道が続きます。道の駅の老人はお寺入り口までを30分切ったというのでガチで上ります。

01

念のため上の駐車場まで上りきった後で(駐車場までどうにか30分切り)門の所まで降りて展望台まで歩きます。絶景を見る場合途中から歩く必要があるのが辛いですね。ここも結構な数の階段を登らされました。

01 01

青空。前回は曇りだったので満足でした。

01

パノラマだとこんな感じ。この後は真っ直ぐ松江駅に戻って帰路に着きました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

春の山陰ポタリング(温泉津経由の松江行き)

こちらは走行記。まずは初日松江到着までを行きます。





今回の主目的は第42話の県大会会場へ移動中のカット撮影。その為松江に辿り着け中たらその手前、出雲市辺りに宿泊しようか位の適当な考えでした。

01

いつもの54号線三次経由ではなく261号線北広島経由で。その途中にて。朝晩の冷え込みの影響でこんな感じになってました。適当な高い所から俯瞰したら雲海になっていたと思われます。

01

島根県に入ってもひたすらアップダウンを繰り返します。261号線から県道32号線へ分岐。交通量が更に少なくなります。もう上り下りは勘弁と思いつつ進行。途中の菜の花で多少癒されました。

01

温泉津港にて最初の撮影地点到着。こんな辺境まず来ようと思わない。目の付け所がシャープすぎます。最寄の駅はこんな感じでした。ここからは海岸沿いに東へ進みます。

01

神島。左の小さな島です。良い天気だったので立ち寄りました。

01

本日二つ目の回収地点。せっかくなので別角度の写真もと挑戦。それは良かったのですが、本命の踏み切り写真が微妙にずれたのが失敗でした。二兎を得るものは、ってやつです、ぐぬぬ。

01

出雲市に入ってようやく道が平坦に。信号も増えてマッタリ進行。いつものポプラに寄ろうとするも店が変わってました。人も建物も変わってしまうものですなあ。そんなこんなで少しだけ湯町を散策して宍道湖夕日スポットへ。

01 01

まずはシノハユ4巻の目次シーンを。別に元画像が夕暮れ時ではないのですがなんとなく。

01

何時もの。

01

愛車と共に。この後は松江市街地に入って一泊。せっかくなので適当な飯屋を検索します。候補に挙がったのがレストラン 西洋軒 (松江市片原町)

01

01

良い雰囲気の店でした。次に松江に泊まる時も此処にするかもです。

01

遊覧船乗り場付近を散策して一枚。この後はホテルに戻ってキャプ画像の確認に勤しみました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

吉和までなんとなく ライド

桜の咲いてない3月末の休日。何処に行こうかと地図と睨めっこ。日帰りで行ける範囲で行ったことの無い場所を探します。何回も行っている範囲の一寸だけ外へ行ってみようと調べてみると結構な山の中。それでも自力は上がっているからどうにかなるだろうと吉和まで行くことにしました。



まずはショートカットもかねて何時もの棚田へ。その前に上り口付近の廃駅に寄り道。

01

01

時刻表。1日8往復もあるのに廃線。これを見ると8往復も無い路線は年々恐々ですね。

01

良い開花状況が道から見えていたので寄りました。

01

棚田。そこそこ人が訪れるのは4月には行ってから水田に水が張られてからで、今はまだ滅多に人は来ないですね。ここから下ります。

01

吉和に向かう前に一息。モーニング。自転車で走った後はとても美味しいのです。

01

一息入れた後は吉和まで一気に上ります。先の棚田より標高が高い所まで行きます。雪残ってます。

01

少し下って人里。女鹿平山。スキーのシーズンは終わりですね。

01

辺境のコンビニ。24時間じゃないです。入ってみるとコンビニというかスーパー、この付近のライフラインを担う店のようでした。ここからもう少しだけ登って冠高原付近へ。そこから楽しい楽しいダウンヒル。これが楽しい。この道交通量が少なくて見通しも良くカーブも緩やかで速度上げて走ることが出来る良い道でした。これを味わうためにまた此処に来ましょう。

01

その途中の道の駅。温泉もありますが入るのは自転車ではないかなあ。

01

186号線を外れて30号線へ。その途中のとある神社。

01

落ちそうで落ちないということで受験生にご利益があるとかないとか。撮っただけで早々に立ち去ります。この後は市街地に向かって信号も増えてきます。

01

2号線付近まで来て踏み切りで待たされたので突発で撮り鉄。この後はアップダウンも無くなってゆっくり走ります。

01

予定より早い帰宅になったのでいつもの河川敷で試行錯誤。ボトルで自転車を支えてみると上手く立ったので狙いの構図を。もう少し青い空の日に再挑戦ですね。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

今年の冬を振り返る

例年だと何処かしこに桜を求めて彷徨っている頃なのですが、今年の冬は寒かったようで桜の開花は遅れています。
今年の冬はどれ位寒かったかということをアイフォンの画像から抜き出して晒してみます。

まずは1月の大寒の頃。数十年ぶりの寒波到来ということで宮島に積雪がありました。その日は生憎仕事だったため撮りにいけなかったのが辛い一日でした。その前日は仕事を終えて近場の山に少しだけ足を踏み入れた様がこんな感じです。

01

こんな寒い日は自転車乗るものじゃないです。そして大寒波が来た日はこんな感じでした。

01

一年に一回あるかないかの雪景色。雪に慣れてない地方の為これでも大混乱です。

01

近場のとある工場ではこんなものが作られてました。日を変えてとある休日。広島の北のほうにちょとだけ足を伸ばしてみます。路面が一部凍結している所をどうにか進んだらこんな感じでした。

01

青い空と雪でした。次の休日はもう少し足を伸ばします。



まずは棚田へ。

01

ここも途中一部路面が凍結している所の走行となりました。

01

別の峠にて。ここまで来れたから後は下りは楽勝、そう思っていたのですが

01

凄い凍結。これ乗って走るのは無理。ということで慎重に押して進みました。帰り際もう一箇所峠に寄ってみたのですが

01

こちらは進入すら出来ず。走破は無理と国道に戻って帰宅しました。先の峠もこの峠も例年一月でも問題なく走破出来たのですが、今年の冬は凄かったのだなということを体感させられた一日でした。

私のアイフォンに残っている雪景色画像はこんなものですね。
この項はこれでお終いです。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる