呉ポタリング(グループライド)

私は大体一人で自転車に乗っています。休日不定期ということもあって他人と都合よく予定を合わせることが難しいのも大きな理由の一つです。なら仕方ないよね、と一人で走り続けているわけですが先日同行者募集の案内を目にしました。丁度都合が付きそうだった為たまには良いかと行くことにしました。

場所はとびしま海道。広駅に9時に集合。という事でまずそこまで自走します(46km)。呉市街で信号に止められまくったもののどうにか時間内に辿り着きました。到着してみると既に他の方は到着済み。何人集まるか分からかったのですがどうやら私含めて6人の一行でした。軽く本日の行程説明を受けたのち出発します。



駅から橋までまったり進行。とびしま海道に入ってまずは大平山に上ります。ここで参加者の脚力を見るのだな、と全力で上りにかかります。後ろを引き離して大平山公園に到着。

01

晴天なれど霞。この季節は仕方ない。

01

藤を合わせて。他の方々もぼちぼち到着して雑談したのち下り始めます。

01

途中で一人がパンク。多人数ライドをやる場合避けられないのが誰かがパンクすること。今回もそうなったかと納得しました。その合間に一枚撮りました。

01

御手洗まで先頭を交代しながら進行。30km/h超えて。一人で走るときはこんな速度出しません。集団走行の醍醐味を満喫しながら進みます。脚力が残るかどうかを気にしながら。後ろが千切れた時は少し待ちます。その時に一枚。

01

御手洗に入って山清青果に寄ります。目当ては濃縮みかん果汁。私は紙コップに一杯入れた後手持ちのボトルに入れて薄めて飲みました。それでも十分に濃ゆい。この後近くのスーパーによって補給したのち岡村島を一周します。岡村港に寄った後はノンストップで。

01

一周した後の橋の上にて。やはりここは撮影スポットになっているようで。一通り楽しんだ後歴史の見える丘に登ります。

01

初見で行くのは難しいこの場所。自転車で来たのは初めてです。ここを下って今度は大崎下島の南海岸をひた走ります。疲れ果てて橋を渡り豊島へ。ここのみっちゃんというお店に向かいます。

01

店が何処にあるかわからず地元の住人に尋ねてどうにか到着します。こんな路地裏にある店地元民以外はわかりません。

01

豊島ラーメン。650円でコーヒー付き。この日は満員御礼で私ら一行の後でラーメンは品切れになりました。

01 01

ちなみに某アニメで出てきたお店でもあります。この後は来た道を戻るだけの簡単な行程です。足が疲れている中で無駄に上りで競争になったりしながら無人販売のお店に寄ります。

01

一ネット200円の八朔?を食べます。橋を渡るとこれが800円になるのだ、とありがたみを噛み締めて。食べた後は広駅まで戻り解散となりました。私はここから自走で。どうにか18時前に帰宅しました。走行距離は180kmを超えたのですが記録に失敗して凹みました。辛い。この記事の走行記録は同行者のものを流用しています。

この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

生月島に行こう

佐世保へ遠征。その近くに行きたい場所がありました。それが生月島。車のCMのロケ地として知っている人も多いのではないでしょうか。私は違う経由で知りました。紹介の動画も数多くありますがとりあえずこちらをどうぞ。



行くに当たってアクセスを調べます。当初は平戸の近くまで輪行しようと目論んだのですが交通機関が厳しいことが判明しました。博多からが遠すぎ。諦めて近くの都市へ行ける所を探したら佐世保になりました。近いといっても佐世保から生月島は60km以上あるのが厳しかったのですがこれが最善と朝早く起きてその分を埋める作戦にしました。

仕事を終えて移動開始。博多までは新幹線で簡単に行けたのですが佐世保までが遠い。特急を使いましたが博多から2時間弱かかりました。これは長崎新幹線が望まれるわけです。佐世保についてせっかくだからと弓張岳に上って夜景を眺めホテルに行ったらかなり遅い時間に。色々こなして就寝は遅くなりました。次の日は眠い目を擦りながらどうにか6時過ぎに出発します。



まずは平戸大橋まで。佐世保というより長崎県は坂の多い県なのですぐにヒルクライムになります。いくつかの峠を越えて橋到着。平戸市に入ります。ここで市街地によれば川内峠へ行けたのですが生月島への到着を最優先にしたので泣く泣く諦めました。平戸島も坂だらけで順調に時間が消費されて辛い行程でした。そして生月大橋へ。

めっちゃ風強くて難儀しました。聞くところによると前日は風強すぎで通行止めになったそうですが、この日の風の強さでは通行可能なのかと身を以て知りました。生月島へ渡り切ってまずは東側(絶景じゃ無い方)を進みましたが誤ったか。こちらの方が風が強かったようで碌に速度が出ないまま灯台まで進むことになりました。そして最初の目的地塩俵断崖に到着します。ホテルを出発してから3時間半でした。

01

塩俵。断崖絶壁の一種ですが柱が何本も立っているように見える辺りが珍しい景色です。

01

こちらが望遠。下の方のハチの巣のようなものが自然物というのが面白いです。満喫したところで北のオオバエ灯台まで進みます。

01

最果て。と行ってもここより北も西にもまだ土地はあるのですが島嶼部の先っちょというのは達成感を味わえます。せっかくなので上ります。

01

灯台から東の方をいくつかの島が見えます。この灯台とにかく風が強くて撮影を中断して降りてきました。ここから塩俵まで引き返して島の西海岸、サンセットラインにかかります。

01

ここから。一目で良い道路だとはっきり分かります。

01

ちょっと進んだところで菜の花が見えたのでやってみました。

01

進行方向と逆ですが気にしない。

01

このトンネル。この島の西海岸に道路を通すのは無理だろうと思われていたものの技術の開発によって成し遂げられた、みたいな感じがして凄いです。

01

島の南部にさしかかって水田が見えたので一枚。

01

生月大橋の近くの道の駅。これにて生月島一周完了です。ここから平戸島を駆け抜けてフェリーで佐世保に戻るルートなのですが風の影響で余裕はほぼありません。昼飯をゆっくり食べることを諦めパンを買って早々に胃袋に流し込み先を急ぎます。
01

生月島から港までのルートはとにかく峠だらけ。時間的余裕がなくて辛かったのですがこの棚田だけ一枚。本当にはもう少し奥に棚田の展望所があったようですがちょっと遠かったので諦めて先に進みます。

01

どうにかフェリー乗り場近くへ到着。何か食べるものを入手しようとするもこんな辺境にコンビニなんて無い。この昭和感あふれる個人商店でいくつか食べるものを買って出発を待ちます。

01

フェリー乗り場。他に客が見当たりません。実はもう出発した後なのだろうかと不安に思うもまだ出発しておらず一安心。

01

乗り場に行くと停泊していました。さっそく乗り込みます。時間になり出発、乗客は私一人でした。プライベートクルーズ。これは満喫するしかねえ、と思ったらこのフェリーめっちゃ揺れました。うずしお汽船よりも。風景楽しむ余裕なんてなくて必死に体を動かさずに堪えて佐世保に戻りました。

この後は佐世保の展望所巡り等に続きます。この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

紅葉を見に行こうよう(佛通寺)

第三弾。もう県内は見頃の所は無いかなと調べていたら辛うじて佛通寺が。数日前が見頃だったため少し遅れたかもしれないけれど行く価値はある、と覚悟を決めて向かいます。



01

到着。軽く書いてますが、ここに来るまでに一度迷って1時間ほどロスしてます。2号線沿いではなく北周りの道で行こう。そう考えたのは良かったのですが迷ったのは想定外でした。見知らぬ道を走るのは下調べが必要ですね。

01

01

01

01

数年前に来たことがある地点で構図もその時とほぼ変わらないのが辛い。新規の場所に向かうべきだったかと思いつつもこれはこれで良かったのではとも。帰路は迷わないように2号線経由で帰りました。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

紅葉を見に行こうよう(深入山)

引き続き。今回は三段峡を目当てに走ったのですが実際に行ったのは深入山でした。



前々から深入山の前を通ったことがあり、一度登っておきたいと思っていました。この時期を逃すと冬になって難易度が激しく上がるのでなら今日行こう、と走りながら決めました。本日は三段峡を歩くつもりだったのですが一人旅の醍醐味はこうして行き先を気分次第で変えられることですね。

01

深入山登山道入り口到着。軽く書いてますが、ここまで3時間以上かかってます。自転車+ハイキングはなかなかしんどいのです。この深入山は難易度の低い山ではありますが、かなりの山奥にあるので来るのが大変です。

01

どんどん上ります。こうしてみると夏場の青々とした模様も楽しそうです。

01

頂上到着。青い空と標識が実に良く合う。もうこれだけで大満足でした。これでも登山口入り口から1時間ほどかかってます。難易度は低い山ではありますが、クリートで簡単に登れる山ではありませんでした。

01

下りながら。周りずっと山。

01

紅葉もいい感じに撮れたのかな。

01

青い空と稜線も合いますね。下りは上り以上に神経使って結構な時間を費やしました。
ここから日暮れまでのタイムアタック。日が暮れて少し立ってからようやく帰宅しました。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

紅葉を見に行こうよう(極楽寺)

11月は紅葉。ということで紅葉の開花状況と睨めっこしつつ行き先を決めます。
今年は近場で済ませることにしました。最初は極楽寺。知らないスポットでしたが一体どんな塩梅か期待して挑みます。



01

なかなかしんどい上りを経て駐車場へ到着。そこから少しばかり歩いてようやく到着。こじんまりとしたお寺でした。


01

山の上だけあって展望台が有りました。なかなかかな。

01

紅葉が見頃だったのは境内付近だけでした。

01

早々に切り上げ帰路につきました。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる