観音寺に行く前に四国カルストに寄り道しよう 【無謀】

四国は観音寺でオフが開催される。久しぶりに会いたい友人が居るので早々に参加表明。後は天候が良ければ自転車で行って四国を堪能しよう。その位に考えていました。そしてオフが近づくとどうやら天候は良さそう。ならちょと冒険してみるのもいいかな、と四国カルストに行く案を練りました。と言ってもルートと出発時間位ですが。以前行ったことがある場所であり、行程が分かっているのでどうにかなるだろう、と。目的地である観音寺の宿に18時に着くことを考え、朝3:30に松山を出発すればどうにかなる、と判明。では広島から松山まではフェリー一択。そこから自走して松山の宿に泊まりすぐに就寝して出発する、というかなり無茶な行程となりました。



01

松山行きフェリーに乗って。なかなかの景色が撮れました。これは幸先良しか。船の中でおにぎりをほおばり揺れの中体を横にして時間を潰します。3時間程経過してようやく松山観光港到着。IPHONEで道を確認しつつどうにか宿到着。明日の準備をして早々に眠ります。

ほどなくして3時になり準備開始。眠り体を引きずって出発。長い長い戦いの始まりです。
四国カルストへは松山から距離80km、獲得標高ざっと2000m。5時間程の行程と目論見ます。
注意すべきところは四国は主要都市から離れるとコンビニをほとんどなくなるので補給に注意と言う事。今回はまだ松山市街地にいる間に多めに補給します。

01

とあるコンビニで朝飯と補給食と水。暗いイートインのスペースが新鮮でした。

01

松山市街から離れてまずは三坂峠。四国カルストへ行くにはまずその手前の峠を越えて下ってまた上るという過酷なルート展開になります。この三坂峠標高700を越えますが頑張って上ります。その途中にて夏場と言う事もあって日の出が早いのが助かります。

01

三坂峠を越えて四国カルストへの分岐道である440号線に入ります。
ちなみに2017年6月では途中の久万高原町にもコンビニありました。
440号線を上っていくとこんなものがありました。

01

更に進んで四国カルストへの入り口である地芳峠到着。ここからの上りがえぐくなりますが頑張ります。
進んでいくとなんと自転車乗りが降りてきました。こんな時間にこんな場所に来る自転車乗り、色々おかしいです。自分の事は棚に上げてそう言います。

01

四国カルスト西の端に到着。ほぼ予定通りの時間に到着でした。ここから多数の画像をお楽しみください。

01

姫鶴荘(めづるそう)。

01

その前の道から東方面を。この後脇道を探検。

01

01

01

01

晴れた日にここを巡れるのはなかなかの幸運です。頑張って上ってきた甲斐がありました。

01

01

01

01

五段城付近。四国カルストで一番高い所。

01

01

通常と望遠での比較。

01

01

こちらも。とりあえず両方で撮っておいて正解でした。今から見てみると空がたくさん入ってる通常撮影の方がなんとなく雰囲気を撮れた気がします。時の場合によりけりかな。

01

少し進んで逆方面から。

01

天狗荘。県境でお約束撮影。

01

この辺りが四国カルストの東端。ここからどういったルートで挑むか思案して同じルートを引き返すのは味が無いと考え高知方面に下りて東に移動しそこから北上することにしました。これが無理難題だったと気づいたのは後になってからでした。

01

439号線に出てひたすら東へ。国道だというのに凄く細い道。不安になりながら進行。商店があったのでまよわず補給。店の人がおらずしばらく探していたら裏から登場。地方クオリティー。

01

更に進むと集落。ですが、平地が少ないせいかとにかく山の斜面に立つ家々。畑だって例外じゃないくらい凄い斜面の段々畑でした。

01

439号線から33号線に合流。がしばらく進んでまた439号線へ。今度は494号線。とある公園にてお手洗い休憩。紫陽花が既に咲いています。

01

この三桁国道の連続は冒険という感じでした。そして長い長いトンネルを抜けて更に進行。民家が見えているとどうにか安心できます。439号線から194号線へ。この道を進んでいくと民家が無くなっていってやばさを感じ始めました。川が透き通って魚が肉眼で見えるくらいに人が居ません。

この194号線を走っている途中で足が攣り始め小刻みの休憩をする羽目になったのが本当に辛い所でした。

とにかくひたすら長い山道を進み長い長い石鎚トンネルを越えてようやく下り。本当に参りました。
西条市に入ってドラッグストアに立ち寄りエアーサロンパスを購入。痛む度に吹きかけて進行しました。
西条駅で進行を止め、輪行で移動する案も考えたのですが折角なので限界まで挑んで駄目だったら輪行と考え痛む足で進行します。

01

15時も過ぎるとどんよりとした空模様。後はほぼ平坦を延々と走るだけの簡単な作業のはずでしたが痛む足ではなかなかの大変な行程となってしまいました。

01

それでもどうにか目的地に到着。予定通りの時間で我ながら大したものだ、俺凄い、と達成感に浸りました。
この後の行程は別にしてこの項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

涼を求めて山の中へ (三段峡、温井ダム)

6月突入。この時期雨が降ってないと暑い。なら涼しい山に行こうと言う事で三段峡へ。何時ものように棚田経由で戸河内に向かいます。



01

棚田。晴れてるとそれだけで満足出来るものです。何か人が大勢居ましたが何某かのイベントだったのかな。

01

三段峡の川本旅館にて。山女塩焼き定食。

01

三段峡に来たらこれを見ないと。かつての駅跡。ここから北上し芸北まで進みます。

01

芸北にて。地方だとこうしてお店に張ってあるポスターが地方の様子を伺えるのが面白いところです。

今回はここから186号線沿いに帰宅してみようと進みます。が、なんと通行止め。迂回路が指示されましたが例によって広域農道で獲得標高マシマシなのが厳しくなります。交通量信号が無いのは利点ですが、そもそも261号線沿いにもほとんどありません。気休め。迂回路をどうにか終えてしばらくいくと展望所の標識。折角なので行きます。

01

猪山展望台。少しだけ歩かされました。まあこんなものかと先に進みます。

01

温井ダム。下まで下りることが出来るらしいですが今回は少し眺めるだけにとどめて先に進みます。186号線はこの付近はトンネルだらけで結構危険な区域でした。この後は難しく考えずに191号線沿いに帰宅しました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

夏目友人帳巡り2日目 人吉~市房山~八代 (05/30)

本日、というより今回の主目的は市房山登山道のキービジュアル。これさえ撮れれば後はいかようにもという位難易度の高い物件。今日の行程は市房山に向かい、残りの時間で回収できるだけ回収して帰路に着く、という塩梅です。朝早くに出発します。



01

まずは小腹を抑えるためにコンビニで。とりあえずおにぎり二つ食べましたが、11時までの間は食べられずじまいになりました。遠征先の補給は難しいですね。
湯前駅で適当な朝飯を食べる店が無いかと思っていたのですが、見当たらず。一度道を間違えて目的に向かってリカバリー。朝飯どころではなくなって気がついたら市房山キャンプ場でした。

01 01

4期の「代答」の段々畑。撮り直しましたが、一致させるのは難しい。

キービジュアル地点には祓川橋からひたすら歩いて行く道と、林道終点まで車で走ってそこから登山道に合流する道があります。私は林道終点まで行く案を選択。湯前駅付近からこのキャンプ場までもそこそこの斜度だったのですが、祓川橋から先の道は更にきつくなりました。この林道高度800mまで行きます。キャンプ場付近が高度400m程なのでなかなかの斜度です。

01 01

その途中にて。こちらは1期3話。6期の1話でもあります。

どうにか林道終点まで着いて一息。私はここから少しだけの行程ですが、山のルールに沿って登山記録を記述。1時間で帰る事にして出発。

01

ここから自転車旅ではなく「ヤマノススメ」。装備品は無し。「布の服」だけで挑みます。

01

幾つかの石段を越えて新夫婦杉。この少し先に

01 01

この物件が有ります。実はここからではなく、もう少し石段を進んで撮るとかなり一致度が高い模様です。この市房山では圏外になっていて調べようが無かったのですが、下調べが不足でした。

01

もう少し行くと4合目の市房神社。神社の形をしては居ますが実質山小屋です。ここから先は正真正銘の登山になる為、ここで引き返します。

01

自転車に乗ってあさぎり駅へ。その途中の水田にて。撮ったときは今一かと思いましたが、振り返ってみるとなかなかどうして。

01 01

とある橋と河川敷。を回収してあさぎり駅前へ。今一で5期OP観音像へ向かいます。

01

その途中の道の駅にて。ツクシイバラだそうです。一面この花というわけではなくこじんまりと咲いていて他に撮影者も居なくてひっそりでした。

01

さあ、先を急ぐぞと思ったらいい感じの鯉のぼり。寄るしかないということで寄り道。人吉クラフトパークでした。
尚、これを撮ってすぐに再出発してます。

01

観音像、人吉城址公園を改修して人吉駅。こんなものがありました。市房山三神宮は軽巡熊の守護神だったんだよ、と。予期せぬ艦艇の知識が得られました。
さて、今回の行程は補給というか食事行程がコンビニばかりで地元の醍醐味をほぼ感じずじまいです。これはいかんでしょ、と昼飯は奮発しようとここでひまわり亭に予約の電話を入れます。流石は平日、簡単に取れました。

01

到着すると他に客はおらず店の空間独り占めでした。

01

鮎の塩焼き。人吉地方は少し早いのかな。2杯ほどおかわりして満足して先に進みます。

01 01

既に草生い茂ってて下に下りるのは面倒です。ここから一気に八代市まで駆け抜けます。

01 01

15時を過ぎると雲が増えてきてドンよりとしてきました。ここから後一つの橋を改修して八代駅へ。

01 01

この案件、合わせられそうで合わせられなくて色々うろつく羽目になりました。ここから新八代駅まで走ってお終い。袋詰めして新幹線を待ちます。この新八代駅、売店が小さいのでお土産を買うには不向きです。

01

駅で買うのは諦めて車内販売で夕飯を。と言っても選択肢は多くなくて2つの内の一つを。食べてしばらくしたら寝ていましたが、広島の手前で起きれて事なきを得ました。広島駅からは自走で帰宅しました。

この項はこれでお終いです。

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

夏目友人帳巡り1日目 熊本~人吉

連休取れたので前々から行きたかった夏目友人帳巡りに行くことにしました。手段は何時も通りに自転車で。早速舞台地図を眺めてルートを考えます。今回笠松橋、雨宮神社が出てきたので行きは五木村経由、帰りは219号線沿いに北上するという大雑把なルートを計画しました。



仕事次第では前日入りして朝一から走り出す事も考えたのですが、残業になったので諦めて次の日の朝一の新幹線に乗り込んで行く事にします。が、広島からだと到着が9時前になりました。九州はやはり遠いです。

01 01

まず熊本駅のこのカットを撮って(このすぐ後に列車は出て行きました)駅の別のカットを回収。北に向かって市街地物件を片付けます。

01 01

アーケードを散策。時間に余裕があれば店も巡りたかったのですが無いのですぐに北へ向かいます。

01 01

細い道は到着するのが難しくて困ります。どうにか辿り着いてここも妥協多めで回収。南の鉄橋と堤に向かいます。

01 01

鉄橋。手前の船着場からでそこそこの写真になったので次に行きます。次は立神峡です。

01

吊橋はそこそこ立派なのですが、ちょっと狭い?公園でした。ここから笠松橋へ。

01 01

2期OPでのカットです。前回は曇りだったので撮りなおしです。

01 01

このカットも撮り直しです。手前の竹が入るのはどうしようもないです。ここから大通峠へ。結構な斜度の坂を上ります。

01

トンネル到着。このトンネルに入らず隣の峠道を進みます。

01

大通峠からの眺望。少し黄砂有りますがそこそこの眺望。「続」の第5話「約束の樹」のイメージかな、と。

01

せっかくなのでトリミング。どうにか八代海(不知火海)が見えてます。その先の陸地は天草諸島かな。

01

峠の茶屋にて休憩。他のお客さんは市内から来たと言ってましたが人吉市か八代市かと思ったら熊本市との事でした。その地域の発する言葉は面白いですね。

01

楽しい楽しいダウンヒルを終えて五木村へ。再び小休憩。少し早かった気もしますがこの判断は正しかったようです。

01

案内が少し違いますが、なんと迂回支持。この案内はトンネル再開の案内ですが、この時はまだ通行止め。迂回路へ行かされます。そんな話し聞いてませぬ。迂回路は大抵本道より狭くてアップダウンがきついと相場が決まっているので覚悟を決めて走り出します。

01

どうにか迂回路を終えて445号線に戻ってきたらすぐに此処でした。立ち寄ります。

01

01

01

数年経ってますが、風月が過ぎても尚健在そうです。というかこのにゃん子先生入りの道案内図軽く10年は持ちそうな予感がします。

01 01

445号線を南下してこちらへ。確かここも舞台だったかなと足を止めて確認してると電池切れ。どうも充電が上手く行かずここで立ち往生となりました。店に入ってミルクックを購入。10円当たりでした。しばらく店の前で休憩して最低現の充電を終えてから人吉市街へ向かいます。

01

人吉市街を一度出て水路と大畑駅のカットを回収。大畑駅は19時でどうにか日暮れに間に合ったようです。ここから市街地のホテルに向かいました。
この項はこれにてお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

広島-浜田往復(捻りなし)

広島市から山陰往復のメジャーな都市は浜田。先日行ったのは次点の江津。なら浜田往復もこなしておくかと軽い気持で行くことにしました。その為特に行きたい所も考えずに行き当たりばったりで。たまにはこんな足の向くままのライドも良いのです。



01

ルートを検索して今回は県道40号線を経て186号線に沿って進むことにします。県道40号線は中国山地だけあってアップダウンが続きましたが交通量が少ないのが素晴らしい道でした。その途中にて。結構北にある分水嶺です。

01

この付近の温度計。これは快適。この付近は北広島町の芸北町。これから暑くなるならこの付近をメインに走るのもありかなと思いつつ先に進みます。

島根県に入ると空模様が微妙なことに。浜田市に入ってコンビにで小休憩し目的地を探します。何処も触手が動かなかったのですが、とりあえず城行っておこうと浜田城址に向かいます。

01

浜田城址。人口の少ない都市ゆえか案内も少ない寂れた観光地でした。こういう雰囲気もありですかな。

01

本丸跡にて日本海を望みます。満足して帰路に。

01

浜田市のとあるコンビにて。こういう地域感あるポスターを見ると旅してるという感じがして良いのです。

01

行きにも見た風景でしたが、帰りに撮影。こういう隠れ里みたいな風景好きです。

01

185号にあるこのスノードーム。雪国では良く見かける建物ですが、こうして見てみると圧倒されます。

01

広島県に戻ってきました。ここまで情報を仕入れてこなかったので無難に同じ道を通って帰ってきましたがこれから少しだけ違う道を通る事に。県道11号から三段峡方面に向かいます。が、県道11号線はなかなかのアップダウンが続く道で体力削られました。山地は油断すると一気に獲得標高が増えるのが恐ろしいのです。

01

何時もの喫茶店にて。ここから棚田経由で進みます。

01

曇り。近づいてみるとなにやら案内が。

01

こんな催しがあったのですか。やるとしてもちょっと観光客は少ないかな、と思いつつ立ち去りました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる