三次の雲海(高谷山展望台から)

雲海を撮りに行こう。
そう考えたことは何度かありましたが実行に移したことはありませんでした。色々条件が面倒くさくて後回しにしていたのですが、今回やる気が湧いたので行くことにしました。



さて雲海は簡単に撮れるものでしょうか。答えは否、です。
発生条件が厳しく、運の要素に左右されます。

wikiから引用すると


発生の原理
夜半、山間部などを低気圧が通過して湿度が高くなったとき、放射冷却によって地表面が冷え、それによって空気が冷やされていく。ここで風の流れがない場合に、冷えた空気は(ボウル状の地形のため)その場に留まり、さらに冷却され続ける。やがて一帯が飽和状態となり、空気中の水分が霧となって発生する。このときの様子が、山頂などの高所からは雲海として観察できる。

発生条件
雲海の発生条件を明確な箇条書きにすることは難しいが、おおむね次のようであるといえる。
季節:春、または秋(冬を除く10月~2月ごろ)
時間:夜明け前~早朝
気象:湿度が高く十分な放射冷却があること(なるべく無風状態)
地域:山間部、盆地


こんな感じです。

そして見れる場所に見れる時間帯に行くのが本当に面倒です。
大体が高い場所、公共交通機関では行けず、その時間帯は寒いものです。
そこに自転車で行こうとなると作戦を練る必要があります。

故に行動指針としては

1.前日に道具を揃えて近くの宿泊施設まで移動。
2.次の日の夜明け前に目的地まで移動。
3.後はその場で祈りつつ待つ。

とこんな感じです。今回は割と近場?で有名な三次の雲海を狙いに行きました。
道具、と言ってもカメラと三脚のみ。それでも軽さが命の自転車にこれを積んで走るのはなかなかの重労働となりました。仕事を終えてから三次までは3時間ほどのナイトライドで結構疲れました。明日の天候を眺めつつ睡眠。

そして迎えた次の日。ホテルの窓から見ると良く分からない(まあ暗いから仕方ない)。多分霧だろうと思いつつ外に出て自転車のライトを付けてみると霧でした。これは勝ったな、と思いつつ展望所まで進みます。こんな辺境の早朝の時間帯というのに追い越していく車が何台も。同じ目的で向かっているのだろうと期待も弾みます。駐車場に着いてみると満車。自転車だから関係ないのですが、車は車で雲海撮りに来るのは大変なのだな、と知りました。

01

展望所に着いてみるとこんな感じ。何時もは人なんていやしない場所にこれだけの人がいるのは雲海様様か。wktkして朝日を待ちます。

01

夜明け前。

01

少し日が昇って周りのカメラも撮影を開始しました。

01

かなり昇った状態。この間周りの人が色々な感想を吐き出していました。


「前に来た時は朝日が見えなかった」
「雲海も少なかった」
「ここに来たのは7度目だが、ここまで大きな雲海は今年初めて」

等。今回撮りに来て本当に良かったと思えた瞬間でした。

01

その大きな雲海を写真に収めたいとは思ったのですがなかなか上手くいかないものですね。他の方ならどんな構図で撮ったのか本当に気になります。

01

雲海と青い空。こちらも良いものです。

01

朝日が昇りきってから立ち去る人も居ましたが、この時間に訪れる人もいて賑やかなままでした。去る前に自転車乗りの方が来て愛車と共に雲海を撮っていました。それを遠景から。手前のテント等も入って賑やかな雰囲気が伝わるでしょうか。

この後はホテルに戻って朝飯を食べ帰路に着きました。
この項はこれで御終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

北関東遠征 榛名湖~渋峠~長野駅

それでは行程録を。
榛名富士を見てからということで6時過ぎに出発します。



01

榛名富士。この時間帯に自転車乗りが現れたのですが夜半からヒルクライムして来たということでしょうか。凄い。

01

朝早くから船乗り場は賑わってました。ここから一度下って長野原草津口駅に向かいます。

01

その途中にて。群馬県は見る山々が特徴があって面白いのです。このちょっと先で工事中で迂回路を進まされたりしましたが、どうにか8時に駅に到着。駅で撮影をしてコンビニへ。補給してから坂を登り始めます。

群馬県側から渋峠に挑む場合この序盤がきついと言われていて覚悟を決めて登り始めたのですが、そこまできつくはなくてあっさり草津に着いて拍子抜けでした。草津入口は道路工事をやっていて時間を取られたのが想定外でした。草津の温泉街を豪快に無視して峠に向かいます。長野原草津口駅は快晴だったのですが、登るに連れて雲が濃くなっていきました。山はこうなるのが辛いです。

01

森林限界を越えたあたりから。ここは青空の時に挑みたい所ですね。

01

キャプ画像と睨めっこしつつヒルクライム。草津~渋峠はゆったりとした斜度できつさは感じずに行けました。ただ、どんどん気温が下がっていったのには心底参りました。こちらは日本国道最高地点から。

渋峠ホテルに着いてみると結構な数の自転車乗りとすれ違いました。自転車乗りにとってメジャーな行き先なのでしょうな。複数の方に話を聞いてみた処、Twitterをやってなくてfacebookのみやっているという人ばかりでした。Twitterでそこそこの数の自転車乗りの人とフォローされていますが、Twitterだけでは把握できない自転車乗りの方がたくさん居るのだ、という事を再認識でした。

01

渋峠を出発する時はなんと氷点下。覚悟を決めて長野側に降り始めます。この写真撮るのもしんどかったのですが、帰ってきてみるとやはり撮って良かったと思えるのは写真に価値があるからこそか。これは樹氷ですね。渋峠の通行止めに前の風景を撮ることが出来たのはなによりの収穫でした。

01

延々と下って来ると晴れ間が広がって紅葉まっさかり。

01

さらに下ると本当に青空。山の天気は難しいですね。この後は道の駅に寄ったあとまっすぐ長野駅に向かい輪行で帰りました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

立-Ritz- & ガルパン ライド

3連休は前日に広島から移動。高浜の物件があったため宿は土浦に取りました。土浦から高浜を経由して大洗に向かいます。
本日の天候は微妙に宜しくないため雨が降りだしたら撤退する方向で進みます。



高浜の物件を片付けて後は大洗へ。道は空いていて心地よいポタリングとなりました。

01

まずは腹越しらえに某ファミレスに寄ります。既にガルパンです。

01

某コンビニもこんな感じ。

01

駅に着いたら時間帯が良かったようでラッピングバスが止まっていました。撮影開始。

01

01

運転手さんがドアを閉めてくださったのでこの絵も撮れました。天候が微妙だったのでとりあえず某とんかつ屋に向かいます。その途中に痛車が止まっていたので運転手さんに話しかけて撮影させてもらいました。

01

01

大洗にガルパンまだまだ健在なり、という所でしょうか。ここからとんかつ屋までは10数kmです。ゆっくり進んで到着したら小雨になってました(´・ω・`)ショボーン

01

店内から。

01

01

01

予想以上に凄い店でした。ここまで特化した店はそう多くはないでしょう。

01

目玉商品。

01

そのスペック。スペックとは何か。

01

一人用を食べました。この料理車輪用にリッツがあるのですが、履帯とは違うので無しで撮影しました。

01

満足して店を出たら雨は更に強くなってました。大洗に引き返すのは断念して水戸駅に向かい、輪行で宇都宮へ行きました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

天橋立経由で帰還ライド

本日は朝に天橋立を眺めてから帰還となります。まずは南側の方へ。



01

南側からの眺望です。この後は北側に向かいます。

01

向かったのは傘松公園ではなく成相寺。純粋に間違えました。想像以上に凄い坂を登らされて参りました。こちらは寺入口の近くにある山の展望台からの展望です。
この後は拝観料を払って天空の回廊と呼ばれる展望所に向かいます。

01

到着。まあ満足かな。これから帰還工程に入ります。

01

加悦鉄道(かやてつどう)の廃線跡を巡ります。NAVITIMEがここを走れと指示したのでたまたまでした。
で、走り心地はどうかと今一だったりします。途中何度も寸断されている車道で一時停止を繰り返すので一度走れば十分かな、と。

01

加悦SL広場にて御終い。こちらで昼飯を取ります。列車を改造して作られた喫茶店にて。

01

01

模型と共に。満喫して進みます。

01

昨日とは違う峠を越えて進みます。

01

この辺りまでは天候が持ったのですが、しばらくして雨が降りだして参りました。撮影する余裕なくなって必死に漕いで帰宅しました。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

舞鶴までゆるふわポタリング

長かった兵庫出張も9月で御終い。最後は何処に遠征に行こうかと考えて天橋立まで行ってみることにしました。
まずは舞鶴まで走って一泊します。



まずは175号線を北上して道の駅を目指します。

01

道の駅北はりまエコミュージアムにて昼飯。ここで棚田の情報が公開されていたので寄り道することにしました。たまにはこんなアバウトな旅もよしです。

01

岩座神の棚田 (いさりがみのたなだ)。一週間早く来ていれば稲刈り前の状態だったようです。

01

01

ざっとこんな感じで切り上げて先に進みます。ここから更に山を登ります。

01

189号線を進む中。彼岸花とすすきでした。

01

兵庫-京都県境。多分この道二度とは通らない気がします。

01

福知山市を進んでいく中で。なんとなく一枚。この後日が暮れてしばらく進んで宿に着きます。
着いたあとは一休みしてから晩飯を食いに舞鶴市街に向かいます。

01

適当なラーメン屋にて。舞鶴は意外とラーメン屋が多くて激戦区だったようです。
この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる