「シノハユ」 第35~42話

今年も冬が終わったので早速島根県に行ってきました。まずはキャプ画像編からです。



01 01

第35話。扉絵。この一箇所だけと言う事でスルーしてきましたが行ってきました。

01 01

第36話。ラスト。宍道湖ふれあいパーク。次の話とまとめて行こうとスルーしてました。

01 01

第37話。P3@BG。
玉造温泉駅近くの木を道路から。

01 01

P6上段@BG。
以降しばらく宍道湖ふれあいパーク

01 01

P6中段@BG。

01 01

P32@BG。
西灘公園。宍道湖ふれあいパークからは結構な距離ありますがよく辿り着けましたなあ。

01 01

P38中段@BG。再び宍道湖ふれあいパーク。

01 01

第39話。見開き。
宍道湖夕日スポット。

01 01

P222@BG。
灘地区集会所。主人公の家はここ設定なんですなあ。

01 01

P243@BG。
玉造温泉駅の東側の踏み切り。

01 01

P244上段@BG。
出雲玉作資料館から玉作公園方面へ。ここから玉作公園を突っ切って温泉街に向かうと思われます。

01 01

P244左下@BG。
玉作公園入り口付近。

01 01

P246下@BG。

01 01

P247右下@BG。

01 01

P249上@BG。

01 01

第40話。P183上@BG。
白潟公園。

01 01

P203下@BG。
灘地区集会所。

01 01

P205左下@BG。
灘地区集会所近くのカーブミラー。

01 01

第41話。P293@BG。
みやばし付近のカーブミラー。

01 01

P294@BG。
玉造温泉街入り口。

01 01

P295右下@BG。
玉作公園入り口付近。

01 01

P297下@BG。
灘地区集会所。

01 01

P304中段@BG。
玉作公園から。

01 01

第42話。P364下段@BG。
灘地区集会所付近。

01 01

P369下段@BG。
玉造温泉駅。

01 01

P370上段@BG。
玉造温泉駅。

01 01

P370中段@BG。
田儀駅から東のとある踏み切り。

01 01

P371中段@BG。
上の踏み切りの更に東付近。

01 01

P382中段@BG。
温泉津港。

01 01

7巻表紙。みやばし付近から。
この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

第4~7局 【怜-Toki-】

1月の全国アニメ聖地巡礼サミット in 吉野に行ってきました。そのついでに大阪で下車して探訪するのが旅人のたしなみ、なのかどうかは分かりませんが、怜-Toki-の舞台を巡って来ました。
巡った時系列順ではなく、登場回毎に行きます。第4~7局までです。



01 01

第4局 扉絵 時の広場(大阪駅)

01 01

第5局 扉絵 エキスポシティの中の観覧車

01 01

第6局 P208@一巻
若竹公園。

01 01

以下同じ。

01 01

01 01

01 01

第7局 扉絵。西梅田公園。
広角が必要です。

01 01

P355@BG。
引き続き若竹公園。

01 01

P367@BG。
若竹公園近くの三叉路。

01 01

P369@BG。
阪急バス(株) 千里中央案内所。案内所を入れて撮るのですが失敗してます、リベンジです。

01 01

P371。若竹公園。

01 01

単行本1巻表紙。千里山第二噴水。

01 01

メロンブックス特典。服部緑地公園。

この項はこれでお終いです。

テーマ : 聖地巡礼の旅
ジャンル : 旅行

呉市音戸大橋【シノハユ】

シノハユ第40局には松江以外にも沖縄、十六島公園、沖縄、そして呉市音戸が登場します。近場なので早速行ってきました。



01 01

この1カットのみ。左側の音戸第二大橋の文字が見えているので特定は容易です。撮影場所はひまねきテラスの歩道橋の上からです。通過している船はあまり本数が多くないので撮れなくても気にしないことです。

ここは呉駅からはかなり離れている(7km前後)ので大和ミュージアム辺りで自転車を借りて来るのが一番妥当だと思われます。

せっかく来たので近くの音頭の瀬戸公園へ。

01

01

こんな感じでした。呉市街地に寄って帰路に着きます。

01

呉のいせやにて肉じゃが。多数の方にお勧めされている肉じゃがでした。

この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

広島周辺巡り 【この世界の片隅に】

前回の呉周辺に続いて今回は広島周辺です。一部高さが足りない案件がありますがご容赦を。



01 01

1.横川橋
全く違う橋になってます。

01 01

2.中嶋本町
レストハウス。一部残った建物を再建したのだそうです。

01 01

3.広島城
この俯瞰だと路面からでは高さが足りません。

01 01

4.広島駅
呉方面行きの列車と合わせてみました。

01 01

5.福屋デパート
建物も前の道路も変わっていますが、面影はあるのかな。

01 01

6.胡町電停付近
カットに合わせるとローアングルになるので妥協しました。

01 01

7.住吉橋
橋が全く違うものです。角度を合わせたいなら船に乗らないと無理です。

01 01

8.太田川遡上地点(舟入橋付近)
こんなに大きな川じゃないです。

01 01

9.すずが船に乗せてもらう道
背景の山が微妙に合うのかな。

01 01

10.松下商店
営業はしてなかったかな。

01 01

11.すずの実家近く
海神社の近くの船着場を適当に撮りました。

01 01

12.原爆ドーム

01 01

13.すずが上陸する雁木

01 01

14.大正屋呉服店
2.と同じ場所です。

01 01

15.中島本町俯瞰
江波山気象観測所から挑んでみましたが高さが全然足りませんでした。地図を眺めてみましたがこの付近に俯瞰をとれそうな建物は見当たりませんでした。航空機物件かもです。

01

平和記念公園にて。広島産業奨励館。手前に小舟があって当時は実際に市民の足として使われていたのだな、と感じました。今は観光用に数隻残っているだけですが、映画で動画として知れたのは面白いことでした。

この項はこれで御終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

呉巡り 灰ヶ峰他 【この世界の片隅に】

11/12の公開初日に見てきました。舞台巡りは円盤が出てからと思っていたのですがロケーションマップが配布されていたので入手して早速巡ってきました。
今回は呉周辺です。



01 01

1.灰ヶ峰
そこまで高くない山と思ったら結構な高さと遠さがある山で時間を予想以上に使わされました。
展望台から撮るよりその手前の道から撮ったほうが一致度は高いです。

01 01

2.三ツ蔵(旧澤原家住宅)
道狭くて他のカット写真は撮れませんでした。

01 01

3.福屋呉店
今は本通ではなくれんが通りにあります。かつてあった場所はスルーです。

01 01

4.蔵本通り(消防署鉄塔、灰ヶ峰)
登れる高い場所ということで呉駅駐車場の屋上から撮りました。

01 01

5.小春橋
一致させるには河の船の上から撮る必要がありそうです。

01 01

6.呉駅
合ってるのは場所だけですね。

01 01

7.下士官集会所周辺(海上自衛隊呉地方総監部援護業務課)
こちらは松の木が残ってるのかな。建物は全然違います。

01 01

8.海軍病院前の階段(呉医療センター付属呉看護学校)
この階段も作り直されてそうですね。

01 01

9.呉駅より呉港方面を望む(呉中央桟橋ターミナル)
呉駅からは周りの建物に囲まれて眺望悪いので少し移動して呉中央桟橋ターミナルの5Fから合わせてみました。

01 01

10.巡洋艦青葉終焉之地
着底場所はもう少し先ですが、名残を感じるならここかな、と。

キャプ画像はこんな感じです。

01

れんが通りはこんな感じになってました。

01

入船山公園前の道路はこんな感じのカットもあった気がします。

01

艦これで脚光?を浴びたクレーンですが、この映画にも登場しました。どんな向きだったかは覚えてないです。

01

重巡青葉終焉之地はこんな感じです。

灰ヶ峰に行くのに時間を予想以上に費やしたので今回は呉編のみです。広島編は別の日に行きます。
FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる