ちょっと沼津まで その1 広島〜福山

今年も舞台探訪サミットの時期がやってきました。前回、前々回と無駄に現地まで自転車で行くという芸当をやっています。去年の秩父は諸事情があって神戸スタートだった為寄り道しまくりでこんなルートで進行しました。

010101

走行距離611km。

なら今年もだよね、と地図と睨めっこしてみたのですが距離がちょっと有り過ぎて尻ごみしてました。寄り道する余裕どころか最短をきっちり走っても厳しい。ですが、先日300kmをテストに走ってみてどうにかなりそうとの判断をしたので作戦を練ります。

到着までに三日用意出来れば余裕なのですが、生憎例年通り仕事を終えてからそのまま走り出すというもの。初日は日暮れまで走って残り二日でどうにかするという方針は変えられません。その二日でどうやって走りきるか、朝何時に起きて夜何時まで走り続けるか。ルートは走りやすい、迷いにくいルートになってないか、等多少の情報収集をやるのが精一杯でした。

01

走行距離744km。去年より130km多い。

自転車ナビでは200km以上のルートは表示されないのでGoogleのルート検索車(有料、高速道路未使用)にて。細かい所は違いますが大体あってます。初日に100km以上走って残り二日で600km超を一気に駆け抜ける。このルートはそんなに峠はないのでそれが救いと思いつつ初日を迎えます。仕事を終え一旦部屋に戻ってから荷物の最終確認をして出発します。

01

まずは最初の峠を越えます。なんだかんだでこの旅で一番きつい峠は多分此処でした。峠はですが。
東広島の看板が良い感じなのでここで一枚撮って後はひたすら東へ。

01

01

夕暮れ時になって何処かいい夕日スポット無いかと思いつつ進行。よさそうな漁船とそこから振り返った道路が良い感じだったので結構満足です。ここから更に進んで尾道へ。帰宅ラッシュに遭遇して速度を落とされたのが辛い。

01

尾道にて夕飯。まだ初日は旅の醍醐味を味わう余裕がありました。この後少し走って福山で一泊しました。



この項はこれでお終いです。
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

300km 広島〜益田〜江津〜広島

本日も大遠征の為に長距離ライドの試走。前回は4時前出発でした。今回は0時過ぎに出発し日暮れ前までにどれだけ走れるかの限界テストを実行します。コースは山陰まで出て残り時間を見ながらコースを決めるというアバウトな案です。まずは191号線に沿って益田を目指します。



夜戦の中県境まで進みます。何時もなら棚田の坂を越えて行くのですが、この時間帯だと野生動物の遭遇等のアクシデントを恐れて大通り沿いに進みます。それでも暗い道を走ることになりました。県境を越え下り基調になると既に寒くて思うように速度を出せずに参りました。島根県に入り道の駅に到着する頃にようやく明るくなってきました。

01

月がまだ見えてます。缶コーヒー(HOT)を買って小休憩です。

01

更に進んで次の道の駅付近にて。雲大目でしたが朝焼けです。益田駅到着は7時頃。朝飯を食べてとりあえず東に進みます。道の駅ゆうひパーク浜田に寄り道。何時もの海岸線を撮ろうとすると先客。これは撮り鉄の方だろうと話しかけます。

「次の列車は何分後ですか」
「後3分後ですね」
「どうもです。ではここで待っても良いですか」
「どうぞ、どうぞ」

みたいな感じで列車が来るのを待ちます。

01

こんなものですかな。山陰線本数少ないので待ち時間が少なくて幸いでした。満足して次へ。

01

とある駅にて。9号線から撮っただけです。

01

更に進んでとある海岸にて。

01

恒例の風車の見える場所にて。この後186号線沿いに帰路につくか判断。道の駅サンピコ江津まで足を伸ばします。

01

サンピコ江津のとなりの食堂にて食べられる大蛇丼。カツが8枚入り。なかなかのボリュームでした。1000円未満にしては大満足の部類に入ります。ここから帰路へ。脇道を辿って186号線に入ります。

01

その途中にて。稲穂が程良く揃っていて絵になりそうな場所が無いかと脇を見ながら進んできましたがとりあえず一枚の場所でした。この後は小休憩を挟みつつ帰路に着きます。到着したと思ったら走行距離は290kmでした。せっかくなので後10km走って300kmにしようと近所を俳諧します。

01

その途中にて。夕暮れ時で一番映える背景は電信柱だったかなあ、と。近所だとこんなものですね。どうにか300km越えて終了しました。

今回の走行で得た教訓は
・防寒用具(ウインドブレーカー他)はあった方が良い
・300km位なら充分走れる。後数十kmまでは行ける。
・深夜はやはり車が少なくて走りやすい。

位でした。数日後の大遠征に向けて自信を付けることが出来た、そう思えたことにした一日でした。
この項はこれでお終いです。

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

とある神社に日帰りライド

9月中盤にそこそこ長い距離を走ります。今の段階の自身の脚力を把握しておくためにそこそこ長い距離を走ることにしました。まずは尾道の大山神社(110km程)まで自走してその後はそれから考えるという方向で行きます。到達を12時前にするために朝4時前に出発します。



01

何時もの峠道を越えて2号線へ。その途中。既に肌寒い気温です。おかげで保水はあまり考えずに済んだので三原まで一気に駆け抜けます。三原で朝飯を食べて尾道へ。

01

尾道からは何時もの渡船でしまなみ海道へ向かいます。

01

因島大橋を渡って見下ろします。本日はこのはっさく屋はお休みです。気を取り直して大山神社へ。

01

到着。早速目当てのものを物色します。ちまみにこんなものです。




2種類あるので二つ買って撤収。帰路を考えます。
行きと同じ道を帰る気にはならなかったので別のルートを考えます。案としては

・今治港から岡村港でとびしま海道
・宗方港から岡村港でとびしま海道
・盛港から忠海港でさざなみ海道

フェリーの時刻表を睨めて接続が良さそうなのが盛港経由。他は待ち時間が長すぎなので盛港に向かいます。

01

その途中にて。本日ずっと曇りで撮影も気が乗らなかったので写真少な目です。

01

盛港にはいい塩梅で到着し忠海へ。盛港からでも結構な客が。大久野島で結構な人が降りていきました。そして忠海に着くとこちらも結構な待ち人。うさぎの島は繁盛が続いているようです。それを横目に竹原まで走ります。

01

ももねこ様象。この町の全盛期は過ぎたようですがこうして装飾を続けられているのは愛があるからですな。

01

引き潮だったので河口に久しぶりに。だからどうしたという風景でした、あれ?

01

竹原から呉まで一気に駆け抜けます。呉の商店街を散策してとある喫茶店に入ります。注文するのは勿論カレー。満足して帰路へ。

01

近くの公園にて。この碇初めて知りました。

01

広島市街にて。時流に乗った看板だと思いました。この後は市街地にて買い物して帰宅しました。

今回は4時前に出発して日が暮れる前に帰宅。走行距離は235km。300km走るためには単純計算で後3時間走る必要がある等、今後の検討をやりました。
この項はこれでお終いです。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コミックマーケット92御礼

コミックマーケット92お疲れ様でした。
その中で私のサークルの所まで来て本を買ってくださった方々。本当にありがとうございました。

今回は本製作に難儀して新刊無しも覚悟したのですがどうにか作れました。
そして遅れた分宣伝も遅れて今回は半分は売れ残るだろうが仕方が無い、そう思って挑みました。
結果は新刊完売。既刊もC91の方が完売、C90の再販の方は残り僅かとなりました。
予想外の大勝利となりました。

今回は何時もの自転車島(611 鉄道・旅行・メカミリ)ではなく弱虫ペダル(832 弱虫ペダル)で参加しました。お隣さんは共に女性の方で緊張感のある場所でした。人の流れはそこそこあってたまに興味を持って寄って一読して買っていかれるというパターンが多数でした。宣伝の効果は今回は少なかったと思われるので頒布する場所が良かったのだろうという結論に至りました。そして14時を過ぎた辺りからまったりして人がまばらになったのを確認してサークルを畳みました。まとめると

・独立ジャンルは人多い
・女性向けの方は昼を過ぎると人が少なくなる

こんな感じでした。
頒布している中で何時もの自転車島の方の方々との交流が少なくなってしまったのが辛い案件でした。そんな中で某アプリにて交流している方と初対面なんて芸当もしました。これは嬉しいサプライズ。コミケでは遠方の友とこうして交流出来るのも醍醐味の一つだよね、と満足でした。

C93もC92と同じく(832 弱虫ペダル)で申し込みました。
受かると良いのですがこればかりはどうにもならないですね。

二日目は知り合いと打ち上げになったのですがビールが大変おいしゅうございました。
また美味しいビールが飲みたいものです。

01

この項はこれでお終いです。

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

C92参加のお知らせ

来るC92にサークル参加します。
二日目の土曜日、東地区 ヌ-09b。
今回の新刊は「弱虫ペダル」。
内容はIHから離れて各登場人物の舞台での活躍に焦点を当てて記述しました。
千葉総北高校、箱根学園、サイクルスポーツセンター(合宿)、そして鳴子の実家と舞台のモデルがあったと思われる場所についてああでもないこうでもないと考察を重ねてみました。その最中で実際の高校生の自転車乗りと出会い「こんな青春も有るのか」と思えた事は弱虫ペダルという作品をより楽しむスパイスになったような気がしました。

弱虫ペダルがお好きな方、舞台背景について気になる方、気軽にお越しくだされば幸いです。

01

01

01

01

テーマ : ポタリング
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

まつやま@旅人

Author:まつやま@旅人
広島在住の自転車乗りです。どうにかオタク続けてます。

カテゴリ
AIR (2)
痕 (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる